ライフジャケット(救命胴衣)は何色がおすすめ? 赤・青は海でどんなふうに見えるのかを比較!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

わたしは夏になると子どもを連れて海や川へ遊びに行くことがよくあります。

海や川では水難事故防止のために子どもにライフジャケットを着させるようにしているんですが、ライフジャケットってけっこういろんな種類、デザインがあるんですよねー!

今回は「ライフジャケット(救命胴衣)はどんな色・デザインが良いのか」を紹介します。

実際に赤色と青色のライフジャケットが海ではどんなふうに見えるのかを比較してみました。ライフジャケット購入の時の参考になれば幸いです。

ライフジャケット(救命胴衣)は小型船舶用がおすすめ!

実はわたし自身「カナヅチ」というほどではありませんが、泳ぐのが苦手なんです。万が一、子どもが溺れたとしても、たぶんわたしには助けることができないと思います…

なので、我が家では子どもが海や川で遊ぶ時には必ずライフジャケット(救命胴衣)を着させているんです。

海・川ではライフジャケットを着用

もちろん、ライフジャケットを着用していれば絶対に安全というわけではありませんが、シートベルトと同じで、ライフジャケットを着用しているのとしていないのとでは生存率が全然違うんですよ!

国土交通省の公式サイトには「海中転落時の生存率・死亡率」の情報が掲出されています。

海中転落時の生存率・死亡率

ライフジャケット 生存率 死亡率
着用時 60% 40%
非着用時 27% 73%

出典: 『国土交通省

これは小型船舶に乗っていて海へ転落した場合の数字なので、ライフジャケットを着用していても生存率は60%と低いですが、着用していないければその半分以下ですからね…

海水浴場の遊泳可能エリアでライフジャケットを着用していれば、親としてもかなり心強いですよね。

ライフジャケット(救命胴衣)の赤色と青色を比較

息子の身体が大きくなったので、以前から使っていた「高階救命器具」というメーカーのライフジャケットをAmazonで検索して購入し直したんですね。

むすこ

ん〜、青色ので良いわ〜

ついでに、泳ぐのが苦手なわたしの分もこの機会に購入しました。

ごりら

ほな、ワイは赤色のにしとくか!

ライフジャケットの表面

背面はそれぞれ青色、赤色一色のデザインです。

ライフジャケットの背面

正直なところ、今回はあまり深く考えずに購入してしまったんですが、実際にライフジャケットを海へ持って行って不安になったんですよ…

ごりら

あれ…青色のライフジャケットって海の中で見えるんかな…???

そうなんです…。万が一、離岸流などで沖に流されてしまった時に、青色のライフジャケットだと発見しにくいんじゃないかと、そんな不安が頭をよぎったんですね。

実際にライフジャケットを海に浮かべてみました。

水に浮いた状態(表面)

すぐ目の前に浮かべていることもあって、青色でもそこまでわかりにくいということはありませんね。しかも、表面には肩の部分に反射板(白いひし形の部分です)が付いているので、上空から捜索する時にも目立つようになっています。

ですが、背面には反射板が付いていないので、水に浮かべるとこんな感じになります。

水に浮いた状態(背面)

ごりら

ん〜!? なんか青色はちょっとわかりにくいかも…!!

実際に着用して海に入った場合はどうでしょうか?

まずは息子に赤色のライフジャケットを着用してもらいました。(これは今まで息子が着用していたモデルです。)

ライフジャケット(赤色)

ごりら

おお! 赤いのが目立ってるなー!!

万が一、沖に流されたとしても、赤色だと発見しやすそうですね。

次に青色のライフジャケットを着用して、泳いでもらいました。

ライフジャケット(青色)

ごりら

うわ…

この写真を撮った場所は浜辺から近いので、海の色もまだ青くはありませんが、沖合いだとどうでしょうか…。海の色と同化してしまって、めちゃくちゃわかりにくいんじゃないかな…

ライフジャケット(救命胴衣)のデザイン

わたしはライフジャケットそのものを信頼し過ぎて、今回はカラーやデザインのことをあまり考えずに購入してしまいました…

小児用のライフジャケットもいろいろなデザインがあるので、おしゃれなのを探してみると良いですねー!

中にはこんなデザインのライフジャケットもあるんです…

ごりら

「カモ」ってカモフラージュってことやんな…?

こちらも迷彩柄のライフジャケット。んー!? なんかライフジャケットを着用する目的を見失っている気がしますね…!

こちらは花柄のデザイン。かわいいような気もしますけど、このライフジャケットを沖で探すのレベルが高そうですよ…

やっぱり、海や川で目立つ色の方が安心ですよね。

この記事のまとめ

今回は「ライフジャケット(救命胴衣)はどんな色・デザインが良いのか」を紹介しました。

子どもといっしょに海や川で遊ぶ時には絶対にライフジャケットを着用した方が良いです。おすすめは小型船舶用の救命胴衣。

わたしは失敗しましたが、カラーやデザインは万が一のことを考えて、海や川で発見しやすい目立つものが良いですね!

あなたの役に立つ!? 関連記事

海水浴や川遊びの心強い味方になってくれるライフジャケット(救命胴衣)ですが、正直なところ、荷物が増えて持ち運びは大変です。

そんな時に便利なのが防水バッグ「LOGOS アクアストレージ」です。とにかく濡れたものをドサーっと突っ込んでおくことができるので、我が家ではめちゃくちゃ重宝していますよ!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!