「ポケモンGO 大人」で検索すると関連キーワードが「気持ち悪い」「恥ずかしい」で泣いた…!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

大人が『ポケモンGO』を夢中でプレイしてるってどうなんでしょうか…?

もちろん、わたしも少しは自覚があったんですよ。なので「どんな意見があるのかなー」という、かるーい気持ちで「ポケモンGO 大人」ってGoogleで検索してみたんです…

そしたら関連キーワードで表示されたのが

  • ポケモンGO 大人 気持ち悪い
  • ポケモンGO 大人 恥ずかしい

だったんですよ…!!

今回は「いまだに『ポケモンGO』に夢中になってる大人は本当に気持ち悪いのか」について泣きながら考えてみます。

ごりら

いくらなんでも「気持ち悪い」はあんまりやー!!

iPhoneの中で休眠していた『ポケモンGO』を1年ぶりに再開!?

「ポケモンGO 大人 気持ち悪い」という検索ワードにショックを受けるぐらい、ほぼ毎日『ポケモンGO』を楽しんでいるわたしですが、実はわたしの場合『ポケモンGO』がリリースされてからずーっと継続してプレイしているわけではないんですね。

ごりら

1年ぐらい放置してましたーっ!!

わたしの第一次ポケモンGOブーム

『ポケモンGO』が日本でプレイできるようになったのは2016年7月22日。

日本中が『ポケモンGO』に夢中になり、「カビゴン」や「ラプラス」が出現した場所には一瞬のうちに人だかりができていましたよね。クルマで駆けつけている人を見たこともありました。

ぶっちゃけ当時起こっていた現象を思い出すとじゅうぶん気持ち悪いんですが、リリース直後はまだ「外を歩くとキッカケになって健康的!! 」だとか「地域の活性化につながる!! 」だとか前向きにとらえられていることもありました。

もちろん、わたしもこの一大ムーブメントに乗っかって『ポケモンGO』をインストールしたiPhoneを持って街中をウロウロ〜、ウロウロ〜としたものです。

(京都の円山公園が「カブトの巣」と知った時にはわざわざ仕事帰りに立ち寄った…なんて口が裂けても言えませんが。)

ですが、もともとポケモン世代ではないわたしの興味はそれほど長続きしませんでした。「ポケモン図鑑」にある程度のポケモンがそろうと一気に飽きてしまったんですね。『ポケモンGO』をプレイするまではピカチュウぐらいしか知らなかったぐらいですから…

こうしてわたしの第一次ポケモンGOブームは幕を閉じました。夏の終わりとともに。

わたしと同じように「みんなやってるからー」というノリではじめた人の多くが1、2ヶ月で『ポケモンGO』にログインすることが無くなったのではないでしょうか?

1年ぶりの『ポケモンGO』は新鮮だった!

完全にその存在を忘れていたわたしが再び『ポケモンGO』の世界に戻って来たのはちょうど1年ほど経った2017年の夏。

1年ぶりの『ポケモンGO』はめちゃくちゃ新鮮だったんですよー!!

1年前にはいなかったポケモンがわんさか登場していたので、つかまえるポケモンが次々に「ポケモン図鑑」に登録されたんですね。

新しいポケモンをつかまえると「ポケモン図鑑」に登録されるあの感動を、わたしは再び味わってしまったんです。

ごりら

新しいポケモン、GETだぜー!!

それに新しいポケモンやアイテムが登場しているだけでなく、珍しいポケモンをGETすることができる「レイドバトル」という仕組みも導入されていました。

わたしが放置している間も『ポケモンGO』は進化し続けていたんですね。

ですが、その一方で1年という歳月は街中でおっさんが『ポケモンGO』をプレイしているのがわかると

ふつうの大人

えっ…この人まだポケモンやってんの??

と思われてしまう空気感を醸成していました。

本当に大人は『ポケモンGO』に夢中になっているのか!?

まずはじめにこれだけはハッキリさせておきたいことがあります。

いい歳した大人が本当に『ポケモンGO』に夢中になっているのか…

ごりら

べ、べつに夢中になんてなってないしー!! ホンマやし!!

大人は夢中にならない『ポケモンGO』のイベント

いや、ちょっとふとした時に『ポケモンGO』を立ち上げてしまうじゃないですか?

起動している途中になんかいちいち「お知らせ」されるんですよ…

起動するとイベントのニュースが告知される!

ごりら

えっ!? とんがり帽子をかぶったピカチュウ!?

そしたら本当にとんがり帽子をかぶったピカチュウがいっぱいいるし、つかまえようとしたらすぐに逃げられるし…

これは夢中になっているんじゃなくて、ヒマつぶしと言うか、クセみたいなものだと思うんですよね。

とんがり帽子のピカチュウをGET!!

ごりら

ぜーんぜん夢中になってないし!!

大人は夢中にならない『ポケモンGO』のレイドバトル

それにわたしの場合、いまだにポケモンの名前はほとんど知りませんし、もちろん「伝説ポケモン」と呼ばれるポケモンのこともよくわかりません。

伝説ポケモンが登場!?

ごりら

なんか「レックウザ」っていうポケモンがGETできるらしいわ。

むすめ

すごいやん!! 伝説ポケモンやで!!

ごりら

へ〜。そうなんや。

伝説ポケモンをGETするための「レイドバトル」というのは、たまたま起動した時にポケモンが出現するのではなく、ランダムに選ばれたジムに一定の時間だけ登場するんです。

なので、それこそヒマつぶしで『ポケモンGO』をプレイしているような人には関係の無い話ですね。

レイドバトルに参戦!!

ごりら

くっそー!! 逃げられたーっ!!

大人は夢中にならない『ポケモンGO』のコンプリート

たしかに新しいポケモンをGETすると「ポケモン図鑑」に登録されるのはちょっとうれしいですよね。コンプリートしたいという気持ちがくすぐられるのはよくわかります。

ですが、起動した時にたまたま見つけたポケモンをつかまえるのはともかく、ポケモンのアメを集めて進化させるのは大変なんですよね。

中には進化させるためにアメを400個も集めないといけないポケモンもいるぐらいです。

ごりら

…400個って! www

さすがにポケモンを進化させるために400個もアメを集めるのは、ね…。

きっとそういう大人が

  • ポケモンGO 大人 気持ち悪い
  • ポケモンGO 大人 恥ずかしい

って検索されるんですね。

そうそう、わたしの場合はたまたま、本当に偶然400個のアメを集めることができたんですよ。

ごりら

はぁ〜!? 本気で集めてないし!! たまたまやし!!

この記事のまとめ

今回は「いまだに『ポケモンGO』に夢中になってる大人は本当に気持ち悪いのか」について泣きながら考えてみました。

そもそも大人が『ポケモンGO』に夢中になることなんて無いんですよね。喫茶店の隣にすわっているおっさんのiPhoneに『ポケモンGO』の画面が見えたとしても、単なる息抜きでプレイしているだけで夢中にはなっていません。

なので決して「恥ずかしい」ことではないですし、まして「気持ち悪い」なんてもってのほか!!

さ、今日もちょっと息抜きていどにポケモンGETしよ…

ごりら

あ、なんかこのポケモン親しみがわく!!

親しみのある顔…

あなたの役に立つ!? 関連記事

そう言えば『ポケモンGO』がリリースされた当時、娘といっしょに近所の神社にポケモンをつかまえに行ったりもしました。

その時は娘も夢中になっていたんですが、子どもにとっては『ポケモンGO』よりもニンテンドー3DSのポケモンの方がおもしろいみたいですね。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!