クッソ!! 3歳から遊べる知育パズル「KATAMINO(カタミノ)」がワイには難しすぎる!!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

子どものころは「テトリス」が大好きでした!

今回は「KATAMINO(カタミノ)」を紹介します。対象年齢が3〜99歳の知育玩具なんですが、わたしには難しすぎて…あうぅ…。カタチは「テトリス」みたいなんですけどね…。

「KATAMINO(カタミノ)」って?

KATAMINO(カタミノ)」って聞いて「肩ロース」と「ミノ」を思い浮かべたあなたはまずは焼き肉屋さんに行って腹ごしらえからはじめましょう!

KATAMINOはフランスで生まれた知育玩具です。箱には「対象年齢3〜99歳」と書かれていますね!

対象年齢は3〜99歳!!

対象年齢は3〜99歳!!

「おいおい、100歳は遊んだらアカンのか? 」と思ったあなたも焼き肉屋さんで腹ごしらえして来ましょう!

「KATAMINO(カタミノ)」の内容物

KATAMINOの箱を開けると中に入っているのは木製のボードといろいろなカタチをしたブロックです。

KATAMINOは木製のおもちゃ

KATAMINOは木製のおもちゃ

KATAMINOをプレイするボードには縦5マス・横13マスの線が引かれているんです。全部で65マスあります。

「KATAMINO」のボード

「KATAMINO」のボード

KATAMINOで使用するいろいろなカタチのブロックは「ペンタミノ」と名付けられています。

「ペンタ」は5をあらわすことばなんですね。『キン肉マン』に登場したペンタゴンの顔には5つの鋭角のある星が描かれていましたよね!

「ペンタミノ」はいろいろなカタチをしていますが、5つの正方形を組み合わせてできているんです。ペンタミノは全部で12個です。

12種類の「ペンタミノ」

12種類の「ペンタミノ」

ペンタミノのほかに赤色のブロックと茶色のブロックがあります。赤色のブロックは1マス分の正方形が5つ、茶色のブロックは1マス分の正方形が1つと2マス分の長方形が2つ用意されているんですね。

ペンタミノ以外のブロック

ペンタミノ以外のブロック

これらのブロックをパズルのようにボードにはめ込んでいくのがKATAMINOの基本的なルールです。

KATAMINOのボードに「スライダー」をはめることでレベル(難易度)を設定することができるんですね。単純ですよね!?

「スライダー」を動かすことでレベルの設定ができる

「スライダー」を動かすことでレベルの設定ができる

ですが、単純だからこそおもしろいんです!

「KATAMINO(カタミノ)」のマニュアル

KATAMINOの箱の中には本体のほかに「マニュアル」も入っています。スケッチブックのようにリングで綴じられていてオシャレな仕様です。

KATAMINOのマニュアル

KATAMINOのマニュアル

マニュアルにはゲームのルールが書かれているんですが、なんと31の言語で解説されています。単純なルールだからいろいろな国で遊ばれているんですね。

31の言語でルールを説明!

31の言語でルールを説明!

もちろん、日本語でも解説されています。

もちろん日本語も!

もちろん日本語も!

マニュアルでゲームの遊び方をチェックして早速遊んでみましょう!

「KATAMINO(カタミノ)」の遊び方

KATAMINOには「一人遊びのルール」と「二人遊びのルール」が用意されています。

さらに「一人遊びのルール」には年齢にあわせて6つの難易度が設定されているんですね。今回は「難易度3: 6歳以上」でKATAMINOの遊び方を説明しますね。

マニュアルにはペンタの数と種類がマトリックスになったページがあります。このマトリックスの使い方ですが、横軸は使用するペンタの数縦軸は使用するペンタの種類になっています。

例えば、この赤色の線でかこっている部分を見てください。

一番かんたんなパターン

一番かんたんなパターン

これは使用するペンタは3列で、オレンジ色、茶色、緑色の3種類が指定されているということなんです。

まずはKATAMINOのボードにスライダーを使ってレベルを設定します。3列分を使用できるように数字の「3」と「4」の間にスライダーをはめ込みます。

スライダーを「3」に設定

スライダーを「3」に設定

マニュアルで指定されている3つのペンタミノを使用します。

使用するペンタミノはこの3つ

使用するペンタミノはこの3つ

小学生の息子がチャレンジしてみました。

息子がチャレンジ!

