[伏見稲荷と古典]初午大祭を舞台に繰り広げられる『今昔物語』屈指の爆笑ネタ!

こんこん、こんにちは! 伏見稲荷大社・稲荷山の観光ブロガー、ごりら(@goriluckey)です。

わたしが住んでいる京都の風景や地名は古典に登場することがよくあるんです。

古典って聞くと受験勉強を思い出して「うへ…」ってなる人も多いかも知れませんね〜。

今回は「『今昔物語』に描かれる伏見稲荷の初午大祭でのできごと」を紹介します。

『今昔物語』の巻二十八は平安時代の爆笑ネタが集められている巻なんですが、中でも伏見稲荷での話はめちゃくちゃアホらしい話です。

どうぞ、ごりら風味の意訳をお楽しみください!

『サラリーマン重方(しげかた)』-伏見稲荷でナンパ失敗!

今となってはもう昔の話。

毎年2月の「初午の日」には「伏見稲荷の初午大祭」が行われる。この日は京都中の人びとが伏見稲荷へ参詣するのが習慣だ。

この話は、いつもの年よりも伏見稲荷へ参詣する人が多かった年に起きたあるサラリーマンの…ぷぷっ、悲劇の物語なのであるッ!!

サラリーマン重方、伏見稲荷へ行く

この日、悲劇の主人公となるサラリーマンもまた仲間といっしょに伏見稲荷を訪れていたのだった。

彼らは尾張兼時…ん〜読みにくいからこの際ニックネームで進めるとしよう。

カネトキノスケシゲTAKEタメキンちゃんは後輩たちにお弁当やお酒を持たせて伏見稲荷へ出かけた。

稲荷山の鳥居

稲荷山の鳥居

サラリーマン重方、運命の人と出会う

彼らが稲荷山の山中にある「中のお社」の近くまでやって来た時、たくさんの人たちが行き交う中にひときわ美しい女性を見つけたのだ!

その女性は濃い紫のジャケットをビシッと着こなし、ファッションセンスもさることながら、とにかくセクシーであった。

伏見稲荷にセクシーな女性が!!

伏見稲荷にセクシーな女性が!!

彼女は彼らのギラギラとした獲物を狙うような目に気がついたのか、その場を小走りで走り去り、木の陰に隠れてしまった。

このサラリーマンたちは…いやいや、このゲスなオトコたちは彼女の前を通り過ぎる時に

ノスケ

うっひょ〜!! ねえちゃん、良いケツしてんな〜!!

などとヒワイなことばをかけてみたり、その女性に近づいて下から舐めまわすような視線で女性の顔を見上げたりしたのだ。

サラリーマン重方、必死で口説く

中でもシゲはふだんからオンナたらしのゲス野郎なので、妻にはいつも浮気を疑われ、口げんかが絶えない。

この時もついついシゲの悪いクセが出てしまった。

彼はこの美しい女性の横に立ち止まってみたり、女性の顔をずっと見つめたままいっしょに歩き、時にはからだをピタッとくっつけたりしながら必死で口説いた。

女性に近づくシゲ

女性に近づくシゲ

すると、その女性はこう言った。

女性

あなた、結婚してるんでしょ? そんな軽い気持ちではじめて会った女性に声かけるってどういうつもりなん?

そう言いはなった女性の声も、シゲにはとても魅力的に感じられた。

今度はシゲが女性に対してことばを返した。

シゲ

たしかに、オレな、結婚してるで。

でも、実はヨメとはぜんぜんうまくいってないねん…

うぅ…もしもこんな悲しい気持ちを忘れさせてくれる女性に出会ったら、オレはそのヒトと新しい人生をともにしたいと願ってるんやで、マジで!

女性

ほんまに…?

シゲ

きっと伏見稲荷の神様も見てるんやな。オレはずっとこの日の出会いを願ってここに来てたんやわ!!

伏見稲荷の神様が今日の出会いを授けてくれたのかと思うと、ホンマに超絶うれしいわっ!!

で、その…おねえさんはカレシいてるん?

