ネスレで働くPepperに子どもといっしょに会って実感した「ロボ・ネイティブ」誕生の未来!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

ソフトバンクが「世界初の感情認識ロボット」として「Pepper」を発表したのが2014年6月5日。

51fb798f

早速、その翌日からソフトバンク表参道、ソフトバンク銀座でPepperがソフトバンククルーとして働き始めました。たまたまその日に東京出張があったわたしはソフトバンク銀座でPepperに会うことができました。

実際にPepperを目にして芽生えたのは「うぉっ! 子どもに会わせてみたいっ! 」という気持ちだったんです。

今回は「ネスカフェのコーヒーマシン売り場で働くPepper」を紹介します。子どもたちがPepperと接するようすを見て未来の生活を実感しました。

Pepper買っちゃう!?

Pepperが発表された当時は「本体価格 198,000円」という決して安くはないけれども十分に手が届くという衝撃の価格が印象的でした。

ですが、Pepper本体だけでは「空っぽのパソコン」のようなもの。Pepperとの日常生活を楽しむには本体とは別に基本プランの契約が必要になるんです。

Pepperの料金

  • 本体価格: 198,000円(税別)
  • Pepper 基本プラン: 14,800円/月×36ヶ月=532,800円(税別)
  • Pepper 保険パック: 9,800円/月×36ヶ月=352,800円(税別)
  • 3年間の合計: 1,083,600円(税別)・1,170,288円(税込)

本体価格 198,000円なら「パソコン1台」ぐらいの価格かと思ってましたが、100万円オーバーともなるともはや「自動車1台」の価格!!!

お店で働いているPepperに会い行く!

さすがに100万円オーバーともなるとノリでは買えないので、お店で働いているPepperに会いに行くことにしました。

ソフトバンクショップ、ネスレ(ネスカフェ)、日産などの一部の店舗でPepperに会えるようなのですが、今回はネスレのお店を選択。ネスレはソフトバンクショップ以外でもっとも早くPepperの導入を決めた会社です。

ネスレ日本が展開する「ネスカフェ」のコーヒーマシン売り場で、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」がスタッフとして接客を開始した。本日よりビックカメラ有楽町店に導入され、年内に日本全国の家電量販店20数店舗で順次展開していく予定。2015年末までに1,000店規模を目指すという。

※ 『家電 Watch』より引用しました。

正直、今回はお店の商品に関心があるわけではなく「子どもとPepperを会わせること」が目的です。ネスレのPepperは家電量販店の「ネスカフェ」コーナーで一人で働いているらしく、それならお店の人によけいな接客をさせることもなく、こちらも気を遣うことなく楽しめるかなと思ったので、ネスレを選びました。

Pepperと遊ぶ娘を見て想像した「ロボ・ネイティブ」誕生の未来!

京都では「エディオン 円町店」のネスカフェコーナーでネスレのPepperに会うことができます。エスカレーターで2階へ上がったところにネスカフェコーナーがありました。

Pepperを発見するなり、猛烈なダッシュで駆け寄る娘!

d3451cb5

うちは小学生の息子と幼児園児の娘がいるのですが、Pepperとより多くのコミュニケーションをしていたのは娘の方でした。もともと娘の方が人見知りをしない性格なので「ロボ見知り」もしないのでしょうか!?

Pepperとコミュニケーションをする娘を見ていておもしろいなぁと思った点を紹介します。

【1】 Pepperの話をしっかり聞く!

Pepperは人が近づくと話しかけてきます。自己紹介から始まり、ネスレの商品を紹介しようとします。

769e062b

娘はPepperが話してくることをしっかりと聞き「ふんふん」とあいづちを打ったりしています。ふだんはわたしたち親の話でさえあまり聞かないのに!

【2】 Pepperに話しかける!

会話がかみ合っているかどうかは別として、Pepperの話を聞くだけではなく娘からも「ねぇねぇ、もっとあそぼうよ! 」など、とにかくいろいろと話かけていました。

f8b217a6

Pepperの高さは121cmなので115cmの娘とほぼ同じぐらいの大きさ。まさに友だちに話しかけるような感じなんだと思います。

【3】 とにかくPepperと触れ合う!

