[大人の習い事]空手は自宅でもできる! 30分だけでも運動するのが継続のコツ

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

2015年7月から空手を習いはじめました。週に3回は道場へ通うようにしているんですが、どうしても都合がつかない日もあります。

今回は「わたしが実践している運動を継続するコツ」を紹介します。

ほんの少しだけでも身体を動かしておくと、気持ちが途切れないんですよね!

この記事では空手の稽古を通じて感じたこと、得た情報を紹介します。(2015年8月3日の空手日記)

※ 記事の公開後に情報の更新や写真の追加をしていることもあるので、「日記」とは少し意味合いが違います。

30分だけでも空手道場へ

わたしが通っている道場は平日は夕方〜夜にかけて練習時間が3コマあるんですね。

  1. 17:30〜18:30
  2. 18:30〜19:30
  3. 20:00〜21:00

わたしは仕事を早く終わらせて帰宅できた日には20:00〜のコマに参加しています。

もちろん本来はきちんとスタート時間に間に合わないといけませんが、わたしが通っている空手道場では途中からでも練習に参加させてもらえます。

道場の考え方によって違うと思いますが、こういう融通が利くかどうかも道場を選ぶ時のポイントになるかも知れませんね。

わたしが働いている会社では「ノー残業デー」が導入されているので、この日はちゃんと20:00の稽古に間に合うんです。

ですが、どうしても20:00〜のコマに間に合わない時には途中から練習に参加しています。

ごりら

たとえ30分だけでも!!

ほんの少しだけでも道場へ足を運んでおくと次からも行きやすいです。習い事ってちょっと間が開いてしまうとどんどん足が遠のいてしまいますよね…

空手は自宅でもできる!

実際に空手を習いはじめてから気づいたんですが、空手の練習って家でもやれることがあるんです。

実は空手には「伝統派空手」と「新空手」という大きく分けて2種類があるんですね。

わたしが子どもといっしょに習っているのは「新空手」と言われる空手で、知らない人はK-1をイメージするとわかりやすいです。

そう! ボクシングと同じようなグローブを着用するんです。道場では大鏡の前でシャドーボクシングのような練習もしています。

もちろんシャドーは自宅でもやることができますよね! うちは子どもが習っているHIP HOPの練習用に大型ミラーを買ったんですが、これが空手のシャドーの練習でも役に立っています。

どうしても空手道場での練習に間に合わなかった場合には夜な夜な自宅でシャドーをしています。

ちなみに「ビッグミットライト」を購入すると自宅でもミット打ちができるのでおすすめです!!

運動系の習い事を継続するには!?

運動系の習い事を継続するには2つポイントがあります。

  1. モチベーションの維持
  2. 体力・筋力の維持

わたしは学生のころにフィッネクラブへ通っていたことがあったんですが、正直なところ全然続けられなかったんですよね。

学生のころのフィッネクラブと今の空手道場の一番の違いはほんの少しの時間でも通っているかどうかです。

行けない日が続いてしまうと、なんとなく行きづらくなってしまいますもんねー。

たとえ練習に参加できなくても、その場所へ行くだけでもモチベーションを維持できるんですよ。

ごりら

ほんの少しだけでも身体を動かしましょう!!

この記事のまとめ

今回は「わたしが実践している運動を継続するコツ」を紹介しました。

わたしが習っている空手は意外と自宅でできることもあるので、それが継続できるポイントにもなっています。

せっかくはじめた習い事ですからね、これからも継続していきますよー!

あなたの役に立つ!? 関連記事

万が一なにかの理由でトレーニングを長期間中断してしまったとしても、トレーニングを再開すれば筋力・筋肉量は戻って来ます。

このことを「マッスルメモリー」って言うんです!

この記事のシェアはこちらから!