京都・岡崎にあるカフェ「ラ・ヴァチュール」はタルトタタン(リンゴを使った洋菓子)で知られる名店

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

平安神宮のある岡崎エリアは美術館も多く、京都の中でもアートな空間として知られていて、おしゃれなカフェもたくさんあるんですよね。

この記事ではタルトタタンが有名な京都・岡崎エリアにあるカフェ「ラ・ヴァチュール」をご紹介します。

「ラ・ヴァチュール」の外観
「ラ・ヴァチュール」の外観
ごりら

え!? なんでワイがそんなおしゃれなカフェに行ったのかって?

実は会社の同僚がたまたまラ・ヴァチュールの近くで開催されたフィジーク(ボディビルのようなもの)の大会に参加したんですよね。

会社の同僚

おい、ごりらさん。(減量のごほうびに)美味しいタルトタタンが食べたいから行ってみようぜ!

ごりら

タル…タルト…なに? え? ………タルトタタン?? なにそれ??

京都・岡崎にあるカフェ「ラ・ヴァチュール」

ラ・ヴァチュールの創業は1971年。看板メニューのタルトタタンは創業者がフランスで食べた味を独自のレシピで再現し、創業以来変わらない味で提供されているそうです。

お店の入り口近くのテーブルには創業者の写真が飾られていますよ。

店内に飾られている創業者の写真
店内に飾られている創業者の写真

「ラ・ヴァチュール」の住所・地図・アクセス(行き方)

ラ・ヴァチュールは平安神宮の西側にあります。ちょうど京都市武道センター、旧武徳殿の入り口の向かいにあるお店ですね。

ごりら

おお! 旧武徳殿は新空手道京都大会の会場やから、お店の前は何回も通ったことあったわ!

最寄駅の京阪・神宮丸太町駅からは徒歩10分ちょっとです。

「ラ・ヴァチュール」の住所
〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町47-5
「ラ・ヴァチュール」の地図

「ラ・ヴァチュール」の店舗情報

ラ・ヴァチュールの店舗情報です。

住所

〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町47-5

電話番号

075-751-0591

営業時間

11:00〜18:00(ラストオーダー17:30)

定休日

月曜日

ちなみにお店の名前の「LA VOITUREラ・ヴァチュール」はフランス語で「クルマ」という意味なんですね。

フランス語で「LA VOITURE」と書かれている
フランス語で「LA VOITURE」と書かれている

「ラ・ヴァチュール」の店内の雰囲気は?

ラ・ヴァチュールの外観は真っ白な壁に群青色の扉、エンジ色のオーニングテントが落ち着きのある雰囲気を演出しています。お店の外にはいろんなデザインの鉢に植えられた植物が並んでいました。

「ラ・ヴァチュール」の入り口
「ラ・ヴァチュール」の入り口

これらの植物は入り口の近くの席に座るとお店の中からもながめることができますよ。大きな窓から自然光が入り、店内は心地良い明るさです。

入り口付近の席
入り口付近の席

ラ・ヴァチュールの店内は縦長になっていて、この日は一番奥の席に案内されました。

お店の奥
お店の奥

お店の一番奥にはこんなスピーカーも置かれています。

お店の奥にあるスピーカー
お店の奥にあるスピーカー

スピーカーだけではなく、店内のテーブルやいす、家具は長い間大切に使われている感じがしますね。

店内にはこんな空間もありましたよ。

こんなすてきな空間も
こんなすてきな空間も

ラ・ヴァチュールのメニューはとてもシンプルで、ケーキの種類は3つ。

お店の看板メニューとなっているタルトタタン、クルミのタルト、オペラをいただくことができますよ。

「ラ・ヴァチュール」のメニュー
「ラ・ヴァチュール」のメニュー

それぞれのケーキの説明はお店のメニューから抜粋してご紹介しますね。

タルトタタン

りんごをカラメル状になるまで長時間煮詰め、タルト生地を被せオーブンで焼いたタルトです

クルミのタルト

クッキー生地の中にたっぷりのクルミとハチミツ風味のビターなキャラメルが入っています

オペラ

コーヒーシロップに浸した生地とチョコレートモカバタークリームが7層になっています

ごりら

お店のメニューにはタルトタタン誕生のエピソードも書かれていますよ。

テーブルに置かれているメニューはケーキが立体的になるようにつくられているんですよ。オーナーの細やかなこだわりを感じますね!

タルトが立体的に!
タルトが立体的に!

「ラ・ヴァチュール」のタルトタタン

注文したのはもちろん、タルトタタン。

タルトタタン
タルトタタン
ごりら

お皿のデザインもインパクトがある!

横から見ると、りんごがふんだんに使われているのがわかりますね!

りんごがふんだんに使われている
りんごがふんだんに使われている

もともとりんごを焦がしてしまったことから偶然生まれたタルトタタン。

ラ・ヴァチュールのタルトタタンはりんごがたっぷりと使われていて濃厚なあまみがあり、その中からほんのりとした苦みが伝わってきます。

甘みの中にほんのりとした苦みがある
甘みの中にほんのりとした苦みがある
会社の同僚

うんま!

ごりら

濃厚やなー!!

大人には美味しい苦みだと思いますが、子どもはちょっと苦手かも。

タルトタタンにはヨーグルトソースが添えられているので、お好みでかけていただくことができますよ。

ヨーグルトソースが添えられている
ヨーグルトソースが添えられている

酸味のあるヨーグルトソースが濃厚なタルトタタンの味を少しやわらげて、ちょうど良い感じになりました。

味の変化を楽しめる
味の変化を楽しめる

トランプ風のおしゃれなコースターにもお店のこだわりを感じますね。

トランプ風のコースター
トランプ風のコースター

京都・岡崎のカフェ「ラ・ヴァチュール」のまとめ

この記事ではタルトタタンが有名な京都・岡崎エリアにあるカフェ「ラ・ヴァチュール」をご紹介しました。

岡崎エリアは平安神宮や美術館、京都市動物園もあり、気候の良い季節にはぷらっと散策するのにも適しています。

散策の途中にラ・ヴァチュールでタルトタタンをいただく。ぜひ、ぜいたくな時間を過ごしてくださいね。

ごりら

ワイは新空手道大会の応援に来た時にまた食べたい!

この記事のポイント

  1. ラ・ヴァチュールは平安神宮の西側にあるカフェ
  2. 創業者から受け継がれているタルトタタンが有名
  3. 店内は入り口近くの大きな窓から自然光が取り込まれて明るく、大切に使われている家具が並ぶ

京都・岡崎のカフェ「ラ・ヴァチュール」の店舗情報

住所

〒606-8323 京都市左京区聖護院円頓美町47-5

電話番号

075-751-0591

営業時間

11:00〜18:00(ラストオーダー17:30)

定休日

月曜日

クーポン・お得情報

ラ・ヴァチュールからは少し離れますが、南禅寺にあるブルーボトルコーヒー 京都カフェもおすすめ。

築100年以上の京町家をリノベーションしたお店で、どこを撮ってもおしゃれなのでSNS映え間違いなし! です。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"