小学生の戦い方のセオリーを意識する!/本日(09/13)の空手道場! 2015/09/13

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

息子は少し体調が悪く、娘は単にご機嫌ナナメな日曜日の朝。念のため息子の体温を計り平熱でしたので、空手の稽古へ行くことにします。昨日の夜は家族4人でランニングをしたので、疲れが残っているのかも知れません。「無理をさせない」ということと「甘やかさない」ということ。なかなか判断が難しいことがあります。
 
今日は小学生のマナベくんと一緒に稽古です。中学生のタナカくんは昨日に引き続き欠席。先週の厳しいスパーリングの影響かなと心配しておりましたが、後ほどテスト期間中ということがわかって一安心です。また来週から一緒に稽古したいものです。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日のグローブ

THAISAMAI(タイサマイ)/14オンス
※グローブは道場でお借りしています。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 10:30〜11:30
⚫︎準備運動
⚫︎基本技の練習
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
⚫︎ミット打ち/シャドー
・2分間×4セット
※インターバルは腕立て伏せを10回、股割りストレッチをします。
⚫︎ミットの基本技セット×2回(受ける側)
・ワンツー×10本
・ジャブ・ストレート・フック×10本
・右ミドル×10本
・左ミドル×10本
⚫︎キックの捌き練習
・ローキック×10本
・ミドルキック×10本
⚫︎マススパーリング×1ラウンド
⚫︎整理体操
 
本日もマススパーリングは息子と。昨日の一般部の稽古の後に、小学生の試合をYouTubeで見せてもらいました。小学生の低学年でも決勝戦ともなるとかなり鋭い技の応戦がありました。マススパーリング後の先生からのご指導では「ローキックで意識を下に向け、距離を詰めてパンチを打ち込み、最後にミドルキックを蹴り込むのが小学生の試合のセオリー」とのことでした。まだまだ初心者ですが、だからこそ、この基礎をしっかりと意識して稽古に取り組んでほしいと思います。

この記事のシェアはこちらから!