試合の前に…空手胴着の帯の締め方を覚えよう!/本日(10/12)の空手道場!

ごりら

こんにちは! ごりら@goriluckey)です!!

試合に向けて調整段階へ。

昨日は地域の運動会に参加していたため、試合前の息子だけが稽古へ行きました。今日は祝日ですので、子どもたちと一緒に“親子空手”です!私たちが通っている道場は祝日も稽古をしてくださるのでありがたいです。私たちの他にはアシダさんご夫妻が来られていました。アシダさんのところはご家族も仲が良いですが、ご夫婦としてもすごく仲良し。超素敵です!
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 18:30〜19:30
⚫︎準備運動
⚫︎基本技の練習
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
⚫︎基礎トレーニング
・腕立て伏せ×20回
・スクワット×20回
・腹筋×20回
⚫︎ミット打ち/シャドー
・2分間×5セット
※インターバルは腕立て伏せ10回と股割りストレッチを各自で実施します。
⚫︎マススパーリング
・2分間×4セット
⚫︎ミットの基本技セット
・ワンツー×10本
・ジャブ・ストレート・フック×10本
・右ミドル×10本
・左ミドル×10本
⚫︎整理体操
 

本日のグローブ

本日ももちろん「THAISAMAI(タイサマイ)」のグローブを着用させていただきました。軽くて柔らかいのがお気に入りです。道場にあるのはブラック。
 

【isami イサミ オフィシャルサイト】スパーリンググローブ(ソフトタイプ) 14オンス


 
※グローブは道場でお借りしています。
 

相手のハイキックには注意!ポイントを取られてしまいます!

以前から先生に言われていた通り、日曜日の試合に向けて今日からは調整段階です。激しい稽古をするのではなく、疲れを残さないような稽古にしようとのこと。ミット打ちは先生が受けてくださるのですが、先日までの魔裟斗選手のトレーニングのような激しさは無く、技の正確さを高めるように指導を受けていました。ただ、実戦に近い稽古であるマススパーリングは1本だけ全力でやるようにとの指示。“全力でやられる”相手は…もちろん私です!いつも以上にボッコボコにされてやりました。
 
先生から注意するように言われたのは、相手のハイキック。ハイキックを食らってしまうと相手にポイントが加算されるので、それを取り返すのはかなり困難になります。試合慣れしている選手はポイントを稼ぐためにハイキックを狙ってくるそうです。2度目のマススパーリングではハイキックを意識しながら行いました。
 

稽古後に、空手胴着の帯の締め方を再確認!

私たちが通っている道場では普段は空手の胴着を着用していません。普通のTシャツとジャージで練習しています。(そもそも私は空手胴着を持っていないですし…。)今回、試合に出る息子だけが胴着を購入しました。まだ空手胴着を着慣れていないので、帯の締め方もままなりません。試合うんぬんの前に、まずは帯の締め方をしっかりと覚えないと…。道場で先生に教えてもらったのですが、なんと『YouTube』にもいくつかの動画が公開されていました。YouTube、最高です!胴着を着用する人の目線のこの動画がわかりやすかったです。
 
空手 道着 帯 結び方 ~より見やすく、より分かりやすく~


 
今回息子が出場する試合は対象ではないようですが、新空手の試合は試合中に帯が解けてしまうと減点1点になってしまうらしいです。厳しい!とは言え、やはり胴着もビシッとしていた方が格好良いですもんね。帯の締め方も、試合までにしっかり練習です!(まだ全然着用していないので、帯も買った時の折り目が残っていますね…。)

この記事のシェアはこちらから!