幼児のお金教育。まずは「お金を稼ぐこと」から教えてみます!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

幼児園児の娘とのコミュニケーションの中で「やばい! お金のことをちゃんと教えなあかん! 」と思うできごとがあって以来、子どもに対するお金教育についていろいろと考えています。

今回は子どものお金教育に取り組み始めた話(幼児編)です。

お金もうけのイメージを変えないとやばい!

先日どうやらうちの娘が「お金もうけは悪いこと」というふうに考えていることが発覚しました。

娘が画用紙で絵本をつくっていたのでわたしが「iPadで描いたらたくさんの人に売れるしもうかるなぁ! 」と言うと、娘が「そんな悪いことしたらあかんやん! 」と言ったのです。

わたしはこれまで子どもたちに対してきちんとお金のことを教えたことはなかったし、なにを隠そう、わたし自身がお金教育ができるほどの知識もなければ特別なポリシーを持っているわけでもありません。

ですが、少なくとも子どもが「お金もうけは悪いこと」というイメージを持っているのは子どもたちの人生にとっても決してプラスにはならないだろうと思っています。

そもそもなぜ幼児園児の娘が「お金もうけ=悪」というイメージを持ったのかがわかれば良いのですが、娘に聞いてもはっきりとはわかりませんでした。

もしかしたらテレビ番組かなにかで札束を前にウヒャウヒャしてるシーンなんかを見て刷り込まれたイメージなのかも知れません。

小学生の息子は「お金もうけ=悪」のイメージは持っていないようなので、兄妹でも感じ方が全然違うようです。

と言うことで、まずは娘が抱いている「お金もうけ=悪」というイメージをぶち壊すことが今のわたしが踏み出すべき最初の一歩かと!

まずは子どもにお金を稼ぐことを体験させよう!

小学生の息子はともかく幼児園児の娘はまだお金そのものをよくわかっていません。「お金をもうける」と「お金を稼ぐ」はまた違うと思いますが、実際に娘自身がお金を手に入れる体験をすることから始めようと思います。

ちなみに幼児園児の娘が描いた「お金を稼ぐ」イメージはこんな感じ…

d1b054b8

みごとに宝物を掘り当ててます!

トレジャーハンターとしてお金を稼ぐというのも超楽しそうで良いんですが、時間がかかりそうなので今回はやめておきます…。

かと言って、お皿洗いをしておこづかいを渡すというのもわたしとしてはイマイチおもしろくないな~と思っていたので 最近娘が大好きな絵を描くことを仕事にしてもらうことにしました。

もう少し具体的に言うと、わたしが「こういう感じのイラストがほしい」と発注して娘がそのイラストをiPadで描きます。そしてその対価をわたしが娘に支払うということにしています。

実際に娘に発注して描かれたイラストと支払う時のポイント

こちらがわたしが娘に発注して娘が描いたイラストです。

インフルエンザA型とB型の種類の記事を書こうと思った時に発注しました。「AとBのバイキン描いて~。」 って感じで依頼してできたのがこのイラスト。

7fe316b4

「啓蟄(けいちつ)」のイメージがほしくて発注したのがこちら。「かえるが土の中から出てきた絵が良いな~。つくしとか。」という依頼。

a319bb9a

これらのオーダーに対してできあがったイラストを納品してもらい、わたしが娘にお金を支払います。今のところ1枚100円

9286daf7

お金を支払う時には「イラストを描いてくれてありがとう! 」と言って手渡しています。娘もうれしそうに「ありがとう!」と言って受け取っています。

ふむ!

これ、「お金を稼ぐこと」と「イラストを描くこと」のどちらも身につけることができて、なかなか良いんじゃないですか!?

娘からのイラストの販売もあります!

「お金もうけは悪いこと」というイメージを持っていたはずの娘からさっそく提案がありました。オーダーに対してイラストを描くのではなくて、自分でイラストを描いても良いか? と。

あれ? なんかガッツリと稼ごうとしてないか? って感じになってきました…。

わたしはどうしようかな~と考えましたが、「描くのは良いけど そのイラストを買うかはわからへんで? 」ということにしてみました。

そして娘が描きあげたのがこちらのイラストです!

915f4b71

「りゅうおうの くびかざりや! 」

ドラクエの竜王がつけてる首飾りらしいです…。

今回は「上手に描けてるけど、今はいらんな~。」ってことにしておきました。

「え~そうなん…」と娘は残念そうにしていましたが、お金を稼ぐことの難しさを感じるのも大切ですし、需要と供給のバランスを学ぶことも重要ですよね、ってことで。

娘はお金もうけを悪いことと感じていたのかがよくわからないぐらいノリノリでお金を稼ごうとしています!

いずれにしても「お金教育」は早いにこしたことはないと思いますので、お金をかせぐこと、お金を使うこと、お金を貯めること、お金を増やすことなんかを教えていきたいと思います。

そうそう、逆に「お金がすべて」みたいな発想にならないように気をつけないといけないですね!

子どもに対するお金教育…奥が深くて楽しいです!

この記事のシェアはこちらから!