もしもブログの世界に流派があるなら『ごりらのせなか』はヨッセンス流!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

な、なんと!

このわたくしのインタビューが100万PV超えの超人気ブログ『ヨッセンス』に掲載されたんですよ!!

『ヨッセンス』にインタビューが掲載された!

ごりら

めちゃくちゃうれしー!!

テンションが上がりまくった勢いでこの記事を書きました!

この記事のテーマは「ブログの流派について」です!!

「ん? ブログの流派? なんやそれ?? 」と思われるかも知れませんが、やっぱりあると思うんですよね、ブログにも流派が!!

月間100万PV超えの超人気ブログ『ヨッセンス』で紹介されました!

わたしのインタビューが紹介された『ヨッセンス』はプロブロガー・ヨスさんが運営しているブログで、なんと1ヶ月に100万回以上も読まれる超人気ブログなんですね。

わたしのブログ『ごりらのせなか』は1番読まれた月が24万PVなので『ヨッセンス』はその4倍以上………

ごりら

『ヨッセンス』のせなかは遠いな…

その『ヨッセンス』でブログの初心者向けに新しくはじめられた「ブロガーの先輩にインタビュー」という企画でインタビューされたんですよ! このわたくしが!

ごりら

先輩ブロガー」か…悪くないな。へへっ。

こんな感じでブログに関するいろんなインタビューをしてもらいました。

「先輩ブロガー」としてインタビューされた!

わたしが先輩ヅラで語っているインタビューもぜひご覧くださいね。

『ヨッセンス』に掲載されたインタビュー

[ブロガーにインタビュー]「ごりらのせなか」の ごりらさん

もしもブログの世界に「流派」があるなら

インタビューでもふれていますが、わたしがこれまでブログを続けてこれたのはヨスさん主宰のブログのオンラインサロン「ヨッセンスクール」のおかげです。

ブログのオンラインサロン「ヨッセンスクール」

わたしは「ヨッセンスクール」で読者にわかりやすい文章の書き方や、ブログのデザインやSEO対策(ブログの記事が検索に強くなる方法)など、ブログにまつわるいろんなことをヨスさんに教えてもらっているんですね。

もちろんわたし以外にもたくさんの人がヨスさんの元に集まって来て、ブロガーとして成長するために切磋琢磨しています。

ごりら

そう…まるで悟空やクリリンが亀仙人の元で修行して強くなったように!!

もしもブログの世界にも流派があるとすれば、ヨッセンスクールでブログを学んでいるわたしはヨッセンス流になるわけですよね。

ですが、ブログには個性・オリジナリティが大切だと言われるので、ブログの場合、流派と言うと「マネしてる」とか「パクってる」みたいな印象にもなりかねません。

それでもわたしは堂々と言いたい、

ごりら

『ごりらのせなか』はヨッセンス流である!!

と。

『ごりらのせなか』がヨッセンス流と堂々と言えるワケ

せっかく個人で雑記ブログをしているんだから、もちろんわたしも個性を大切にしたいと思っていますよ。

そんなふうに考えているわたしが「マネ」「パクリ」と言われるかも知れないということを恐れずに、堂々とヨッセンス流と言えるのにはワケがあるんです。

(ヨスさんには怒られるかも知れませんが…)

ごりら

もともとヨスさんとは発想が似てるんですよ!

そうなんですよ、わたしとヨスさんは似ているんです。特にアホなことを考える時の着眼点が。

やっぱり年齢が近いので、子どもの頃に見ていたアニメも『キン肉マン』に『ドラゴンボール』、ファミコンにハマってひたすら『ドラクエ』をやり込んだのももちろん同じなんですよね!

実際に今回のインタビューの時にも同じようなイメージを頭に浮かべてやり取りする瞬間がありました。

同じようなイメージで話してた…

第3者がわたしのブログを見ればもしかすると「ヨッセンスのパクリ」みたいに思われることもあるかも知れませんが、わたしの中では「わたしとヨスさんはもともと似てる」と整理ができていることなので、万が一パクリと言われたとしても気にはならないんですよね。

クリエイティブな世界で人の影響を受けるのは悪いことじゃない!

そもそも、どんな世界でも人の影響を受けることってありますよね。例えば、身近なところだと、会社で仕事ができる人のまわりにいる人が影響を受けてみんな同じような話し方になって来るとか。

仲の良い友だち同士の場合も雰囲気がどんどん似ていくことってあるじゃないですか?

特にクリエイティブの世界だと影響を受けたり、技術を教えてもらったりすると作風もどこか似たものになるのは当然です。

漫画家とかはわかりやすいですよね!

漫画家のアシスタントの一例

この3人の漫画家はイラストのタッチもどことなーく似ていますが、それぞれが大成功していますし、この系譜を「パクり」と表現する人はまあいないでしょう。

ごりら

ブログの世界にもこういう流派・系譜があると思うんですよねー!

わたしは自分がブログを書くようになってからいろんな人のブログを読むようになりましたが、時々「おっ! この人は絶対イケダハヤトさんの影響を受けてるなー!! 」とか「きっとこの人は立花岳志さんの門下生に違いない!! 」というブログに出会うことがあります。

わたしもブログの記事を書きながら、自分自身で「おー!! なんかこの言いまわし、ヨスさんぽいなー! 」と思うこともあるんですよね。

これはブログの記事をパクるというクソのような話ではなくて、目標とするブロガーさんの影響を受けて書く技術を盗んで自分のものにするというのはなんら悪いことではないってことなんですよね。

ごりら

これからもヨッセンス流に磨きをかけますよー!

この記事のまとめ

この記事では「ブログの流派」について考えてみました。

ええ、正直なところ、『ヨッセンス』にインタビューが掲載されたことがうれし過ぎて、結局なにを言いたいのかわからなくなってしまいました…

まあ、アレですね、

ごりら

もしもあなたがブログを極めたいなら、ぜひヨッセンスクールでいっしょに修行しましょう!!

3つのポイント
  1. わたくし、ごりらのインタビューが『ヨッセンス』に載りました
  2. わたしとヨスさんはもともと似ている
  3. わたしのブログ『ごりらのせなか』はヨッセンス流

あなたの役に立つ!? 関連記事

ブログをはじめたばかりの頃ってどういうことを記事にすれば良いか悩むんですよね、すぐに行き詰まりますよね…

でもそんな時はあまり深く考えずに自分の感覚を信じてまずは書きたいことを書けば良いと思いますよー!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!