[写真]雪の日の伏見稲荷大社・稲荷山は朱色が雪に映えて美しい!

こんこん、こんにちは! 伏見稲荷大社・稲荷山の観光ブロガー、ごりら(@goriluckey)です。

伏見稲荷大社のある京都・伏見は冬でもめったに雪が降ることはありませんし、雪が積もるのは1年に一度あるかどうかなんですね。

その伏見稲荷にも大雪が降りました!(2017年1月15日) しかも、この日は運良く日曜日だったので、朝から伏見稲荷へ行って来ましたよ〜。

今回は「雪の日の伏見稲荷大社・稲荷山」を紹介します。

真っ白な雪と伏見稲荷の朱色のコントラストがものすご〜く美しいんですよ!

伏見稲荷大社までの道

伏見稲荷大社の最寄駅は京阪「伏見稲荷」駅とJR奈良線「稲荷」駅です。

京阪「伏見稲荷」駅の方が少し離れているんですが、それでも表参道の「第一鳥居」までは徒歩5分ほどなんですね。

JR奈良線「稲荷」駅は改札を出るとすぐ目の前が表参道です。

雪の日のJR奈良線「稲荷」駅前

雪の日のJR奈良線「稲荷」駅前

ふだんであれば京阪、JR奈良線どちらでも良いと思いますが、大雪の場合、ダイヤが乱れにくいのは京阪電車の方です。

京阪の線路にもこんなに雪がつもっているので、電車が通るたびに吹雪のような雪が舞うんですね〜。それでもなぜかテンションが上がってしまいます!

雪の日の京阪「伏見稲荷」駅

雪の日の京阪「伏見稲荷」駅

京阪「伏見稲荷」駅から伏見稲荷大社へ続く道。もちろんまだお店は開いていませんが、警察の人たちが道路のチェックをしていました。

雪の日の伏見稲荷

雪の日の伏見稲荷

JR奈良線のすぐそばを流れる琵琶湖疎水の橋の上は真っ白! 雪がつもった橋の上ってめちゃくちゃ危ないですね。慎重に歩かないとすべってしまいそうです。

雪の日の伏見稲荷(琵琶湖疎水の橋の上)

雪の日の伏見稲荷(琵琶湖疎水の橋の上)

伏見稲荷大社へはふだんでもクルマでの参拝はおすすめしませんが、雪の降った日はほんとうに危ないので電車でお越しくださいね〜。

雪の日の伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の本殿には表参道と裏参道の2つのルートがあります。表参道はJR奈良線「稲荷」駅の目の前です。

表参道〜本殿

第一鳥居の前はふだんからたくさんの参拝客・観光客がカメラを向けている人気の撮影スポットのひとつなんですが、この日も午前7時ごろにもかかわらず、たくさんの人がいました!

雪の日の伏見稲荷「第一鳥居」

雪の日の伏見稲荷「第一鳥居」

表参道は第一鳥居から本殿までが一直線に続いているんですよ。すでに足あとの数がけっこうありますが、真っ白な参道の先に見える朱色の鳥居が目立っていますね!

雪の日の伏見稲荷「表参道」

雪の日の伏見稲荷「表参道」

第二鳥居と楼門です。伏見稲荷大社の中でも一番人気のある撮影スポットなんですよ。雪がすごいな〜!!

雪の日の伏見稲荷「第二鳥居と楼門

雪の日の伏見稲荷「第二鳥居と楼門

こちらは楼門から表参道を振り返ったところです。真っ白〜!!

雪の日の伏見稲荷大社「楼門から見た表参道」

雪の日の伏見稲荷大社「楼門から見た表参道」

ごりら

えっ!? 楼門のきつね像ですか!? のちほどまとめて紹介しますよ〜!

楼門をくぐると外拝殿があります。外拝殿は屋根が低いので雪で真っ白なのがよくわかりますね。

雪の日の伏見稲荷「外拝殿」

雪の日の伏見稲荷「外拝殿」

こちらは外拝殿の北側から見た内拝殿のようすです。いや〜ふだん見慣れた風景とは全然ちがう!!

雪の日の伏見稲荷「内拝殿」

雪の日の伏見稲荷「内拝殿」

裏参道〜楼門

ここで少し戻りまして、裏参道のようすです。京阪「伏見稲荷」駅からまっすぐ東へ歩くとこの場所に来ます。

ここを右へ曲がると先ほど紹介した第一鳥居のある表参道へ行けるんですよ。

雪の日の伏見稲荷「裏参道」

雪の日の伏見稲荷「裏参道」

裏参道には石の鳥居もあります。伏見稲荷大社ではこの大きさの石の鳥居はあまりないんですよ〜。雪の日の石鳥居はとっても冷たそうですね。

雪の日の伏見稲荷「裏参道の石鳥居」

雪の日の伏見稲荷「裏参道の石鳥居」

裏参道からも楼門、本殿へと行くことができます。

雪の日の伏見稲荷「裏参道から見た楼門」

雪の日の伏見稲荷「裏参道から見た楼門」

裏参道側から見る楼門も立体的で良い感じですよね。手前にあるのが手水舎なんですが、これだけ寒いとさすが水にはさわりたくないですよね…。

雪の日の伏見稲荷「楼門と手水舎」

雪の日の伏見稲荷「楼門と手水舎」

雪の日の稲荷山

伏見稲荷大社は本殿の背後に広がる稲荷山がご神体です。稲荷山は標高233mなのでふだんはハイキング感覚でのぼることができるんですね。

ごりら

雪の日の稲荷山は階段がすべりやすくて危ないです。気をつけてくださいね〜!

ここでは社務所のそばの鳥居から先を「稲荷山」として紹介しますね。

雪の日の稲荷山

雪の日の稲荷山

千本鳥居〜四ツ辻

有名な千本鳥居です。千本鳥居ってびっしりと鳥居が並んでいるので、ほんとうにトンネルのようになっているんですね。なので、雪の日でもそんなに印象が変わりませんね〜。

雪の日の伏見稲荷「千本鳥居」

雪の日の伏見稲荷「千本鳥居」

ですが、ほら! 外側から見ると真っ白な雪の中に続く朱色の鳥居が美しいですよね。

雪の日の伏見稲荷「千本鳥居」

雪の日の伏見稲荷「千本鳥居」

熊鷹舎のところにある新池です。めちゃくちゃ雪が降っていました。

雪の日の稲荷山「新池」

雪の日の稲荷山「新池」

三ツ辻の手前にある少し開けたところのようすですが、もうふつうに雪山ですね!

雪の日の稲荷山「三ツ辻」

雪の日の稲荷山「三ツ辻」

この黄色の果物はなんでしょうね? グレープフルーツ?

とにかく、真っ白な雪、黄色の柑橘、朱色の鳥居…なんだかめちゃくちゃアーティスティックな感じです!!

雪の日の稲荷山「三ツ辻」

雪の日の稲荷山「三ツ辻」

大松社のひょうたん型のお塚にも雪がつもっています。

雪の日の稲荷山「大松大神」

雪の日の稲荷山「大松大神」

四ツ辻にある鳥居の前のようす。四ツ辻は稲荷山の中腹にあってまわりに高い木がない分、参道につもる雪の量がすごい!!

これ、まだだれも通っていないんじゃなくて、足あとの上にどんどん雪がつもってるんですよ!

雪の日の稲荷山「四ツ辻」

雪の日の稲荷山「四ツ辻」

ふだんの四ツ辻はここまで稲荷山をのぼって来た人がひと息つける場所なんです。ここから京都市内の景色が見渡せるんですが、この日の四ツ辻もやっぱりいつもとようすがちがいました!

ベンチがあるあたりは岩場になっているんですが、この通り!

雪の日の稲荷山「四ツ辻」

雪の日の稲荷山「四ツ辻」

ごりら

四ツ辻から階段を下る時が超キケンでした!!

神田

稲荷山へのぼる時に千本鳥居とは反対の左側の道を行くと伏見稲荷大社の田植祭が行われる神田があります。

神田への途中にある十石橋の朱色も目立っていました。

雪の日の伏見稲荷「十石橋」

雪の日の伏見稲荷「十石橋」

秋に収穫が終わった神田も真っ白できれいでした!

雪の日の伏見稲荷「神田」

雪の日の伏見稲荷「神田」

神田から熊鷹舎へ続く道から見た鳥居。真っ白な雪を背景に鳥居が際立っています。

雪の日の稲荷山

雪の日の稲荷山

雪の日の伏見稲荷のきつね像

さてさて、伏見稲荷と言えば「きつね」ですが、雪がつもって寒そうでした!

第一鳥居の前のきつね像。口に稲穂をくわえてふだんは躍動感があるんですが…

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

顔が雪におおわれて目隠しをされているようですね。

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

きっと伏見稲荷大社で一番有名な楼門のきつね像(左側)。鼻の上に雪がつもっていてかわいい!

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

楼門の右側のきつね像。楼門のおかげでそれほど雪がつもっていませんが、寒ざむとしています。

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

内拝殿の前のきつね像は雪の中でも凛とした表情に見えますね。うしろに見える外拝殿の屋根も真っ白です。

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

千本鳥居の手前にあるめずらしいきつね像。真ん中の穴にお賽銭を投げ入れます。

雪の日に見るとなんだか暖め合っているように見えませんか!?

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

四ツ辻の上にある田中社(権太夫大神)のきつね像。小さいきつね像なんですが、それにしても雪がつもりすぎっ!!

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

神田へ続く道の途中にあるきつね像は目ヂカラがすごい! でも、必死で寒さをガマンしているようにも見えますね!

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

木の枝につもった雪が美しいんですが、きつね像は顔につもった雪をはらってあげたくなるぐらい!

雪の日の伏見稲荷のきつね像

雪の日の伏見稲荷のきつね像

伏見稲荷大社ではめずらしい狛犬もこの通り。でも「犬」だから雪でも平気なんですかね〜。あっ、きつねもイヌ科か!

雪の日の伏見稲荷の狛犬

雪の日の伏見稲荷の狛犬

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

伏見稲荷大社では早朝から職員さんをはじめたくさんの人が参拝客の安全を第一に考えて雪かきをしたり、凍結防止剤をまいておられました。

こちらは参拝客が通る道をつくるために雪かきをされているようす。

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

内拝殿の前の階段ではほうきで雪をはいて、少しでも安全に参拝できるように凍結防止剤がまかれていました。

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

境内は石の階段ばかりなので、雪がつもっていると危ないんですね。

京都市内ではふだん雪かきをすることがないので、大変だったと思います。

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

お土産物屋さんの前にも雪かきをしたあとの雪山ができていました。

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

巫女さんもめちゃくちゃ寒そうですね…。巫女装束って暖かいんでしょうか。

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

雪の日の伏見稲荷で働く人たち

この記事のまとめ

今回は「雪の日の伏見稲荷大社・稲荷山」(2017年1月15日)を紹介しました。

真っ白な雪と朱色の鳥居や建物とのコントラストが美しかったです。

ですが、特に稲荷山の階段はとてもすべりやすくて危険です。稲荷山はお昼になっても雪が溶けにくいと思いますので、気をつけてくださいね〜。

あなたの役に立つ!? 関連リンク

伏見稲荷大社に来られたことがない方はふだんの境内のようすと比べてみてくださいね〜。

夜の稲荷山もある意味ふだんの伏見稲荷とはちがう一面を見せるんですよ。ご興味があれば、ぜひ!

この記事のシェアはこちらから!