[京都]悲運の戦国武将・長宗我部盛親のお墓がある蓮光寺。「盛親公」の御朱印も!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

京都には観光スポットとして有名なお寺や神社がたくさんありますが、観光客には知られていなくても、長い歴史を持つお寺があるんですね。

今回は「京都・五条にある負別山 蓮光寺(ぶべつざん れんこうじ)」を紹介します。

ここ蓮光寺は戦国武将・長宗我部盛親のお墓があることで知られているんです。

「負別山 蓮光寺」の情報

蓮光寺は五条通の南、河原町通の1本西側にある富小路通沿いにある、浄土宗のお寺です。実は蓮光寺は法然上人が創立した知恩院を本山としているんですよ。

負別山 蓮光寺

「負別山 蓮光寺」の住所
〒600-8119 京都市下京区富小路通六条上る本塩竈町534
「負別山 蓮光寺」の地図

公式サイト
蓮光寺

蓮光寺の近くには女人厄除けとして知られている市比賣神社(いちひめじんじゃ)もありますね。

蓮光寺のアクセス

蓮光寺は京都市内の中心部にあるので、アクセスはとても良いです。

負別山 蓮光寺

最寄駅は地下鉄烏丸線「五条」駅、京阪「清水五条」駅ですが、京都駅や四条河原町からも徒歩20分弱で行ける距離にあります。

無料の駐車場(3台)もあるので、クルマで立ち寄ることもできますね。

  • 地下鉄烏丸線「五条」駅(南口5番出口)より徒歩6分
  • 京阪「清水五条」駅より徒歩8分

蓮光寺の境内

蓮光寺の境内は決して大きくはありません。山門をくぐるとすぐ目の前に本堂があります。この本堂には鎌倉時代の仏師・快慶作と言われる「本尊負別如来」が祀られています

蓮光寺の本堂

境内の通路には案内板が立てられています。蓮光寺は長宗我部盛親のお墓のほか、駒止地蔵尊でも知られているんですね。

境内にある案内

こちらに駒止地蔵尊が祀られています。

駒止地蔵尊

この写真だけだとなんのことかわからないですが、中をのぞくと巨大なお地蔵さんの顔があるので、ちょっとビックリすると思いますよー!

この駒止地蔵尊の言い伝えもなかなかすごいんです!

この駒止地蔵尊は弘法大師の御作で、もと六条河原の刑場に祀られていたが、鴨川の氾濫で埋もれていた。

保元三年(1158)平清盛の乗馬が立ち止まって動こうとしないので、あたりを掘ってみるとこの地蔵尊が出てきた。

(中略)

江戸時代より霊験あらたかな名地蔵として信奉されており、京都名地蔵巡り第二十三番札所にも数えられている。

悲運の戦国武将・長宗我部盛親と蓮光寺

さて、蓮光寺には長宗我部盛親のお墓があります。せっかくなので、長宗我部盛親と蓮光寺の関係についても紹介しておきますね!

長宗我部盛親の石碑

長宗我部盛親ってどんな人物?

まず、長宗我部盛親ってどんな人物なんでしょうか? 日本史の授業で「長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)」の名前が出てきたことは覚えている人もいるかも知れませんね。

ごりら

いや…めちゃくちゃ漢字が多い名前の大名がいたのは…なんとなく…

長宗我部盛親は長宗我部元親の子どもなんです。

長宗我部盛親の肖像画

長宗我部 盛親

長宗我部 盛親(ちょうそかべ もりちか)は、安土桃山時代から江戸時代前期の土佐の大名・武将。長宗我部氏第22代当主。長宗我部元親の4男。

父・元親の死後に長宗我部家の家督を継ぐ。関ヶ原の戦いで西軍に属すが、敗色濃厚と見て戦わず帰国し、徳川氏に謝意を表した。

しかし、兄・津野親忠を殺したことをとがめられ、領国を没収され浪人となった。

のち豊臣側から故郷の土佐一国の贈与を条件に旧臣と共に大阪城に入城、大坂の陣が勃発し、激戦奮闘を繰り広げるが敗北した。

出典: 『ウィキペディア

蓮光寺に眠る長宗我部盛親

土佐の大名である長宗我部盛親のお墓が京都の蓮光寺にあるのはなぜなんでしょうか。

長宗我部盛親のお墓

長宗我部盛親のお墓のそばに立てられている案内板にはこのように書かれていました。

盛親公は長曾我部家の再起を期して、京洛の地に大岩祐夢と号して寺子屋を営んでいた。この間に当山の住職、蓮光上人と信仰があった。

(中略)

大坂夏の陣に敗れ、六条河原で斬首されるや蓮光上人は所司代板倉勝重に請い、首級を当山の墓地に葬って供養した。

六条河原で見つかった駒止地蔵尊が祀られる蓮光寺に、六条河原で斬首された長宗我部盛親のお墓があるのは不思議な感じがしますね。

蓮光寺の御朱印

蓮光寺は御朱印の授与もされているんですが、「盛親公」と書かれている印象的な御朱印です。

蓮光寺の御朱印

御朱印のほか、長宗我部盛親の没後400年の2015年に制作されたPOST CARDの販売もされている。

長宗我部盛親愛用鉄銹地鎧

POST CARDは長宗我部盛親の肖像画と2つの愛用品の3種類があります。

長宗我部盛親公愛用金箔押色糸威草摺

料金はこちら。

  • 御朱印: 300円
  • POST CARD: 各100円

この記事のまとめ

今回は「京都・五条にある負別山 蓮光寺(ぶべつざん れんこうじ)」を紹介しました。

蓮光寺はアクセスが良いとは言え、京都観光で訪れる機会はなかなか無いかも知れません。

京都の街中には「えっ!? こんなところに? 」と驚くような場所に、歴史の跡が散在しているんですよね。京都観光の時にはそういうところにも目を向けてもらえるとうれしいです!

あなたの役に立つ!? 関連記事

蓮光寺の「盛親公」と書かれた御朱印も印象的ですが、伏見稲荷大社「御旅所」の御朱印は年に一度「稲荷祭」の時期だけ授与されるめずらしい御朱印なんですよ。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA