いちご大福のレシピが簡単すぎる!! 子どもといっしょにつくったゾ!!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

なにをかくそう、わたしは料理がめちゃくちゃ苦手なんです…。なので、子どもといっしょに上手に料理をつくるっていうのはちょっとした憧れなんですよね〜。

今回は「子どもといっしょに簡単につくれるいちご大福」を紹介します。

うちの子どもは小学生なんですが、もっと小さな子どもでも楽しみながらつくれると思いますよ!

ごりら

それぐらい簡単っ!!

いちご大福の材料

わたしのように料理が苦手な人でもいちご大福が簡単につくれるのはそもそも材料が少ないからなんですね…!

今回使った材料はこんな感じでした。

…ええ、これ、結果論なんです。「振り返ってみたらこれだけ使ってました」っていうのが正しい表現ですね〜。

いちご大福の材料

  • いちご: 19個
  • あんこ: 800g
  • 白玉粉: 360g
  • 水: 400cc
  • 砂糖: 135g

まあ、あんこからつくるとなると話は変わってくると思うんですが、今回はイオンで購入しました。

イオンで購入した「こしあん」と「白玉粉」

あんこは「こしあん」と「つぶあん」がありますが、特に小さい子どもといっしょにつくる場合はいちご大福は「こしあん」の方がつくりやすいんじゃないかと思います。

ほら、いちごをあんこで包む時にこしあんの方が包みやすいんですよ。

いちごをあんこで包む

いちご大福をつくってみよう!!

それではいちご大福をつくってみましょう! いちご大福ができるまでの全体的な流れはこんな感じです。

いちご大福のつくり方

  1. いちごを準備する
  2. いちごをあんこで包む
  3. 生地をつくる
  4. 生地で包む
ごりら

だいたい40分ぐらいでできましたよ〜!

いっしょにつくる子どもの年齢にもよりますが、30分〜60分ぐらいでできるんじゃないでしょうか。

[1] いちごを準備する

まずはいちごの準備をします。当たり前なんですが、小粒のいちごを選んだ方がつくりやすいですよね。

ごりら

もう少し小さくても良かったかな…

いちごを洗う

いちごを水で洗った後、キッチンペーパーで水分を取ります。料理が苦手なわたしが奇跡的に気づきました…!

いちごの水分を取る

ヘタを取っていちごの準備はOKです。

いちごのヘタを取る

[2] いちごをあんこで包む

次にいちごを包むためのあんこをボールに出しておきます。

あんこをボールに出す

いちご大福1個分のあんこを手のひらに乗せます。

いちご大福1個分のあんこを乗せる

ごりら

今思えば1個あたりのあんこの量が多かったのかも…!

あんこの上にいちごを乗せて…

いちごを乗せる

これはいちごが見えなくなるようにあんこで包んでいるんでいるところです。いや〜やっぱりちょっとあんこが分厚い気がしますね〜。

いちごをあんこで包む

なんとかいちごを包み込みました。表現は良くないかも知れませんが、子どもにとっては粘土遊びに近いんじゃないかと思います。

いちごが見えないように包もう!

次から次へといちごを包んでいきます。子どもがいちごを包むたびに1個ずつあんこを切り分けていたんですが、最初に適量を小分けしておくと良かったですね…。

どんどん包んでいこう!

あんこが無くなるまでいちごを包んだ結果、19個の中身ができ上がりました。

19個分の中身ができた!

ごりら

19個のいちご大福ができるってことや!

[3] 生地をつくる

このいちご大福をつくる時の一番の手間が生地づくりですね。

まずは白玉粉2袋分を耐熱ボールに入れます。耐熱ボールというところがポイントなんですね。

2袋分の白玉粉

水をドバッと投入!

水を投入!

砂糖も忘れずに投入しましょう。

砂糖を投入!

白玉粉をかき混ぜます。こういう作業は子どもがやりたがりますよね〜。ですが、はじめは少しかためなので、子どもの年齢によっては混ぜやすくなるまでは大人がやってあげる方が良いかも知れませんね。

白玉粉をかき混ぜる

粉っぽさが無くなればOKです!

粉っぽさが無くなればOK!

かき混ぜた生地のもとを電子レンジで温めます。どれぐらい温めれば良いのかってことなんですが、まずは500W・30秒の設定で温めました。

電子レンジで温める

電子レンジで温めると少しずつお餅っぽい色になっていくんですね〜。

少しお餅っぽい色になった!

電子レンジから出して、今度はしゃもじでかき混ぜます。生地に粘りが出てくるのでしゃもじじゃないとかき混ぜられないんですね。「電子レンジで温める→かき混ぜる→電子レンジで温める」を繰り返すとまるでお餅つきをしているかのような感じになってきます。

お餅つきみたい!!

トレイの上にサランラップを敷いて、片栗粉をまぶしておきます。

生地を置くトレイを用意

トレイの上で生地を伸ばして完成!

生地が完成!

[4] 生地で包む

最後はいちごを包んだあんこを生地で包めば完成ですね!

中身を包みやすいように生地を伸ばして手のひらに乗せます。

伸ばした生地を乗せる

その上にいちごを包んだあんこを乗せます。

いちごを包んだあんこを乗せる

ごりら

な、なんか生地が座布団みたいやけど大丈夫か…!?

生地を伸ばしながら中身を包んでいきますが、中身が大きいと包みにくいですね〜。

中身が大きいと包みにくい…!

小学校高学年の息子はコツをつかんでからはけっこう上手に包めるようになりました。

息子がつくったいちご大福

時間が経てば経つほど生地がかたくなってしまうので、できる限り早く包むのがポイントです。

中身をぜんぶ包んで19個のいちご大福ができ上がりました! カタチはバラバラですし、あんこがはみ出しているのとかもありますが

それでもできたで〜!!

カタチはバラバラ

ごりら

自分たちでつくった食べ物は美味しそうに見えるな〜!

いちご大福を食べよう!!

なんだかゴツゴツしている感は否めませんが、さあ、でき上がったいちご大福を食べてみましょう!

いちご大福が完成!

半分に切って見ると、あんこが多すぎるような感じがしますね〜。

半分に切ったところ

ごりら

いっただきま〜すっ!!

いただきますっ!!

この記事のまとめ

今回は「子どもといっしょに簡単につくれるいちご大福」を紹介しました。

まあ、ぶっちゃけ自分たちでつくった要素は少ないんですが、生地はもちもちと良い感じに仕上がっていましたし、あま〜いあんこの中からじゅわっと広がるいちごの酸味が美味しかったですよ〜。

何より子どもといっしょにつくれる手軽さが良いですね! ぜひ試してみてください。

あなたの役に立つ!? 関連リンク

子どもといっしょに料理やお菓子をつくるのって楽しいですよね! 焼きドーナツもカンタンにつくれる…いや、それっぽくは仕上がりますよね〜!?

この記事のシェアはこちらから!