アートな感性を刺激して伸ばす!? 子どもの贈り物に「水彩色鉛筆」がおすすめ。

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

幼児園児の娘に贈ったクリスマスプレゼントが我ながらなかなか良い選択だったんじゃないかと自画自賛しております。
 

好きなことを伸ばしてあげたい。

子どもへのプレゼントってけっこう悩みます。子どもが欲しいと言うものをプレゼントしてあげたいとは思いますが、子どもの意見をそのまま聞くと「う〜ん…」と考えてしまうようなものばかりというのも事実。
 
小学生の息子が最近欲しがるのはゲームが多くなってきましたし、幼児園児の娘は “ よくわからないもの ” を欲しがったりします。
 
そんな娘ですが、今回のクリスマス前には毎日のように絵を描いていて、クリスマスプレゼントには「おっきいかみ(大きな画用紙)がほしい!」と言っていました。
 

bfe7d77f

 
実は娘がやたらと絵を描くようになったのはこの半年ほどの間で、なかなか奇抜な色使いの絵を描いているので親としては興味深く見ていたのです。
 
そういうこともあり、珍しく「子どもが欲しがるもの」と「親としてプレゼントしたいもの」が合致しました。
 
私は子どもが好きなことや得意なことを伸ばせる環境はできる限り整えてあげたいという考え方なので、娘のクリスマスプレゼントは「大きな画用紙」にすることにしました。それと色鉛筆ももっといろんな色があれば色使いの幅も広がるかな〜と思ったりもしながら、梅田ロフトへプレゼントを買いに行きました。
 

水彩色鉛筆ってなに!?

梅田ロフトの画材売り場で色鉛筆を探している時にたまたま発見したのが、この色鉛筆です。
 

2cd4a7ff

 
最初は普通の色鉛筆かと思って見ていたのですが、思ってたよりも値段が高い。パッケージをよく見るとなにやら普通ではない感じのマークを発見!
 

d54f5a4a

 
私自身はこのマークを見て初めて「水彩色鉛筆」というものがあることを知りました。このマークから想像するに、水彩色鉛筆というのは色鉛筆で色を塗った後に水で濡らすと水彩絵の具のように色がにじみ、 “ 良い感じ ” の絵に仕上がるんだろうなぁと思いました。
 
それと「この色鉛筆は本格的に絵を描く人が使う道具なんやなぁ」と思いましたが、同時に「水を塗ったら色が変化するっていうのは子どもが喜びそう!」とも思ったのです。
 

娘へのクリスマスプレゼント

今回、娘のクリスマスプレゼントに選んだのは、こちら。名付けて「アートな感性を刺激して伸ばす水彩色鉛筆セット」です。
 

F6 スケッチブック 「ART spiral」(マルマン)」

マルマン F6 スケッチブック アートスパイラル 24枚 厚口画用紙 ピンク S316-08


 
まずは娘が欲しがっていた「おっきなかみ」です。「縦 407mm ×横 320mm」なので、なかなかの大きさ。娘が大好きな絵をいっぱい描くことができます。厚紙の表紙なので絵を描き終わった後にも大切に保管できそうです。
 

カラーグリップ水彩色鉛筆 「FABER CASTELL」(ファーバーカステル)

ファーバーカステル カラーグリップ水彩色鉛筆 24色(缶入)


 
「なかなか良い選択をした!」と自画自賛の水彩色鉛筆。自分でもちょっと使ってみたい。
 

686a46a1

 
今回はまずは24色を買いました。36色とか60色とか、なんと120色まであるみたい。もしも娘が絵をたくさん描いて、もっと多くの色を望むようになればその時にまたプレゼントしてあげようと思います。
 

5cbc3655

 
「ERGONOMIC SOFT GRIP ZONE」…ことばの意味はよくわからんがとにかくすごい持ちやすい!
 

大人の塗り絵「tableaux à colorier royaume des chats」

Les ateliers du calme – Coloriages royaume des chats: Tableaux ・ colorier


 
自画自賛したいプレゼントがもうひとつ!本来は大人向けの塗り絵のようですが、ねこが大好きな娘もすぐに気に入ってくれました。
 

2ecaa705

 
こんな感じのイラストがたくさん描かれていて、最初から着色されている部分もあるので色使いの見本にもなります。これはアーティスティックな感覚が磨かれそうです!
 

水彩色鉛筆の使い方を少しずつ覚えていく娘。

最初は普通の色鉛筆として使っていた娘ですが、「色鉛筆で色を塗った後に水で濡らした筆でなぞったらなんか色が変わるみたいやで!」と教えてあげると早速やりたいと言い出しました。
 
これまでの娘の描く絵は幼児園児らしくひとつの面を1色で塗りつぶしていました。今回も最初は1色で塗りつぶしたところに水をたっぷりと含んだ筆でなぞってしまったので、きれいな色の変化がなく、娘も不満そうな表情をしておりました。
 
そこで「1色じゃなくて何色か重ねて塗った方が水でなぞった時にきれいになるねんで!」と教えてあげると、なかなかきれいな花の絵を描き上げました!
 

096957f9

 
水でなぞったところがいくつかの色がなじんで良い感じになってます。
 

0fcb571d

子どもへのプレゼント選びってなかなか難しいです。「子どもがほしいと思うもの」と「親として贈りたいもの」にはギャップがありますし、仕方ないですね。
 
今回は珍しくプレゼント選びに成功した!と思いました。もしかしたら幼児園児の娘に「水彩色鉛筆」や「大人向けの塗り絵」はオーバースペックだったかも知れません。
 
ですが、こういう感性を刺激するようなものは多少オーバースペックだろうが、子どもにとってプラスに働くのではないかと思います。水彩色鉛筆はまだまだ奥が深そうなので、私も一緒になって使い方を勉強していきたいですね。
 
水彩色鉛筆、おすすめです!
 

この記事のシェアはこちらから!