早朝出発では遅すぎる! 五山送り火(大文字)の消し炭

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

「五山送り火」の消し炭の大きさ。

「五山送り火」の翌朝に、娘と如意ヶ嶽(大文字山)を登りました。正確には、寝ている娘を抱っこして登りました…。それはさておき、早朝から如意ヶ嶽へ登ったのは、五山送り火の消し炭をいただくためです。消し炭を玄関に飾っておくと、”無病息災”のご利益があると言われています。
 
消し炭は、消火と深夜の大雨のために濡れておりましたので、1週間乾かしておきました。
 
本当はもっと大きな消し炭をいただければありがたいのですが、大きく立派なものは残っていません。聞くところによると、大きな消し炭を手に入れるには、五山送り火が終わり、入山できるようになった直後に登らないといけないみたいですね。
 
“早朝サイズ”はこんな感じです。NINTENDO DSのゲームよりも小さいぐらいです。大きな消し炭は半紙に包んで玄関につるしておくのですが、“早朝サイズ”はそうはいきません。毎年、複数の消し炭を半紙に包んで、巾着袋に入れて玄関に飾っております。
 


 
平日はなかなか時間が無いので、今週末に巾着袋に入れたいと思います!

この記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA