[サラリーマンの働き方改革]時代の流れに乗ってまさかの副業解禁! の巻

このカテゴリーの人気記事
ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

現在の日本ではほとんどの人がそうであるように、わたしもふだんは会社員として働いています。

ですが、安倍内閣が掲げる「働き方改革」により、このわたしにも絶好のチャンスがめぐってきた…ような気がするんです!!

わたし、身をもって「サラリーマンの働き方改革」をはじめることにします!!

ごりら

今回は「時代の流れに乗って副業解禁!」の巻!!

なんとわたしが働いている会社も時代の流れに乗って副業が解禁されたんですよ!!

好きなことだけして生きていく…だと?

わたしはこのブログをはじめてから、「プロブロガー」や「フリーランスのライター」として活動している人たちと知り合う機会が増えました。

「みんなキャッキャして楽しそうやなーっ! 」と言うとバカっぽいですが、わたしには自分の価値観・判断基準で仕事をしている人はみんなキャッキャしてるように見えるんです!

プロブロガー・ヨスさん

実際、TwitterなどのSNSでは、会社を辞めて生活しやすい地方へ移住する人、まるで旅行をしながら生活しているかのような人の投稿を目にすることもあります。

ごりら

これが「好きなことだけして生きていく」ってことかーっ!!

このような投稿を見て、わたしは確かに憧れ、うらやましく思うこともありました。

それでもわたしは「よしっ!! 会社辞めよ!! 」ってなったことは正直なところないんですよね。会社での仕事はまったく好きじゃないんですが、それでも会社員でいることのメリットもあるよな〜というのが本音。

フリーランスでバリバリ稼いでいる人からすると「そんな覚悟もできないようでは…」という声も聞こえてきそうですが、わたしは自分自身のことや自分の立場・状況を客観視できていると思っていたんですね。

ですが、2016年に安倍内閣が「働き方改革」を提唱したことで、わたしのようなサラリーマンにとっても会社に縛られない働き方が他人事ではなくなって来たんです。

キャッキャしてるフリーランスのみなさん

「働き方改革」が後押しする副業解禁!

2016年9月に安倍内閣によって働き方改革実現推進室が設置され、『働き方改革実行計画』が策定されました。

プレミアムフライデー」など賛否両論ありますが、働き方にフォーカスした政策は身近なテーマなのですごく関心があります。

副業解禁については『働き方改革実行計画』の中の「柔軟な働き方がしやすい環境整備」という項目でふれられているんですね。

簡単にまとめると

ごりら

副業したいって人は増えてるのに、認めてる会社は少ないよね。副業解禁しやすくするためにガイドラインをつくって後押しするよ〜!!

こんな感じでしょうか。

政府が推し進める副業解禁ですが、サイボウズはずいぶん前から副業を認めていたんですね。

さらにサイボウズは2017年1月に「複業採用」を開始したんです! めちゃくちゃ先進的ですねー!!

ソフト開発のサイボウズは17日、同社での仕事を副業とする人材を募集する新たな採用方法「複業採用」を始めたと発表した。

勤務日数などの条件は個別に面談して決める。同社は2012年から社員の副業を認めており、政府の働き方改革が進む中、多様な人材の獲得につなげる。

出典: 『日本経済新聞

そして、2017年秋には、DeNAやソフトバンクが相次いで副業解禁を発表しました。

ディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年10月2日、副業制度をはじめとする新たな人事制度の運用を始めたと発表した。

出典: 『ITpro

ソフトバンクは10月12日、働き方改革の一環として、社員の副業を解禁すると発表した。「本業に影響のない範囲かつ社員のスキルアップや成長につながる」副業について、会社の許可を前提に認めるという。

出典: 『ITmedia

ごりら

副業かー!! 良いなー!!

そんなふうに考えていたところへ、わたしが働いている会社もなんと副業解禁になったんですよ!!

副業解禁!? なにこのチャンス到来感!!

2017年時点では日本全国で見れば副業を認めている会社は2割ほどしかないのが実情です。

だからこそ、わたしが働いている会社が、副業解禁の波に乗っかって「副業オッケー! 」としてくれたのはラッキーだと思いました。

会社にどんな思惑があるのかは置いといて

ごりら

絶好のチャンス来たーっ!!

って感じです!

だって、会社員でありながらフリーランスとして堂々と活動する環境をGETすることができるんですからっ!

わたしが働いている会社で副業をする場合、会社への申請が必要でした。

申請と言ってもそんなに大げさな内容ではなく、数項目にちゃちゃっと答えればOKなレベル。わたしは副業解禁が社内で告知された瞬間に申請しました。

サラリーマンが副業するメリット

副業を解禁した企業のプレスリリースを見ていると、企業側の狙いは本業との相乗効果や従業員のモチベーションアップなんですね。

これ、どうなんでしょうね〜。

副業で得た経験や知識が結果的に本業でも役に立つということはあるかも知れませんが、副業をはじめる従業員の多くはそんなこと考えてないと思いますね。

ごりら

会社に貢献するために副業はじめるんじゃなくて、自分のためやからね〜!

会社で副業申請をしたわたしが感じているサラリーマンが副業をするメリットは大きく2つあります。

  1. 経済的な不安を抱えることなく「自分の好きなことで生きていく」をはじめられる
  2. 給料以外の収入源を得ることで会社への依存度が下がり精神的に解放される

もちろんサラリーマンの中にも「この仕事大好きっ! 」という人もたくさんいると思います。

ですが、仕事内容・環境・待遇すべてに満足して働いてる人はそんなに多くないですよね、きっと。

「好きなことだけして生きていく」に憧れるものの、その一歩を踏み出すことは考えもしなかった人にとって、副業解禁は新しい生き方を切り拓くチャンスだと思うんです!

この記事のまとめ

ごりら

今回は「時代の流れに乗って副業解禁!」の巻でした!

会社への副業申請も無事に許可され、大手を振ってフリーランスとしても活動できるようになりましたー!!

…とは言うものの、さてなにからはじめようか。こんなよゆうが持てるのも副業ならでは、ですよね!

あなたの役に立つ!? 関連記事

予想通り、「プレミアムフライデー」はなかなか浸透しないまま、話題にさえ上がらなくなってしまいましたが、「早く退社して自由な時間を!! 」って発想そのものは最高じゃないですか!?

副業が解禁されても自分の時間をつくれなければ副業にも取り組めませんしね〜。

この記事のシェアはこちらから!