[京都の桜]名水の町・伏見は桜の季節も美しい! 地元のお花見ポイント紹介します!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

京都には桜の名所と呼ばれる場所がたくさんあります。神社やお寺、お城って桜とすごく合いますよね!

今回は「京都・伏見の桜」を紹介します。

わざわざ気合いを入れて出かけると言うよりも、もしもたまたま近くに立ち寄ることがあるなら、ぜひ足を運んでほしい、そんな地元ならではのスポットをまとめてみました。

伏見稲荷大社の桜

伏見稲荷大社は「外国人に人気の観光スポット」として3年連続第1位に選ばれるほど京都の観光地として有名です。

外国人にも人気の観光スポット・伏見稲荷大社

伏見稲荷は桜の名所ってほどではないんですが、朱色の建物や鳥居と桜の相性が良いんですね。

伏見稲荷大社の楼門と桜

きつね像と桜を1枚の写真におさめることができるスポットもありますよ〜。

きつね像と桜

伏見稲荷大社の情報

住所

〒612-0882 京都市伏見区深草藪之内町68

最寄り駅
・ JR奈良線「稲荷」駅 徒歩0分
・ 京阪「伏見稲荷」駅 徒歩5分
駐車場
あり

宝塔寺の桜

宝塔寺は伏見稲荷大社の少し南にある日蓮宗の寺院です。

こちらの「仁王門」は1711年に再建された歴史のある建築物です。この仁王門の手前に桜の木があるんです。

宝塔寺の仁王門と桜

宝塔寺の境内は子どもの頃によく遊んだ場所なんですが、当時はこんなに桜がきれいな場所だったなんて気がつきませんでしたね。

宝塔寺の本殿と桜

正直、参拝客は多くないので、ゆっくり桜を楽しむことができますよ〜。

宝塔寺の情報

住所

〒612-0885 京都市伏見区深草宝塔寺山町32

最寄り駅
・ 京阪「深草」駅 徒歩10分
駐車場
なし

藤森神社の桜

「勝ち運と馬の神社」と言われる藤森神社は「勝負」にかけた「菖蒲」や「あじさい祭り」が有名です。

藤森神社の南門

ですが、桜も美しいんですよ!

藤森神社は桜も美しい!

本殿の裏側にも桜の木があります。

本殿の裏側にも桜の木がある

そして、ここ! 伏見の名水のひとつ「不二の水」が湧き出ているんですね。その近くにも美しい桜が咲いています。

「不二の水」と桜

藤森神社の情報

住所

〒612-0863 京都市伏見区深草鳥居崎町609

最寄り駅
・ 京阪「藤森」駅・「墨染」駅 徒歩8分
・ JR奈良線「JR藤森」駅 徒歩5分
駐車場
あり

墨染寺の桜

藤森神社からさらに南に行くと墨染寺というお寺があります。

墨染寺は知る人ぞ知る桜の名所という感じのスポットです。地元の人でも知らない人は多いんじゃないかってレベルですから!

京阪「墨染」駅から西に向かって1分ほど歩くと到着します。この「墨染」という地名の由来になったお寺なんですね。

墨染寺

墨染寺にはこんな言い伝えがあるんです。

寛平(かんぴょう)3年(891)太政大臣藤原基経(もとつね)がこの地に葬られたのを哀悼して、上野岑朝臣(かんつけのみねおあそん)が桜に向かって歌を詠むと、花が薄墨色に染まってしまったといわれています。

この桜が「墨染桜」と呼ばれ、現在でも親しまれているんです。

墨染寺の桜

実は、墨染寺の桜が美しいのは実物の桜だけじゃないんです。

えっ? このごりらはなにを言うてるのかって!?

こういうことなんですよ!

格子窓に映り込んだ満開の桜

ほら、格子窓のところをよ〜く見てください!!

満開の桜が映り込んでいるんです! この桜を撮りに墨染寺を訪れる人も多いんだとか!

墨染寺の情報

住所

〒612-0051 京都市伏見区墨染町741

最寄り駅

京阪「墨染」駅 徒歩1分

駐車場
あり

長建寺の桜

長建寺は地元では「島の弁天さん」として親しまれています。

創建は1699年で、伏見奉行・建部内匠頭政宇(たつべたくみのかみまさのき)が中書島を開拓するために弁財天を祀ったのが始まりなんですね。

長建寺

これは江戸時代につくられた門で、建築学上貴重な門なんですって。

桜といっしょに撮ってみましたが、なんとなく日本的な雰囲気ではないですね〜。

長建寺の桜

下構の部分に対して上構の楼閣部分がきわめて小さい。

瓦も一枚ずつ小さくなっている。軒下の棰(たるき)が中心から放射状に出る唐様になっているのが安定感の中に異国情緒を強めている。

長建寺の境内に湧く「閼伽水(あかすい)」が名水としても有名です。この水はお寺の創建当時から湧いていたそうですよ。桜の花びらが浮いているようすが風流です!

長建寺の「閼伽水」

長建寺の情報

住所

〒612-8211 京都府京都市伏見区東柳町511

最寄り駅
京阪「中書島」駅 徒歩4分
駐車場
あり

十石舟から眺める桜

伏見は京都と大坂を結ぶ水運の拠点として、豊臣秀吉によって整備された町でもあります。

十石舟の乗船場

日本有数の酒どころもしても知られ、ふだんは酒蔵が続く街並みや坂本龍馬で有名な寺田屋が人気のスポットなんですね。

伏見の酒蔵

近くを流れる濠川(ごうかわ)では十石舟や三十石舟という遊覧船が運航されているんですが、桜の季節にはこの十石舟からの眺めが最高なんですよ!

十石舟からのお花見

十石舟乗船場の情報

住所

〒612-8045 京都市伏見区南兵町247

最寄り駅
京阪「中書島」駅 徒歩5分
駐車場
なし

御香宮神社の桜

実は「御香宮」という名前の由来も名水に関係しているんです。

初めは「御諸神社」と称した。創建の由緒は不詳であるが、貞観4年(862年)に社殿を修造した記録がある。

伝承によるとこの年、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので、時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという。

この湧き出た水は「御香水」として名水百選に選定されている。

出典: 『ウィキペディア

「御香水」は今も御香宮の境内に湧いていて、地元ではこの水を汲みに参拝する人もいるぐらい美味しい水として知られているんですよ。

御香水

御香水が湧き出ている場所から拝殿の先に桜を見ることができます。

御香宮の桜

参道には椿もきれいに咲いていました。桜と椿の競演も良いものですね〜。

御香宮の桜と椿

御香宮の情報

住所

〒612-8039 京都市伏見区御香宮門前町174

最寄り駅

・ 近鉄京都線「桃山御陵前」駅 徒歩3分
・ 京阪「伏見桃山」駅 徒歩4分
・ JR奈良線「桃山」駅 徒歩5分

駐車場
あり

伏見桃山城の桜

伏見エリアでたくさんの桜を見られるのが伏見桃山城です。桜とお城って絵になりますよね〜。

伏見桃山城の桜

敷地内にはいろいろな種類の桜が咲き誇っています。芝生のエリアもけっこう多く、お花見には最高のスポットなんです。

お花見に最高のスポット

伏見桃山城の情報

住所

〒612-8051 京都市伏見区桃山町大蔵45

最寄り駅

・ 近鉄京都線「近鉄丹波橋」駅 徒歩20分
・ 京阪「丹波橋」駅 徒歩21分

駐車場
あり

乃木神社の桜

伏見桃山陵のふもとにある乃木神社もやはり名水スポットとして知られ、境内には立派な桜が咲いています。

最寄り駅の京阪「桃山南口」駅、JR・奈良線「桃山」駅からは徒歩10分ですが、けっこうハードな坂道を上がらないといけないんですよね。なので、正直、参拝客は多くありません。

乃木神社

乃木神社はその名の通り、乃木希典(乃木将軍)、乃木静子が祀られている神社です。境内には乃木将軍胸像が飾られており、その近くでは桜が咲き誇っています。

乃木将軍像と桜

乃木神社の境内に湧く水は「勝水」と呼ばれています。「勝水」は勝ち運縁起の水として知られていて、この水を求めて遠方から参拝される人もいるそうですね。

ちなみに、この「勝水」の隣には「全てに勝ちま栗」と彫刻された祠もあるんです!

乃木神社の「勝水」

勝ち水

病気回復、心身の安らぎを求めて、御神水を受けたいと訪れる人も多く、掘削を試みたところ地下80数メートルのところで取水に成功し、平成18年(2006)水無月に60数年ぶりの「勝水」復活となりました。

出典: 『京都 乃木神社

乃木神社の情報

住所

〒612-8028 京都市伏見区桃山町板倉周防

最寄り駅

・ 京阪「桃山南口」駅 徒歩10分
・ JR奈良線「桃山」駅 徒歩10分

駐車場
あり

琵琶湖疏水

これは伏見エリアだけではありませんが、琵琶湖疎水沿いには桜の木がたくさん植えられているんですよね〜。

これは京阪「藤森」駅の近くの桜並木なんですが、なかなかの迫力でしょ!?

琵琶湖疎水の桜

こんなふうに、まるで「桜のアーチ」のようになっています。ふだんはふつうの生活道路なんですが、桜の季節にはこの下にシートを敷いてお花見をしている人もいますよ〜。ベンチが設置されているところもありますしね。

桜のアーチ

近鉄電車と桜

伏見郵便局のちょうど向かいにある橋の上からも満開の桜を見ることができます。場所はこのあたりです。

満開の桜の向こう側には近鉄電車が走っているので、いわゆる「撮り鉄(とりてつ)」の人に人気のスポットです。あまりにも桜がきれいなので、この季節には撮り鉄だけでなく、たくさんの人がカメラを向けています。

近鉄電車と桜

京阪電車と桜

桜と電車と言えば、京阪電車と桜を撮影できるスポットもあります。これは先ほど紹介した「十石舟」の近くなんですが、ほら、よ〜く見てください!

満開の桜と桜の間に京阪電車の特急が見えるでしょ!?

京阪電車と桜

ごりら

電車小っさ!!

この記事のまとめ

今回は「京都・伏見の桜」を紹介しました。

いわゆる名所と呼ばれる場所へお花見に出かけるのももちろん良いんですが、地元にも美しい桜のスポットがたくさんありますね〜。

東京散歩ぽ』の中川さんが全国のブロガーでつなぐ「桜リレー2017」をまとめておられます。

いろんな地域の桜を楽しめますよ〜。

あなたの役に立つ!? 関連記事

京都市内よりも少し遅れて満開になるのが“>滋賀県・海津大崎の桜並木です。琵琶湖を背景に桜が映えてきれいなんですよ〜!

この記事のシェアはこちらから!