息子がチャレンジ!

さすがに一番かんたんなレベルなので、あっさりとクリアしました!

あっさり完成!

あっさり完成!

スライダーで区切られた範囲の中で、決められたペンタミノをきれいにはめ込むだけ。いや〜ルールはほんとうに単純です。

おっさんが「KATAMINO(カタミノ)」のレベル4にチャレンジ!

こういうゲームってプレイしているのを見ていると自分でもやってみたくなりますよね。

と言うことで、対象年齢3〜99歳の真ん中ぐらいにいるおっさんがKATAMINOをプレイしてみました! 息子がクリアしたレベル3から1列増やしたレベル4にチャレンジ!

スライダーをひとつずらして「レベル4」に設定します。使用するペンタミノもひとつ増えて4種類です。ピンク色のペンタミノが増えました。

スライダーを「4」に設定

スライダーを「4」に設定

息子があっさりとクリアしたレベル3に1列増やしただけなので、すぐに終わるかと思ったんですが…

レベル4がクリアできない!

レベル4がクリアできない!

意外と難しい! ピッタリと枠の中に収まりません…!!

あれ…こっちのペンタミノをこうやって、ここにはめると…

あれ…難しい!!

あれ…難しい!!

アカン…、これ難しいやんけ!!

かんたんに終わりそうな気がするんですが、最後のひとパーツがうまく合わないんですよね…。あまりにもクリアできないんで「もしかして、これってマニュアルが間違ってるんとちがう? このペンタミノの組み合わせやったら絶対に収まらへんやん!? 」とか思ってしまうほどです。

その結果、こんなことに!!

か、完成…!?

か、完成…!?

「テトリス」はけっこうなレベルまでクリアしていたはずなんですが、KATAMINOはぜんぜん完成させられず、親のメンツも丸つぶれですよ…。

とりあえず、わたしも焼き肉屋さんへ行って出直して来た方が良いレベルですね。

小さい子どもは「KATAMINO(カタミノ)」でブロック遊び!

KATAMINOの魅力はゲームとしての遊びだけじゃなくて、小さな子どもの場合はブロック遊びとしても使えることなんですね。

うちの娘は小学生なので、上で紹介した通常のルールでもじゅうぶん遊べるはずなんですが、ブロックを組み合わせて「アンパンマンみたい! 」と喜んでいました。

まあ、確かに!!

アンパンマンの顔?

アンパンマンの顔?

KATAMINOって同じカタチがない12種類のペンタミノなので、実は積み木として遊ぶ場合もけっこう頭を使わないといけないんですよ。

小さい子どものうちから立体物を使ってなにかを組み立てることに慣れておくのは子どもの成長にものすごく良さそうです。まさしく知育玩具!

わたしも子どものころにテトリスじゃなくてKATAMINOで遊んでいたら、こんなのもマニュアルを見ずにつくれたかも知れません。

積み木としても遊べる!

積み木としても遊べる!

マニュアルにはいろいろな動物や幾何学模様の見本があるので、見本を見ながらつくってみるのも良いでしょうし、まったく新しいカタチをつくってみるのもおもしろいですよね。子どもの想像力が育まれそうです!

この記事のまとめ

対象年齢にはガッツリと当てはまっているはずなんですが、KATAMINOはワイには難しかった…。

ですが、小さな子どもにとっては想像力を豊かにするキッカケになったり、数学的な考え方が身につきそうですし、高齢者にとっては老化防止にもなりそうです。

木でつくられたおもちゃなので、誕生日やクリスマスのプレゼントとしても喜ばれそうですね!

あなたの役に立つ!? 関連リンク

小さな子どもへのプレゼントってどういうものを贈れば喜ばれるか悩みますよね。

子どもの価値観を形成する上でおもちゃの果たす役割を重視している「HANSA(ハンザ)のぬいぐるみ」もクオリティが高くておすすめです。

この記事のシェアはこちらから!