子どもといっしょに楽しむ、お菓子の家づくり! 作り方は? 費用はどれぐらい?

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

子どものころには 誰もが憧れるお菓子の家! ずいぶん前にお菓子の家づくりキットでつくったことはあったのですが、幼児園児の娘がまたつくりたいと言い出したんです。

今回は「市販のお菓子を集めてつくる『お菓子の家づくり』」を紹介します。

子どもといっしょにつくると楽しいですね。しかも、意外と低コストでつくることができたんですよー!

市販のお菓子で家づくり

お菓子の家の設計図をつくろう!

以前はお菓子の家づくりキットでつくりました。こんな感じに最初から家の形にお菓子がカットされてるやつです。

今回はキットは使わずに市販のお菓子をいろいろと買って来てつくってみようか〜と娘と話していたので、娘がお菓子の家の設計図を描くところからスタートしました。

こちらが娘が描いたお菓子の家の設計図…と言うか、完成予想図です。

お菓子の家の完成予想図!?

ほんとうは娘といっしょに買い出しに行ければ良かったのですが、今回はわたしがこの設計図と娘の要望を聞いて買い出しに行くことにしました。

ちなみに買い出しに行く前に娘が描いていた設計図は真ん中の家のイメージだけです。木や庭、材料の名前は買って来たものを見てから書き足しています。

なので、最初の設計図ではマーブルチョコとポッキーぐらいしかわからなかったんです…。

お菓子の家づくりのために買ったもの

実際にお店でお菓子を見ていると「あ! これも使えそうやな! 」とか「う〜ん、これ足りひんかったら困るからもうちょっと買っとこ! 」とか、オッサンが頭の中をキラッキラにしながら選んだので 結果的に必要以上に買い込んでしまいました。

実際に買ったお菓子(1)

実際に買ったもの(1)

  • ハーベスト(抹茶): 100円
  • ハーベスト(バタートースト): 100円
  • ふんわりチョコバーム: 297円
  • チョコウェハース: 267円
  • ウェハースバニラ味: 258円
  • ポッキー(抹茶): 84円
  • ポッキー(つぶつぶいちご): 145円
  • ポッキー(チョコレート):145円
  • ホワイトチョコレート(4枚): 285円
  • ハイミルクチョコレート(4枚): 285円
  • チョコバットエース(4本): 124円

実際に買って来たお菓子はまだあるんですよ…

実際に買ったお菓子(2)

実際に買ったもの(2)

  • ルーベラ: 100円
  • ルマンド: 100円
  • バームロール: 100円
  • キャラメルコーン(もも味): 97円
  • ホワイトマシュマロ: 138円
  • きのこの山・たけのこの里: 178円
  • パウダーシュガー: 98円
  • ココアパウダー: 198円
  • カラーシュガー: 129円
  • デコペン(ホワイト): 98円
  • デコペン(ブラウン): 98円
  • デコペン(ピンク): 98円
  • デコペン(イエロー): 105円
  • デコペン(グリーン): 105円
  • チョコベビー: 108円
  • アポロジャンボ: 302円
  • マーブルチョコジャンボ: 302円

ごりら

え〜っと、2,090円と2,354円で………4,444円も!?

とりあえず買って来たお菓子をテーブルの上に出してみて、どのお菓子を家のどの部分に使うかを娘といっしょに考えました。

実際に並べながら考える

お菓子の家はこのトレーの上でつくりました。大きさは幅38.6cm×奥行29.2cmです。

お菓子の家をつくろう!

家の壁は「ウェハース」、柱は「ふんわりチョコバーム」を重ねてつくることになりました。これが家のベースになります。

ふんわりチョコバームを柱にする

ウェハースを重ねて壁をつくっていきます。

ウェハースで壁をつくる

お菓子をくっつけるのはチョコペン。チョコペンはデコレーションでも使いたいので少しずつ使います。

チョコペンのチョコで接合する

お湯がぬるくなるとすぐにチョコペンが固まってしまうので何度かお湯を温め直しました。正直なところ、けっこう手間がかかります…。

固まったら熱湯で溶かす

ウェハースをどんどんと重ねて壁と組み上げていきます。

ウェハースをどんどん積み上げる

屋根を乗せる梁の部分には「チョコバットエース」を利用。チョコバットエースを3本重ねて屋根が乗るように三角にします。

チョコバットを梁に

チョコバットエースと屋根をくっつけるのもチョコペン。この部分はちょっと多めに使います。

屋根を乗せる部分にたっぷりとチョコを塗る

屋根は「板チョコ」を1枚ずつ貼ります。娘の趣味でホワイトチョコとふつうのチョコを貼り合わせました。

屋根は板チョコ

横から見るとこんな感じです。

ごりら

意外と頑丈そう!!