もはやシゲは気持ちを抑えることができなくなっていた。

一気に口説きにかかるシゲにその女性は言った。

女性

わたしもあなたといっしょ。3年ほど前にダンナを亡くして、良い出会いがあればな〜と思って伏見稲荷の神様にお願いしてるん。

あなたがほんまに本気ならLINEの交換ぐらい…

シゲ

(うっひょ〜っ!! やったで〜!! )

シゲは思わずガッツポーズをしそうになったが、必死で抑えた。

ところがその女性は

女性

ん〜、いや、やっぱりやめとこ!!

はじめて会った人とLINEの交換してもロクなことがないしな…。

さ、もう早くあっち行って!! ほなね〜!!

そう言い残して女性は立ち去ろうとする。

急転直下

LINEゲットが目の前にぶら下がっていたシゲは土下座でもするかの勢いで女性にすがりはじめた。

なりふりかまわないシゲ

なりふりかまわないシゲ

シゲ

ちょ、ちょ、ちょ…そんなこと言わんといて〜や!! 伏見稲荷の神様もお願い、助けて!!

よっし、もう家には帰らへんっ!! だからお願い、付き合おう!! な!? もう付き合おう!! お願いしますっ!!

シゲはもうなりふりかまわず、女性に頭を下げた。

………。

………。

その時だった!

その女性は突然シゲの髪の毛をつかみ上げ、思いっ切りビンタをぶちかましたのだ。

バッチコーンッッッ!!!

ものすごく大きな音が稲荷山に響きわたった。

………。

………。

シゲ

なにすんねん!!

さすがにビックリしたシゲは声を荒げその女性をにらみつけた。

そしてシゲはさらに驚いた!! その女性をよ〜く見ると

な、なんとそこに立っていた女性はシゲの妻だったのだ。

その女性はシゲの妻だった!!

その女性はシゲの妻だった!!

シゲ

えっ!? マ、マジで…??

状況が飲み込めずパニックに陥ったシゲは必死の思いでことばを絞り出した。

シゲ

な、なにしてんねん…!?

「なにしてんねん? 」ちゃうわ、アホ!!

あんたな〜!! わたし、いっつもカネトキとかに聞いてるんやで! 「シゲは女グセ悪いから気をつけや。」って!

わたしがからかわれてるだけかと思ってたけど、あんたの友だちが言うてたことが正しかったんやな!!

あんた、もう二度と家に帰って来んなよ!? もしも帰って来たら伏見稲荷の神様のバチがあたって顔面に矢が突き刺さるからなっ!!

うわ〜ホンマ、超腹立つわ〜っ!!

あんたなんかボッコボコにしたるから、お参りしてる人に笑われとけや、アホがっ!!

………。

………。

鬼のような形相でわめき散らす妻に対して、シゲは言った。

シゲ

おいおい、まあ、落ち着いて、な!? な!? オレが悪かった!! ごめん、この通り!!

シゲは必死で妻をなだめようとするが、妻の怒りはおさまりそうもない。

一方、シゲの友だちはシゲにこんな修羅場が訪れているとは知らず「シゲちゃん、どうしたんやろな〜? 」と振り返った。

すると下の方でシゲが先ほどの女性と取っ組み合いになっているのが見えた。

カネトキ

「おいおい、シゲちゃんなにやってんねん!!」

そう言いながら駆け下りて来たカネトキたちは呆然と立ち尽くすシゲと女性の顔を見てすべてを察した。

カネトキ

うわ〜シゲの奥さん! な!? だからいつも言うてたやろ!?

ホンマ、カネトキの言う通りやな。こいつのゲスっぷりを世の中にさらしてやったわ!!

妻はそう言い放つとようやくシゲの髪の毛を放した。

シゲはグチャグチャになった髪の毛を整えながら、稲荷山の上へと立ち去ろうとした。

妻はシゲに向かって

おまえは好きになったオンナのとこに行けよ!! 帰って来たらマジでブチ殺したるからなっ!!

と大声で怒鳴りつけ、稲荷山を後にした。

サラリーマン重方、その後

さて、伏見稲荷でボッコボコにされたシゲであるが、そこはさすがにメンタルが強い。なんとシゲは妻のいる家に帰って来たのだ。

シゲの必死のご機嫌取りが功を奏したのか、妻は少しずつ怒りがおさまってきたように思えた。

ご機嫌が戻った?

