子どもに「機会を与えること」の大切さ/本日(12/06)の空手道場!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

親子で空手道場に通っていますが、空手の稽古の最中にも「育児のヒント」になることがよくあります。
 
今回は子どもに「機会を与えること」の大切さについて。子どもの性格もさまざまなのでもちろん画一的にはいきませんが、うちの幼児園児の娘を攻略するポイントを発見した気分です!
 

12月6日(日)の空手道場!

本日のメンバー

本日は中学生のタナカくん、小学生のリクくんと弟で幼児園児のクウくん、小学生のマナベくんと姪っ子のハルカ、そして私と私の娘というメンバーです。息子は風邪をひいてお休みです。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

娘が積極的に前に出た!

私たち親子が通っている空手道場では稽古を始める前に準備体操、終わる時には整理体操をします。通常は先生が前に立ち、先生の掛け声に続いて身体を動かします。
 
前日の稽古の終わりの整理体操の時に、先生の代わりに前に立って体操の進行をする役割を小学生のマナベくんに任せようとした時のこと。恥ずかしがって躊躇しているマナベくんの代わりに、幼児園児の娘が積極的に前に出て行きました。
 
先生も「じゃあやってみるか。」と言ってくださったのですが、親としてはみんなに迷惑をかけないか心配で仕方ありません。特にこの日は稽古の最中にもあまり元気が無かったり、わがままを言ったりしていたので。
 
ですが、みんなの前に立った娘は満面の笑みで、いきいきとした表情をしています。進行こそ先生にサポートしてもらいながらなんとか進められたという感じでしたが、楽しそうに役割を果たす娘の表情が印象的でした。
 
そして、本日も準備体操の時にみんなの前で体操の進行を任された娘は明るい表情でその役割を果たします。体操の順番はまだ覚えていないのですが、なんと家に帰ってからも体操の進行の仕方を練習するほど一生懸命になっています。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 10:30〜11:30
●準備運動
●基本技の練習
・中段の正拳突き×10本
・上段の正拳突き×10本
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
●基礎トレーニング
・腕立て伏せ×10回
・スクワット×10回
・体幹トレーニング1分
●ミット打ち
●マススパーリング
●整理体操
 

機会を与える」というのは子どもの成長においてとても大切なことですね。娘は体操の進行を自分から積極的にやろうとしているので、いろいろな意味で成長してくれたらなぁと願うばかりです。
 
自分自身がみんなの前に立って稽古を進行するという経験をすれば、相手の立場を考えて稽古に取り組めるようになるかも知れません。空気が読めず、まわりの人に迷惑をかけることもある娘にとっては特に良い経験をさせてもらっていると思います。
 
家庭でももう少し子どもが成長できるような「機会」を意識的に与えていこうと思います。

この記事のシェアはこちらから!