お菓子の家を横から見たところ

屋根のデコレーションは娘の設計どおり「マーブルチョコ」で。接着用のチョコを屋根に塗ります。

屋根のデコレーション

マーブルチョコのほかにアポロチョコも乗せてみました!

マーブルチョコとアポロチョコで飾り付け

反対側の屋根にもチョコペンを塗りつけて、チョコバットエースを斜めにカットしたものを…

斜めにカットしたチョコバット

屋根にくっつけると煙突のできあがりです! 設計図にも描かれているとおりですが、煙突はどうしてもつくりたかったみたい。

チョコバットが煙突に!

家の庭は「ハーベスト(抹茶)」を粉々に砕いて草にします。

緑色のクッキーで庭を演出

実はこのあたりから小学生の息子もお菓子の家づくりに参戦! ハーベストを粉々に砕く作業を手伝ってくれるのは良いんですが、お菓子の家の横で「ガンガン! 」やるのでお菓子の家が壊れてしまわないかヒヤヒヤしていました…。

粉々に砕いたハーベストをお菓子の家のまわりに散りばめて草を表現!

お菓子の家のまわりに散りばめる

庭には「きのこの山」やら「たけのこの里」やら「カラーシュガー」やら「キャラメルコーン」やら…とにかくばらまく!

たけのこも植えられた…!

最後は全体に「パウダーシュガー」をふりかけて雰囲気を出します。

パウダーシュガーで雪の演出

息子も庭のベンチやテーブルをつくってくれて、完成です! つくり始めてから だいたい1時間ぐらいででき上がりました。

お菓子の家が完成!

お菓子の家づくりに必要な材料はこれだけでした!

いろいろなお菓子を買い込んだわりに案外少ない材料でつくることができました。実際に使ったお菓子はこれだけです。

お菓子 使った場所 値段
ウェハースバニラ味 家の壁 258円
ふんわりチョコバーム 家の柱や庭のイス・テーブル 297円
チョコバットエース(4本) 梁に3本、煙突に1/3本、残りは窓に 124円
ホワイトチョコレート(1枚) 家の屋根 95円
ハイミルクチョコレート(1枚) 家の屋根 95円
アポロジャンボ 屋根の飾り・ドアの取っ手 302円
マーブルチョコジャンボ 屋根の飾り 302円
ポッキー(抹茶) 屋根の上に1本だけ 84円
ハーベスト(バタートースト) ドアと庭のテーブル 100円
ハーベスト(抹茶) 庭の草 100円
きのこの山・たけのこの里 庭に散りばめた 178円
カラーシュガー 庭に散りばめて花を表現 129円
キャラメルコーン(もも味) 庭に少し散りばめただけ 97円
チョコウェハース 庭のイスに1個だけ 267円
ルーベラ 庭のイスに1個だけ 100円
パウダーシュガー 全体に散りばめた 98円
デコペン(4本) お菓子の接合 406円
ごりら

全部で3,032円!!

ですが、実際に使ったお菓子でも「ポッキー(抹茶)」のように屋根の上に1本だけしか使っていないものや「キャラメルコーン」のように無意味に庭にばらまかれたものもあるので、実質的には2,000円ちょっとしかかかっていません

実質的には2,000円ほどでつくれる!

この記事のまとめ

今回は「市販のお菓子を集めてつくる『お菓子の家づくり』」を紹介しました。

はじめて市販のお菓子を使った家づくりにチャレンジしましたが、幼児園児の娘でもそれなりにつくることができました。

と言うか、正直超楽しかったです!

市販のお菓子でつくるアイディアは『ヨッセンス』を参考にしました。クオリティが全然違いますが…。

思っていたよりも安価につくれそうなので今度は違うタイプの家をつくってみたりしたいですね〜。

うちの子どもたちが大好きなログハウスとか! 子どもといっしょにお菓子の家づくり、超おすすめです!

あなたの役に立つ!? 関連記事

子どもが描いた絵をケーキにプリントできるサービスがあるんです。子ども自身の誕生日ケーキにはもちろんですが、おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントとしても良さそうですね!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"   data-matched-content-rows-num="3"   data-matched-content-columns-num="3"

この記事のシェアはこちらから!