磁石でくっつくタングラム! 子どもの想像力を伸ばす仕掛けがキラリ!? [PR]

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

わたしは子どもの誕生日やクリスマスのプレゼントには「知育玩具」を選ぶことが多いです。

ごりら

知的で想像力豊かに育っておくれ〜!

という親の勝手な願望なんですけどね…。

今回は「磁石でくっつくタングラム」を紹介します。

タングラムと言えば知育玩具の代表みたいなおもちゃですが、「磁石タングラム」には子どもが喜ぶ仕掛けがされているんですよ〜!

この記事はNextX TOYS社様より商品をご提供いただきレビューしています。

「磁石タングラム」で遊ぼう!

「磁石タングラム」が届くとさっそく小学生低学年の娘がめちゃくちゃ食いつきました。

カラフルな色づかいのパッケージですしね〜。

Amazonで届いた商品をさっそく開封!

「磁石タングラム」の対象年齢は6歳以上と書かれています。

ふつうのタングラムよりもちょっと高めの設定ですね。

うちの娘は小学生低学年なのでバッチリ対象!

対象年齢は6歳以上

タングラムとは

タングラムは正方形を分割したいくつかのブロックで構成されているおもちゃです。

カラフルなタングラム

  • 大きい三角形: 2個(緑・黄)
  • 中くらいの三角形: 1個(オレンジ)
  • 小さい三角形: 2個(赤・紫)
  • 正方形: 1個(青)
  • 平行四辺形: 1個(ピンク)

これらのブロックを自由に組み合わせることでいろんな形(シルエット)をつくることができるんですね。

「磁石タングラム」に入っているもの

「磁石タングラム」のパッケージに入っているのは、ほぼタングラム本体のみ!

シンプルなおもちゃ

シンプルなおもちゃだからこそ、小さな子どもでも手軽に遊べて、想像力や創造力が育まれていくんですね。

磁石タングラムの内容

  • タングラム(7パーツ)
  • 図案
  • ケーブル

ごりら

ケーブル…? シンプルじゃない感じのも入っとるね…

ケーブルも?

タングラムの遊び方

うちの娘はタングラムを手に取ると早速パッケージを見ながらシルエットをつくりはじめました!

パッケージの図案には「ROBOT」と書かれています。

パッケージを参考に!

パッケージの中にはいくつかの図案が描かれた紙も入っていました。はじめはこれを見ながらつくると良いですね〜。

図案が入っている

できあがったシルエットのマネをする娘…

シルエットと同じポーズ

ごりら

ぜ、全力で遊んでるわ…!

「磁石タングラム」のここがすごい!

シルエットをつくるだけならふつうのタングラムと変わらないんですが、「磁石タングラム」にはいくつかの秘密が隠されているんですよ!

「磁石タングラム」の秘密(1)〜なんとパーツどうしが!?

まずは「磁石タングラム」最大の特徴です。

な、なんとブロックどうしがくっつくんですよ! 磁石で!!

ブロックどうしがくっつく

ごりら

お…おおん…「磁石タングラム」って書いてるしね…

シンプルな仕組みではありますが、磁石でくっつくことで遊び方が広がるんですよ!

ふつうのタングラムであればこんなふうに床に置いてシルエットをつくって遊びます。

ふつうは床に置いて遊ぶ

ですが、「磁石タングラム」は磁石でくっつくから垂直に積み上げることができるようになるんですね。

これは図案にあった 「LIGHTHOUSE」。

垂直に積み上げて遊べる

こんなバランスが悪そうな「CUP」も…!

バランスが悪そうなのに!

絶妙なバランスで立っています!!

ですが、「磁石タングラム」に内蔵されている磁石は決して強力な磁石ではありません。

なので、どんなシルエットでも垂直に組み上げられるわけではなく、ちゃんとバランスを考えないといけないんですね〜。

子どもはどうしたら倒れずにシルエットを完成させることができるかを考えながら遊びます。制限があるからこそ工夫する発想が生まれるんですね!

「磁石タングラム」の秘密(2)〜青色のブロックの背面には…!?

この「磁石タングラム」の秘密はほかにもあるんですよ〜。

実は青色のブロックの裏側にはスイッチがあります。

青いブロックのにはスイッチがある

このスイッチを入れるとブロックが光るんです!

ブロックが光る!

しかも!!

青色のブロックにほかのブロックをくっつけるとそのブロックも光る仕組みなんですよ!

青いブロックにひっつくと光る!

娘の作品「さかな」もほらっ! (使ってるブロックの数少ないけど! )

幻想的な作品に!

「CUP」も部屋の電気を消すと…

カラフルなシルエットが浮かび上がる!

ごりら

なかなか良い感じで光ってるやないの〜!

これ、やさしく光っているので、寝室のテーブルランプとして使うと子どもが喜びそうですね!

子どもってブロックでつくったカタチを「壊さんといて〜! 」って言いません? うちはわたしが帰宅すると「かたづけるな」と娘の字で書かれたメモが残されていることがあります。

「磁石タングラム」なら寝る前につくったシルエットがそのまま寝室のテーブルランプになるってことです!

青色のブロック

青色のブロックは充電式になっているんです。スイッチの横にプスっとアダプタを挿します。

青いブロックを充電する

横から見るとブロックの中の仕掛けが影になって浮かび上がります。

ブロックの中の影が浮かび上がる

子どもによっては、どんなシルエットをつくるかよりも電気がつく仕組みに興味が向くかも知れないですね。

「磁石タングラム」の気になる点

逆に、気になる点も。

実際にわたし自身も「磁石タングラム」に触れてみて気になったのは、パッケージデザインほど高級感はないということですね。

パッケージの写真を見るとシルバーのフレームが落ち着きのある光沢に見えます。

高級感があるように見える!

ですが、手に持ってみるといかにもプラスチックという感じです。わたしはつなぎ目もけっこう気になりました。

つなぎ目が気になる

垂直でも立つようにブロックひとつひとつの軽量化が必要なので、高級な質感を出すのは難しいのかも知れませんね。

…と言うか、子どもが楽しそうに遊んでいるようすを見ると、まあ「高級感」なんてものは大人が気にするだけで、子どもには関係ないことやな…と感じますが。

子どもは夢中で遊ぶ

「磁石タングラム」がおすすめな年齢は?

うちの娘(小学生低学年)はめちゃくちゃストライクゾーンでした!

はじめて「磁石タングラム」で遊んだあとに用事で外出したんですが、娘は

「早く帰ってブロック(磁石タングラム)で遊びたい〜! 」

って言うぐらい気に入っています。

対象年齢の6歳〜9歳(年長〜小学3年生)ぐらいが一番喜ばれるんじゃないかなと思います。

ちなみに小学生高学年の息子も遊んでましたけどね。

小学生高学年でも楽しめる!

知育玩具はあるていど年齢・性別を問わずに遊べるので、プレゼントする場合も安心して贈れるのが良いですね!

「磁石タングラム」はAmazonで購入することができますよ〜。

この記事のまとめ

今回は「磁石でくっつくタングラム」を紹介しました。

わたしは商品をご提供していただいたのですが、「プレゼントとしてもらった」と考えると親としてもうれしくなる知育玩具でした!

6歳〜9歳ぐらい(年長〜小学3年生)ぐらいの子ども(男の子も女の子も! )への誕生日やクリスマスプレゼントにおすすめです。

この記事のシェアはこちらから!