大人と同じように腕立て伏せができない園児・小学校低学年の子どもが腕力を鍛える方法

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

生まれつき身体能力に恵まれていれば小さな子どもでもいろいろなトレーニングをすることができると思いますが、うちの娘の場合はなかなか大人が思うようなトレーニングをすることができません。

まだまだ基本的な筋力が足りないんですよね。

今回は「園児・小学校低学年の子どもが腕力を鍛える方法」を紹介します。

小さなうちから無理に大人と同じ方法でトレーニングをする必要は無いですからね。

大人と同じ腕立て伏せはまだできない!

大人でも腕立て伏せができないって人は意外と多いのかも知れません。小学校入学前の園児や小学校低学年の子どもならなおさらですよね。

うちの娘も大人と同じように腕立て伏せをすることができないんですね。無理やりやろうとするとこんな感じになります。

大人と同じように腕立て伏せができない…

腕の筋力で身体を支えることができないので、どうしてもお尻が上がってしまうんですね。

ごりら

あれ…? もうちょっとお尻下げられへん…?

むすめ

ム、ムリィ〜!!

ごりら

じゃあ、そのままで良いから腕立て伏せやってみ………

ズコーーーッ!!

ズコーッ!!

腕立て伏せをはじめる前の体勢をキープすることさえ難しいので、腕を曲げようとした瞬間にバランスを崩してずっこけてしまいました…

園児・小学校低学年の子どもでもできる腕立て伏せのやり方

腕の筋力が足りずにそもそも腕立て伏せができない場合は腕にかかる負荷を少なくしてみましょう。

腕立て伏せには、小さな子どもでもできる2つのやり方があるんです。

まずはこれらの腕立て伏せからはじめて、腕の筋力が付いてくれば大人と同じやり方へ切り替えて行けば良いでしょう。

ひざを立てた状態で腕立て伏せ

腕のチカラが足りない場合はひざを立てた状態で腕立て伏せをしてみましょう。

ごりら

じゃあ、ひざを立ててやってみる?

むすめ

これでいいかー?

ひざを立てる腕立て伏せ

この体勢であれば身体全体の負荷が腕だけにかかることはないので、腕の筋力が足りない子どもでも腕立て伏せができるでしょう。

ごりら

そうそう。その状態やったらできるやろ?

これならできる…?

ごりら

あれ………な、なんかまだ怪しいな…

うちの娘の場合はわざとやってるのかと疑ってしまうぐらい、どうしてもお尻が上がってしまうんですよね…。

そのまま床に身体を落とすやり方

ひざを立てた状態での腕立て伏せが難しい場合はさらに負荷がかからない方法を試してみましょう。

はじめの体勢は同じです。

ひざを立てた状態から…

腕を曲げて…

そのまま…

ごりら

そのまま床にペターってなってみてー

床に身体を落とす

腕を伸ばした状態から腕を曲げてそのまま床にペターっと身体を落とすんですね。このやり方ならほとんど負荷がかからないので、筋力が無い園児や小学校低学年の子どもでもできますね。

ごりら

これやったら繰り返してできるやろー?

むすめ

んーできるけど、めんどうくさいなー!

ごりら

………

非力な子どもが腕力を鍛える方法

うちの娘は道具を使うトレーニングの方が好きなようです。自分が好きな方法でやるのが一番効果的ですよね!

むすめ

こっちの方がおもしろいし、好きー!!

仰向けになった状態で、両手に鉄アレイを持ちます。

鉄アレイを使おう

そして、鉄アレイを持ち上げます。これを繰り返すことによって腕の筋力を鍛えることができます。

鉄アレイを持ち上げる

この記事のまとめ

今回は「園児・小学校低学年の子どもが腕力を鍛える方法」を紹介しました。

子どものトレーニングは本当に難しいなーと思います。基礎的な筋力・体力が無いうちは大人と同じようなトレーニング自体ができませんし、子どもでも楽しみながらできる工夫が必要ですよね。

逆に、子どものうちからムッキムキに鍛えてしまうと身体の成長を止めてしまうとも言われます。

子どもの場合は気持ち、身体それぞれのバランスを考えて鍛えたいですねー!

あなたの役に立つ!? 関連記事

どんなスポーツでも体の軸=体幹を鍛えることは必要不可欠なトレーニングのひとつです。

基礎体力がまだまだ無い園児・小学校低学年の子どもでもこの方法なら体幹を鍛えることができますよー!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!