悲運の名将! 長宗我部盛親が眠る蓮光寺(京都)

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

“本家”と“元祖”

今日は家族でお墓参りへ行ってきました。子どもたちもお墓を水で流してくれたりしていました。「“本家”のお墓もきれいにしてね。」とばあちゃんに言われたうちの息子が「そっちが“本家”やったら、こっちは“元祖”?」と聞き返しておりました…。完全に『妖怪ウォッチ』の影響ですね…。
 

59b12ec2

 
子どもがすぐに影響を受けるものと言えば、“お笑い”もそう。最近はエグスプロージョンにハマっています。「本能寺の変」「関ヶ原の戦い」「島原の乱」「ペリー来航」をテーマにしたリズムネタでブレークしている…ようです。
 
「関ヶ原の戦い」 踊る授業シリーズ 【踊ってみたんすけれども】 エグスプロージョン


 
実は「関ヶ原の戦い」や「大坂の陣」に参戦した、長宗我部盛親のお墓が近くにあります。長宗我部盛親は、長宗我部元親の4男。関ヶ原の戦いで徳川家康の東軍に付くはずが手違いで西軍に付くことになってしまい、そこからは悲運の連続。最期は京都の六条河原で斬首されてしまうものの、「死に及んでいささかも怯じたる気配なし」と記される立派なものだったようです。

 

02aed489

 

長宗我部 盛親

長宗我部 盛親(ちょうそかべ もりちか)は、安土桃山時代から江戸時代前期の土佐の大名・武将。長宗我部氏第22代当主。長宗我部元親の4男。
父・元親の死後に長宗我部家の家督を継ぐ。関ヶ原の戦いで西軍に属すが、敗色濃厚と見て戦わず帰国し、徳川氏に謝意を表した。しかし、兄・津野親忠を殺したことをとがめられ、領国を没収され浪人となった。のち豊臣側から故郷の土佐一国の贈与を条件に旧臣と共に大阪城に入城、大坂の陣が勃発し、激戦奮闘を繰り広げるが敗北した。

※『』より引用しました。

 

蓮光寺

住所
〒600-8119 京都市下京区本塩竈町534
オフィシャルサイト
蓮光寺

この記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA