「スイーツパラダイス」おっさんがひとりで入ってもOK? を確かめてきました!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

おっさんだってスイーツが大好きなんですよ。

今回は「SWEETS PARADISE/スイーツパラダイス(スイパラ)」を紹介します。

実は先日お昼ごはんの時間を逃してしまったことがあって、ちょうど3時のおやつの時間だったので思い切って「スイパラ」に行って来たんです。

おっさんがひとりで。

おっさんがひとりで挑んだ「SWEETS PARADISE/スイーツパラダイス」はこんなところ!

スイーツパラダイスは関東を中心に全国展開しているスイーツのバイキングのお店です。

スイパラの雰囲気

ケーキやゼリーなどのスイーツの他、パスタ、ピザ、カレー、サラダなどの軽食もあります。ドリンクバー付き。

おっさんは「大人」に分類されるので、料金は80分1,530円です。ハーゲンダッツとイルジェラート…まあ、アイスクリームも食べ放題にしたいのであれば80分1,730円になります。

スイーツが食べ放題!

わたしは

ごりら

そらアイスクリームも食べ放題が良いに決まってるやろ〜!

と意気込んで1,730円のコースにしました。

スイーツパラダイスの店内はどんな雰囲気?

「スイーツパラダイス 四条河原町店」は河原町の交差点の北東にある「koto+」(ことくろす)の6Fにあります。

「スイーツパラダイス 四条河原町店」がある「koto+」の外観

「スイーツパラダイス 四条河原町店」の住所
〒604-8026 京都市中京区河原町通四条上ル米屋町392番地 コトクロス阪急河原町6F
「スイーツパラダイス 四条河原町店」の地図

営業時間
10:30~21:30
定休日
無休
電話番号
075-212-2234

店内の雰囲気はこんな感じ。本来おっさんは完全にターゲット外な空間ですね。

スイパラ店内の雰囲気

3時のおやつの時間帯なのにそれほど混み合ってませんでした。最近の子は3時のおやつ食べないんですかね?

ごりら

この雰囲気の中、おっさんがひとり…か

…と思いきや、なんと店内にはほかにもおっさんひとりが2人いたので、トータルでおっさんひとりが3人でした!

こんな感じでケーキなどのスイーツが並んでます。食べたいスイーツをお皿に取って持って行く、食べる、取りに来るの繰り返し。

スイーツがズラリと並ぶ

ソフトクリームが自分で作れたりもします。わたしはまあまあソフトクリームをきれいに巻くことができるのでぜひお見せしたかったのですが、ワケあってまたの機会に。

ソフトクリームもつくれる!?

わたあめを作る機械もあるし、ポップコーンなんかも置いてありました。

ポップコーンの機会もあるぞ!?

スイーツのバイキングに挑戦!

まず、わたしが最初に食べたのはこちら!

根菜と豆が入ったスイパラ冬カレー

ごりら

根菜と豆が入ったスイパラ冬カレー!!

「スイーツちゃうやんけ! 」ってツッコミが聞こえてきそうですね。

ですが、これはわたしの中で「いやいや、別にスイーツ食べに来たんとちゃうで? あくまでもお昼ごはん食べに来ただけやで? 」アピールをしたかったんですよ…

ごりら

だって、おっさんひとりですし。

ですが、カレーを食べたことによって自然とあまいものが食べたくなりました。結果的にスイーツに挑む心の準備ができたのです。

それでは、スイーツに突入します! わたしの最初のテーマは『いちごづくし』!

テーマは「いちごづくし」

苺のスフレ」「BAKED SWEETS ストロベリー」「紅白つぶつぶいちごミルクタルト」「ストロベリームース」をチョイス。

われながらなかなか良いすべり出しです。いちご味のスイーツを堪能しました。

速攻で『いちごづくし』を平らげて第2弾!

スイーツのバイキングコーナーに戻って見ると先ほどは売り切れていた「ショートケーキ」が並んでいました。

第2弾のテーマは『いちごの歓迎』です。

テーマは「いちごの歓迎」

ショートケーキ」と「ベリーのケーキ」。先ほどとは違い、生クリームがヘビーな印象です。

予想どおり、生クリームの攻撃がすさまじく、返り討ちにあった気分です。

ここでいったん軽食に逃げさせていただきます!

ごぼうのペペロンチーノ」と「ピザ」と「キャベツ」で休憩。

いったん休憩…

案外パスタが美味しかったので「和風きのこソース」のパスタを続けます。

パスタが美味しい!

うしろに見えているのは「白菜のコンソメスープ」。

生クリームのあまったるい感じが塩分で相殺されましたので、スイーツに戻ります。

今度は『あらたなスタート』をテーマに戦闘力が低そうなスイーツを選択。

新たなスタート

カップケーキ」と…あとは何か忘れた!

『あらたなスタート』のつもりが先ほどのダメージが回復していませんでした。このままクリーム系のスイーツとの連闘は避けたいところ。ゼリー系でリハビリです。

ゼリーで休憩?

いろいろなゼリーが並んでいますね。

ゼリーの種類も豊富

「ふぅ…。」やはりおっさんの腹にスイーツは合わないのか。完全に逃げ腰になってしまいました。

スイーツから逃亡…

ごりら

サラダ美味い!

もはや限界を超えていたのかも知れません。

ですが、このまま引き下がるわけにもいかず、『玉砕の覚悟』をテーマにスイーツに挑みました。

テーマは「玉砕の覚悟」

BAKED SWEETS アプリコットリング」と「プリンロール」を土俵に上げました。この終盤に来て超重量級。まさに横綱を相手にするような感覚です。

ごりら

うぇっぷ………な、なんとか、完食…

「もはやこれまでか…。」というところで、わたしは肝心なことを忘れていることに気がついてしまったんです。

わざわざ1,530円ではなく1,730円のコースを選んだのはアイスクリームの食べ放題があるから。

そのアイスクリームをまだひとつも食べていなかったんですよー!!

ごりら

ふぃ~ふぃ………もうなにも入らへんぞ…!!

ハーゲンダッツバニラ」と「ダブルベリー」をアイスクリームのバイキング用のお皿に入れて『最後の挑戦』!

テーマは「最後の挑戦」

この記事のまとめ

今回は「SWEETS PARADISE/スイーツパラダイス(スイパラ)」を紹介しました。

おっさんひとりで乗り込んだ「スイーツパラダイス」。

まわりの目を気にしての入店でしたが、まずみんなスイーツに夢中でおっさんの存在など道端に転がる石ころみたいなもんでした。

スイーツが食べたくなったら、おっさんひとりでガンガン行ってもOK。大丈夫!

むしろ「スイーツパラダイス」で乗り越えないといけないのは自分自身です。しっかりと戦略を練って戦わないと思うような結果を残すことはできません。なにごとも同じですね。

あなたの役に立つ!? 関連記事

おっさんがひとりで挑戦する…と言えば、わたしは「一人カラオケ(ひとから)」にも挑戦したことがあります。

「スイーツバラダイス 四条河原町店」の近くに一人カラオケのお店「イチカラ 河原町店」があるんですよ。

この記事のシェアはこちらから!