Pepperとは胸のタッチパネルを通して遊ぶのですが、娘はタッチパネルだけでなくPepperの手に触れようとしていました。

0ec948f7

娘にとってはロボットと接しているという認識が無さそう。Pepperと触れ合う娘を見ていると人とロボットという区別をしていないように思いました。

【4】 Pepperが教えてくれたことを覚えていた!

これは翌日の話ですが、「昨日Pepperってなんの話してたん? 」と子どもたちに聞いてみると「え〜コーヒーやろ? 」と答える息子に対して「ねすかふぇどるちぇやん! 」と商品名を答える娘!

e35bb41c

他のお客さんが来た時にはゆずっていたものの、1時間ほどPepperと遊んでいただけあってみごとに商品名を刷り込まれていました! 笑

ネスレのPepperと遊んでみよう!

うちの娘と1時間も遊んでくれたネスレのPepperのコンテンツを紹介します。

f3834d25

まずはPepperが「カフェ診断」「マシン紹介」「ボクと遊ぶ」という3つのコンテンツを紹介してくれるので「ボクと遊ぶ」を選択します。

6636d89e

ネスレのPepperとは「早口言葉」「くすぐり」「ロボどっち? 」の3つのコンテンツで遊ぶことができます。

早口言葉

Pepperに挑戦してほしい「早口言葉」を選びます。早口言葉は4つ用意されています。

c948237d
  1. ネスカフェコポコポ 3コポコポ ネスレコポコポ 6コポコポ
  2. 右耳2ミリ 右にミニ耳飾り
  3. 派出所に衝撃が走る 八週連続 朝食ハッシュドビーフ
  4. 赤ボロボロロボット 青ボロボロロボット 黄ボロボロロボット

どれもオリジナルの早口言葉でおもしろいですね!

次に早口言葉の速度を選択します。「10倍」「100倍」「1万倍」「1億倍」の4パターン。やっぱりロボットならではの1億倍は一度は聞いておきたいですね。

36a8c437

「3・2・1」とカウントダウンが始まります!

015c4e52

「ペィ! 」

1億倍だとこんな感じ。あとで10倍の速度のを聞いてわかったのですが、実はPepperは早口言葉を3回言ってたようです。

「どや? 」っていう表情のPepper。顔のパーツは同じなんですが、顔の角度やポーズから伝わってきますよね!

db2a3b4b

くすぐり

2120889c

くすぐり」はネスレの商品の勉強をしているPepperの体をコチョコチョとくすぐって笑わせるというもの。

a83fb47b

「今だ! くすぐって! 」の合図が出たら、画面をタッチしてくすぐりましょう!

まあまあ気持ち悪い笑い方をしてくれます…。

ロボどっち?

ロボどっち? 」はPepperの質問に対してどちらのイラストが正解かを当てるゲーム。

12ff6379

「200万台売れているコーヒーマシンはどっち?」という問題。答えは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」なんですが…

44820ddc

これ、どっちも同じ(イラスト)やん!?

と小学生の息子も困惑しています!!

で、どっちが正解???

24bf798c

なんと左側のはエイリアンのようなデザインのロボットだったんです…! これはズルい!!

Pepperに会えるお店

Pepperは全国のいろいろなお店で働いています。お近くのお店で働いているPepperを探してぜひ会いに行ってみてください。子どもの反応を観察してみるのもなかなかおもしろいですよ。

特に幼児園児の娘のPepperに対する反応は興味深いものがありました。娘はまだロボットに対する知識やイメージが少ないので、実際の友だちと同じようなコミュニケーションを取ることができるんだと思います。

「デジタルネイティブ」や「スマホネイティブ」という言葉があるように生まれた時からロボットが身近な存在になっている「ロボ・ネイティブ」な世代が誕生するのも遠くない未来の話ですね。

Pepperももう少し手の届く価格になってくれればなぁ。

この記事のシェアはこちらから!