亀岡運動公園の「かめプー」はコスパ最強! 流水・造波・スライダーがある市営プール!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

暑い夏の日はやっぱりプールが気持ち良いですよね! でも実際に遊びに行ってみると思ったよりも人が多くて全然爽快じゃなかった…なんてこともあります。

今回は亀岡運動公園プール、通称「かめプー」を紹介します。市営なので料金が安くて、その割にめちゃくちゃ充実してるプールなんです!

亀岡運動公園プール「かめプー」の情報

かめプーは京都縦貫自動車道の「亀岡」インターチェンジからクルマで3分ほどのところにあります。京都市内からのアクセスも良いので利用しやすいんですよね〜。

住所
〒621-0015 亀岡市吉川町吉川町吉田上河原24
入場料
・一般:1,230円
・小中学生:500円
・幼児:100円
開場時間
10:00~17:00
電話
0771-22-8810(プール期間中)
駐車場
無料

さすが市営プールなだけに安価な料金設定がうれしいんですが、駐車はなんと無料です。けっこう広いので満車になるってことはあんまり無いんじゃないかな〜。

名前の響きが似ているひらかたパーク(ひらパー)のプール「ザ・ブーン」の場合は大人2,300円、子ども1,300円です。駐車場も1,500円もかかります。いかに「かめプー」の料金設定が魅力的かわかりますよね!

「かめプー」はプールの種類が豊富!

これはわたしのイメージかも知れませんが「市営プール」って聞くと地味ぃ〜な感じがします。25mプールと子ども向けのプールだけしかない、みたいに。

ですが、「かめプー」は良い意味で期待を裏切ってくれるんですよ。プールの種類がけっこうあるんです!

かめプーにあるプールの種類

  • ウォータースライダー(2本)
  • 造波プール
  • 流水プール
  • 競技用プール
  • 子ども向けプール

何より気になるのがウォータースライダーですね! 「かめプー」のウォータースライダーは全長100メートルのやつが2本もあるんです!

a9ff3be0

もちろん追加費用なしで楽しめます。(子どもたちを説得して)列に並んで見ました。この時は階段の一番下まで列ができていたんですが、並び始めてからすべるまでは約40分でした。

100メートルのウォータースライダーはおとなも十分に楽しめます。ぜひ、子どもといっしょにどうぞ!

そうそう! 注意点がひとつあってウォータースライダーで遊ぶには身長120cm以上が条件なんです。

造波プールで遊べるのは1時間に10分間だけ。造波が始まる時にはちゃんと放送で案内されるので、造波プールへGO!

流水プールもけっこう浅めです。もちろん子どもから目をはなすのは厳禁ですが、小学生なら安心して遊べるんじゃないでしょうか。

こちらは小さい子どもでも安心して遊べるプール。

4a3a1afd

プールサイドや売店のようす

「かめプー」はサンシェードの持ち込みが可能でした。わたしは持って行ってないんですが、プールサイドにズラリと並んでました。いくらプールとは言え陽射しが強い日は熱中症も怖いですもんね。

売店があるのでお昼ごはんはここで。プールの料金に比べると正直コスパが良いとは言えないですね〜。

売店のメニュー

  • うどん(きつね・天ぷら):500円
  • 焼きそば:500円
  • カレー:550円
  • チキンナゲット:300円
  • ポテトフライ:300円

他にもフランクフルトやかき氷、アイスクリームも売られています。

ba32bc28

プールサイドには自動販売機があるんですが、1台だけなので暑い日には売り切れている可能性もありますね。

今回は亀岡市営の「かめプー」を紹介しました。

めっちゃくちゃ空いてるってこともないですが、このプールの種類でこの料金ならもっと混んでいてもおかしくないんじゃないかな〜と思います。まさにコスパが良いんです!

京都市内からも好アクセスなのがうれしい、夏のおすすめスポットです!

この記事のシェアはこちらから!