ご機嫌が戻った?

そこでシゲは妻に向かって言った。

シゲ

さすがオレの自慢のヨメやな〜。だからあんなに大がかりなドッキリができたんやな〜。

ところが、シゲのヨミは少し甘かった。

はぁ〜? だまれや、ボケ!!

あんたなぁ、自分のヨメの顔も声もわからんのんか!? 友だちにも笑われて恥ずかしいと思わへんの!? アホちゃうか!!

伏見稲荷でのできごとはすぐに会社中にも広がった。シゲは後輩たちにもネタにされる存在になってしまい、今やシゲは後輩の前でさえもコソコソとしている。

そして、その後シゲは妻よりも先に亡くなった。

妻は今、別の人と幸せに暮らしている。

解説─『今昔物語』当時の伏見稲荷・稲荷山

『今昔物語』に描かれた伏見稲荷はどうでしたか?

えっ? シゲの悲惨さしか頭に残ってない!?

せっかくなので『今昔物語』に描かれた伏見稲荷について少しだけ解説しておきますね。

伏見稲荷の初午大祭

シゲたちが出かけた伏見稲荷の初午大祭は実は今でも続いている伏見稲荷大社のお祭りのひとつなんですね。

稲荷大神様がはじめて稲荷山にご鎮座されたと言われる和銅4年(711年)2月11日が初午の日だったと言われています。

平安時代にこの日を記念日としてはじまったのが「初午大祭」なんです。

現代の「初午大祭」の日にも全国からたくさんの人たちが集まるので、伏見稲荷大社は大賑わいになります。

伏見稲荷大社の初午大祭

伏見稲荷大社の初午大祭

ただ、わたしははじめて『今昔物語』の伏見稲荷ネタを読んだ時に「えっ!? 伏見稲荷大社でナンパ?? 平安時代ってどんな時代やねん!! 」とビックリしました。

ですが、この時代には現代でもよく知られている「下鴨の葵祭」や「八坂の祇園祭」も人気があったんですね。

現代人の感覚からすれば、「祇園祭でナンパ」というのはしっくりこなくもない…。伏見稲荷の初午大祭も当時はそういうイメージだったのでしょうか?

稲荷山にある「中のお社」

『今昔物語』でシゲたちが女性に出会った場所に近い「中のお社」は現代の伏見稲荷大社の本殿のある場所とは違い、ご神体である稲荷山の山中にあったんです。

稲荷山にある上中下の3つの社に参詣するのが当時の習わしでした。

中之社神蹟(二ノ峰)

中之社神蹟(二ノ峰)

当時のお社は残念ながら応仁の乱によって消失してしまったそうです。お社のあった場所には「親塚」が建てられ、現在は神蹟地として残されているんです。

稲荷山は標高233mのそれほど高くない山ですので、伏見稲荷へお越しの際にはぜひ『今昔物語』に描かれた稲荷山へも登ってみてください!

この記事のまとめ

今回は「『今昔物語』に描かれる伏見稲荷の初午大祭でのできごと」を紹介しました。

現在の伏見稲荷大社は「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」(TripAdvisor (トリップアドバイザー))で2014年から3年連続で1位に選ばれ、国内だけでなく外国からの観光客もめちゃくちゃ多いです。

特に「初午大祭」の日はかなり混雑します。『今昔物語』で描かれたようなできごとが起こるかどうかはわかりませんが、神聖な場所でのナンパは止めておきましょうね!

2017年の伏見稲荷大社の「初午大祭」は2月12日(日)です。

ごりらの「ごり押し」!

ごりら

現代語訳は『新編日本古典文学全集 今昔物語』を参考にしました。

受験勉強を思い出してぶっ倒れそうになることもがありますが、ぐっすり眠りたい時にはおすすめです。

あなたの役に立つ!? 関連リンク

平安時代の伏見稲荷の初午大祭は『枕草子』にも描かれているんです。

清少納言がつづった稲荷詣も、ごりら風味に意訳しています。ぜひご覧くださいね〜!

この記事のシェアはこちらから!