通勤電車で「おなかに赤ちゃんいますマーク」の妊婦さんにかっこよく席を譲ったはずが断わられたこと2回目…

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

この話をはじめる前に、先に言っておきますね。

ごりら

妊婦さんに席を譲る「自分」がだーい好き!

今回は「電車の中で『おなかに赤ちゃんいますマーク』の妊婦さんに席を譲る行為はどう考えてもかっこいい!」という話。

ええ、これは1点の曇りなく純粋なる偽善! 自分が気持ち良い1日を過ごすためだけにわたしは席を譲るんですが…

「おなかに赤ちゃんいますマーク」はわかりやすい!

電車の中で席を譲るという行為はなにかと話題になりますよね。よくあるのがお年寄りに席を譲ったつもりが「まだ年老いてないっ!! 」って怒られたというもの。

おじいちゃん、おばあちゃんに思われるのってそんなにイヤですかねー? もしもわたしがこの歳(40歳ぐらい)で席を譲られたらたしかに「えっ…? 」とはなるかも知れませんけど、怒ることはないですけどね。

で、お年寄りに席を譲る以上に困るのが、妊婦さんに席を譲る場合なんですよね。これは間違えるわけにはいきませんからね…

ごりら

………。

妊婦さんのように見えるけど…

万が一、ただ単にお腹が出てるだけの人に席を譲ってしまったら、めちゃくちゃ失礼ですし、傷つけてしまいますもんね。席を譲る方にも相当プレッシャーがかかります…

その点「おなかに赤ちゃんいますマーク」をカバンとかに付けている妊婦さんはわかりやすいですよね。

ごりら

えっ!? 「おなかに赤ちゃんいますマーク」見たことない?

正しくは「マタニティマーク」って名前がある!

「おなかに赤ちゃんいますマーク」って正しくは「マタニティマーク」っていう名前があるんですね。

特に妊産婦自らが身に付け、妊産婦であることを示すためのマークを指す。外見からは判別しにくい妊娠初期の妊産婦に対する理解を得ることを主眼としている。

出典: 『ウィキペディア

まさに妊娠初期のころってなにも知らない人が見ても妊婦さんって気がつきにくいので、「マタニティマーク」を付けてくれているとわかりやすくて良いです。安心して席を譲れますからね!

妊婦さん、来たー!! 今日の偽善いただきます!!

わたしは仕事へ行く電車では絶対に座りたいので、少し早めの電車に乗るようにしているんですね。早起きするよりも、電車の中で立ったままの方が苦痛なんです…

なので、わたしは毎日必ず座っているんです。

そんなある日の通勤電車で、いつものように座っているわたしのななめ前にお腹が大きい女性が乗って来たんですね。けっこうお腹が張っている感じだったので、明らかに妊娠さんだとわかりました。

ですが、万が一ってこともありますからね。わたしはその女性のカバンをチェックしました。ちょっと見にくい位置でしたが、「マタニティマーク」が付いているのを確認できました。

念のため、その女性の目の前に座っている人(つまりわたしの真横に座っている人)のようすを見ましたが、妊婦さんには気付いていないようでした。

ごりら

よっしゃー!! 妊婦さんに席を譲るチャンス来たー!!

もう1回言っておきます。たしかに妊婦さんが座れた方が楽やろうからなーという気持ちもあるんですが、それをはるかに上回るのが

妊婦さんに席を譲ってるワイ、かっこいい!! やさしい!!

みんな見てー!! 今、妊婦さんに席譲ってるよー!!

という自己満足の気持ちなんですよね。クズと言われようが自分にはウソつけない!!

で、わたしは颯爽と立ち上がり、妊婦さんに言いました。

ごりら

ど、どうぞ!

妊婦さん

良いです〜

ごりら

えっ…あっ、良いですか…?

なんと、妊婦さんに断られてしまったんですよ…。とりあえず、わたしは目の前に立っているおっさんに席を奪われる前にもう一度自分で座り直しました。

ごりら

(コラおっさん、ワイの席に座ろうとするな!! )

いやー、実はわたしが妊婦さんに席を譲ったのに断られたのって今回が2回目だったんですよ…

もしかしたら、わたしの偽善の気持ちがあふれ出すぎて妊婦さんにバレているんでしょうか…!?

現役の妊婦さんに聞いてみた

さすがに2回も断られてしまうと、「なんでや!? なんでなんや?? 」と悩んでしまいます。

わたしが断られた妊婦さんとちょうど同じぐらいの妊婦さんが会社にいるので、聞いてみたんです。

ごりら

また断られたんやけど、なんでやろ…?

会社の同僚

えー!! “また”ですかー!?

実は前に断られた時にも彼女にはその話をしていたんです…

会社の同僚

わたしなら喜んで座りますけどねー!

ごりら

ねー。偽善感がにじみ出てるんかな…

現役の妊婦さんが(わたしに気を遣いながら)言うには、考えられることは2つある、と。

ひとつは、座ることでお腹が圧迫されてかえってしんどい(って人もいるらしいですよー? )って可能性。

もうひとつは、運動の意味で立っている(わたしなら座りますけどねー!? )って可能性。

ごりら

んーなるほど!! う、運動やったんやな!? きっと、な??

会社の同僚

………。(知らんがな…)

この記事のまとめ

今回は「電車の中で『赤ちゃんいますマーク』の妊婦さんに席を譲る行為はどう考えてもかっこいい!」という話でした。

朝から良いことをした気持ちになってステキな1日を過ごそうとしたわたしの思惑は打ち砕かれてしまいました。

まあ、ここまで断られるのはわたしになにか原因があると思うんです…

その原因はわかりませんけども、本来であれば「マタニティマーク」を見つけたら偽善のチャンスなんですよ!

ごりら

そのまま座ってるよりも気持ち良くなれるでー!!

あなたの役に立つ!? 関連記事

とある電鉄に「必ず座れる電車」というサービスがあるらしいですが、妊婦さんにこそこういったサービスがあると良いですよねー!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!