京都・伏見稲荷の本格派ラーメン「陽はまた昇る」で苦手を克服した!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

わたしが住んでいる京都・伏見には美味しいラーメン屋さんが多くて、ラーメン大好きなわたしには最高な場所です。

今回は 外国人にも人気の観光スポット伏見稲荷大社の近くにあるラーメン屋さん「ラー麺 陽はまた昇る」を紹介します。前から気になっていたお店でまさかの発見をしてしまいました。

伏見稲荷へ移転した「陽はまた昇る」

「陽はまた昇る」は2012年9月に近鉄「伏見」駅の近くにオープンしたんですが、2015年8月に今の伏見稲荷へ移転したんです。

伏見駅の近くには「ラーメン荘 地球規模で考えろ」もあって名前にインパクトのあるラーメン屋さんが並んでたんですね。

移転後の「陽はまた昇る」は京阪「伏見稲荷」駅の西側を南北に走る「師団街道」沿いにあります。道路をはさんだ向かいには「手打うどん けんどん屋」もあって伏見稲荷のグルメはレベルが高くなってきましたよ!

陽はまた昇るの外観

お店には駐車場がありません。バイクや自転車は道路をはさんだ向かい側に駐輪スペースが用意されています。

クルマは近くの有料パーキングに駐車するしかありませんが、日中は伏見稲荷大社への参拝客で満車になっていることが多いと思います。

「陽はまた昇る」のメニュー

お店の入り口に置かれているメニューは英語・中国語の表記もあります。

伏見稲荷大社は「外国人に人気の観光スポット」2014年・2015年に2年連続No.1に輝いていて、ほんとうに外国からの観光客が多いんですよ。なので、英語・中国語の表記はこのあたりのお店では必須なんですね。

英語・中国語の表記もあるメニュー

ラーメンのメニューは4種類です。

  • とりとんこつ: 750円
  • 煮干とりとんこつ: 780円
  • 醤油ラーメン: 750円
  • つけ麺: 850円

前から気になっていたものの、なんの前情報もなく初めて来たのでメニューを見て戸惑いました。

実はわたし鶏肉が苦手なんです!

それなのに「陽はまた昇る」は「からあげセット」が用意されているぐらい猛烈な鶏推し!

正直、退却することさえ頭をよぎりましたがメニューの3番目に「醤油ラーメン」があったので、こちらを注文する決意をしていざお店へ!

「陽はまた昇る」は先に券売機で食券を買ってから着席するシステム。お店に入ってすぐ左側に券売機があります。両替機も設置されているので安心です。

券売機の上に置かれた鳥居がこれまた伏見稲荷大社の近くにあるお店らしい演出ですね!

券売機の上には鳥居が!

醤油ラーメンに衝撃!

細長い店内にはカウンター席とテーブル席が用意されていて、お店には清潔感があります。

 

清潔感のあるカウンター

先ほど購入した食券をお店の方に渡すと半分切り取って返してくれます。次回の来店時に使える「大盛り無料券」になってるんですね。

次回使える大盛り無料券

注文してから10分ほどで醤油ラーメンが運ばれて来ました。わたしがよく行くラーメン屋さんとは違って、おしゃれな器に上品な盛り付け! (よく行くラーメン屋さんに失礼か!? )

おしゃれな器

麺はほとんど見えませんが、盛り付けられた具材はどれも美味しそうです。ただ、全体の量は少ないかな~という印象。次に来る時には先ほどもらった大盛り無料券が活躍しそうですね。

美味しそうな盛り付け

無料のニンニクは別皿に添えられて出てきました。ここのは「すりおろし」じゃなくて「きざみニンニク」です。

きざみニンニク

具材の中でひときわ存在感を放っているのが煮卵! トロ~ンとしている黄身が美味そうですな~。

トロトロの煮卵

国産小麦の自家製麺はよく見ると麺のところどころに斑点があります。麺に素材を感じることができますね!

素材が感じられる麺

そして、チャーシュー! 脂身がくてきれいな肉質です。一口食べてみると歯ごたえもよく、肉の繊維に醤油スープがしみ込んでいる感じ。

こんなチャーシュー食べたことないです!

きれいな肉質のチャーシュー?

ふぅ…

いやぁ~、これ…

チャーシューやない! チャーシューと違うで!

と、と、と、鶏肉や~!!!

なんと鶏肉が苦手なので安全そうな「醤油ラーメン」を選んだんですが、鶏ガラスープどころかガッツリと鶏肉が入っておりました。

ですが、わたし自身が驚いたことに、鶏肉であることが判明したにもかかわらず、2枚目、3枚目の鶏肉にもお箸がのびるんです!

苦手なはずの鶏肉にお箸がのびる!

鶏肉ってこんなに美味しいの!?

いや、わたしが鶏肉が苦手なのは決して食わずぎらいなんかではなく、食べた上での鶏肉ぎらいなんですよ。

「陽はまた昇る」の醤油ラーメンの鶏肉は鶏肉ぎらいが食べられるほど美味しいってことですね!

スープには天然醸造の醤油、鶏ガラ、マグロ節が使われていて深い味わいに仕上がっています。

鶏肉も美味しくいただいたところで後半戦はきざみニンニクをブチ込みます。ニンニクを投入することで醤油スープの味が変わってこれも美味い!

深い味わいのスープ

伏見ラーメンラリー2017

今回紹介した「ラー麺 陽はまた昇る」は伏見にあるラーメン屋さん8店舗で実施している「伏見ラーメンラリー2017」に参加していますよ!

「伏見ラーメンラリー2017」告知ポスター

「伏見ラーメンラリー2017」告知ポスター

開催期間
2017年2月1日(水)〜3月31日(金)
参加店
・ 頑固麺
ら〜めん セアブラノ神
ラーメン荘 地球規模で考えろ
・ つけ麺・らーめん 麺心 よし田
・ ラー麺 陽はまた昇る
・ フカクサ製麺食堂
ラーメン たぬき屋
・ つけ麺 きらり
ルール
スタンプラリーに参加する方は、各店舗のスタッフにお声がけください。
ラーメン一杯につき1スタンプとなります。
伏見ラーメンラリーのスタンプカードを複数枚合わせての達成はできません。
賞品
・ 全店ロゴ入り特製タオル
・ 各店舗オリジナル特典サービス券

※ 「伏見ラーメンラリー2017」の告知ポスターより引用しました。

この記事のまとめ

初めてのお店は新しい発見があるのでおもしろいですね! まさかこんなに美味しい鶏肉に出会えるとは思ってもいませんでした。

くしくも伏見稲荷と言えば、スズメやウズラの丸焼きが有名やところ。もちろん、わたしは食べたことがありませんが、もしかしたら「陽はまた昇る」で経験値を積めばスズメやウズラでさえも乗り越えることができるかも。

鶏肉ぎらいなわたしが美味しいと思えるぐらいなので、きっと「とりとんこつラーメン」や「からあげ」も美味しいと思いますよ。伏見稲荷へお越しの際にはぜひ!

ラー麺 陽はまた昇る

この記事のシェアはこちらから!