CATEGORY 伏見稲荷のグルメ

ごりら

ここは「伏見稲荷のグルメ」のカテゴリーです。

2014年から4年連続で「外国人が選ぶ日本の観光地」の第1位に輝いている伏見稲荷大社には海外からの観光客もすごく増えています。

なので、特に飲食店が活気づいているんですね!

今の伏見稲荷には、1540年に創業したと伝えられるお店もあれば、新しくできたおしゃれなカフェもあるんです。

このブログでは実際にわたしが行ったことのあるお店を紹介しています。

「伏見稲荷」の名物ってなに!?

その土地の名物を食べるのは旅行や観光の楽しみのひとつですよね。

「伏見稲荷の名物ってなに? 」と聞かれて多くの人の頭に浮かぶのはコレじゃないでしょうか!?

ええ「いなり寿司」ですね!

一説によるといなり寿司の形は稲荷神社のシンボルとも言えるきつねの耳を模しているそうです。

伏見稲荷の飲食店にはいなり寿司をメニューに入れているところがたくさんあるんですね。中には「いなり寿司専門店」もあるほどです。

伏見稲荷の名物をもうひとつ紹介しましょう!

伏見稲荷以外でもなじみのあるいなり寿司と違って、こっちはあまり見かけることがないのでは…??

その名物とは「すずめの焼き鳥」です!

「五穀豊穣」のご利益があると言われる伏見稲荷大社にとって、お米を食べてしまうすずめは懲らしめるべき対象なんですね…

わたしはそもそも鶏肉が苦手なのですずめの焼き鳥は食べたことがありませんが、伏見稲荷へ来られた時にはぜひチャレンジしてみてください。

「伏見稲荷」で見つけた! おしゃれなカフェ・レストラン

老舗のお店もあれば新しくできたおしゃれなカフェやレストランがあるのも今の伏見稲荷の魅力です。

2018年1月には伏見稲荷大社の境内に「稲荷茶寮」がオープンしました。

「稲荷茶寮」の人気メニューのひとつが「濃抹茶パフェ」なんですが、見た目がすごくおもしろいんですね。思わずインスタやSNSに投稿したくなります!

ごりらさん(@goriluckey)がシェアした投稿

伏見稲荷大社の参道を少しはずれた場所にもおしゃれなお店があるんですよ。

わたしのおすすめは「懐石カフェ 蛙吉(あきち)」と「Cafe ゆるり」です。ぜひチェックしてみてくださいね!

「伏見稲荷大社」の基本情報

伏見稲荷大社は京都・伏見にある神社で、全国に約30,000社あると言われている稲荷神社の総本社です。

「伏見稲荷大社」の住所
〒612-0882 京都市伏見区深草藪之内町68
「伏見稲荷大社」の地図

まずはじめに読んでほしい「伏見稲荷」の記事

伏見稲荷大社〜稲荷山に関するまとめ記事をピックアップしました。こちらもぜひご覧くださいね。

「伏見稲荷のグルメ」カテゴリーの記事一覧