関西の梨狩りは「やわた梨狩り園」(京都府八幡市)へ。2時間食べ放題で大満足!!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

子どもといっしょにいろんなところへ出かけるのが大好きなんですが、秋におすすめのお出かけスポットは味覚狩りです!

今回は「やわた梨狩り園」を紹介します。実は梨狩りははじめてだったんですが、おなかいっぱいで大満足です。

やわた梨狩り園の情報

やわた梨狩り園はその名の通り八幡市にある梨園です。八幡市は京都府の南部に位置しているので、国道1号線を使うと京都市内はもちろんのこと大阪方面からのアクセスも良いと思います。

住所
〒614-8114 京都府八幡市川口別所
営業期間
2016年8月17日(水)〜9月23日(金・祝)ごろ
営業時間
9:00〜16:30(15:00受付終了)
料金
◎ 2時間食べ放題の料金です。
・ 大人: 1,000円
・ 子ども(4歳以上): 800円
※ お土産(お持ち帰り用)は1kg550円で販売されています。
電話番号
(中村観光梨狩園)075-981-3655
オフィシャルサイト
やわた梨狩り園の公式ホームページはありません。

やわた梨狩り園には梨園内の駐車場のほか、すぐ近くにも臨時の駐車場が用意されています。梨狩りのお客さんは無料で駐車することができます。

やわた梨狩り園の臨時駐車場

やわた梨狩り園の臨時駐車場

臨時駐車場からは50mほどの距離です。小さな子ども連れの場合に気をつけてほしいのがこちらの用水路です。子どもって川を見るとついついのぞき込みますよね。

用水路がどのぐらい深いのかはわかりませんでしたが、子どもが落ちたら大変です。梨園までは子どもから目をはなさないように気をつけてくださいね。

用水路には気をつけて!

用水路には気をつけて!

やわた梨狩り園の入り口です。ここでは梨の直売をされていますが、梨狩りの受付ではありません。

やわた梨狩り園の入り口

やわた梨狩り園の入り口

入り口からさらに50mほど先に梨狩り園があります。梨狩りの受付もこの中にあるので、そのまま中に入ればOKです。

梨狩り園へと続く道

梨狩り園へと続く道

梨狩りに必要なもの

やわた梨狩り園では受付で梨狩りに必要なものを貸し出してくれるので、基本的には手ぶらで行っても大丈夫です。

やわた梨狩り園で借りられるもの

  • ナイフ
  • ゴザ
  • 皮入れ用のかご

やわた梨狩り園で貸してもらったゴザは大人が寝転がれるぐらいの大きさです。きれいにあつかわれているゴザでした!

ゴザと皮入れ用のかご

ゴザと皮入れ用のかご

梨狩りに来たのははじめてなんですが、ぶどう狩りの時にいつも持って行っているものを用意しました。これ、ぜひ持って行ってください!

わたしが持って行ったもの

  • ボール
  • 冷たい水
  • まな板
  • テーブル

当たり前なんですが、木に実っている梨は太陽に照らされています。梨の果実は常温なわけがなくけっこう温かくなっているんです。わたしはフルーツは冷たいのを食べたいので、氷水で少しでも冷やしてから食べるんです!

収穫した梨を冷やす

収穫した梨を冷やす

ほら、美味しそうでしょ!?

梨の皮をむいて丸かじり! というのも良いんですが、食べやすい大きさにカットできるようにまな板とテーブルも持って来ました。

まな板とテーブルがあればカットしやすい

まな板とテーブルがあればカットしやすい

それと、わたしは持って行かなかったんですが、あれば良かったな〜と思ったものも書いておきますね。

梨狩りにあった方が良いもの

  • フォーク/つまようじ
  • おさら
  • ウェットティッシュ

まあ、梨の皮をむいて食べやすくカットするための準備はしたのに、口に運ぶためのものを持って行ってなかったってことですね…。

素手で食べると衛生的に良くないのはもちろんですが、果汁で手がベタベタになるので、このあたりは用意して行った方が良いと思います。

梨狩りをしよう!

受付では梨の採り方を教えてもらいました。まず、食べごろの梨は少し赤みがかっているそうです。ただ、正直、赤みがかっている梨…というのがどの程度なのかを見分けるのはけっこう難しかったです。

赤みがかっている梨が食べごろ

赤みがかっている梨が食べごろ

そして、実際に梨を収穫する時のポイントです。ぶどう狩りはハサミを使ってツルを切るんですが、梨狩りは手で採れるんですね! しかも、下に引っ張るのではなく、上に持ち上げて採るんですって! 力いっぱい下に引っ張ると枝が折れてしまうそうです。

梨の採り方

梨の採り方

やわた梨狩り園の中はこんな感じになっています。梨の木が3列に植えられていて、その間が通路になっているんですね。通路のジャマにならないようにゴザを敷きます。

やわた梨狩り園

やわた梨狩り園

梨の木を近くで見たのははじめて! わたしは梨の木ってよくイラストで見るりんごの木と同じようなのを想像してました。果物や野菜ってどんなふうに実っているのかって大人でも知らないことって多くないですか?

梨の木

梨の木

梨の木の高さは大人の身長よりも少し低いぐらいでした。ちょっとかがみながら移動する感じです。なので、身長130cm弱ぐらいのうちの娘はまだひとりでは収穫ができませんでした。

ひとりで収穫するには身長が足りない!

ひとりで収穫するには身長が足りない!

ということで、娘が梨園を歩きまわって赤みがかった梨を探します。

「あ〜ちょっと赤っぽいのがあったで〜! こっちこっち! 」

食べごろの梨を見つけると呼び出されるので、娘を抱きかかえて収穫します。ぶどう狩りと違ってハサミを使わないので安全ですね。

受付で教えてもらったように、梨を抱えて上に持ち上げると不思議なぐらいかんたんに採れました! おもしろい!

梨を持ち上げて収穫する

梨を持ち上げて収穫する

中には持ち上げるだけだと採れないのもありましたが、少しひねってみると採れるんですよ。決して下に引っ張ってはダメなんですね。こういうことを体験して学べるのが味覚狩りの良いところだと思います。

そうそう、やわた梨狩り園の梨の種類は「豊水」です。みずみずしい梨なので、わたしは大好き!

やわた梨狩り園の梨は「豊水」

やわた梨狩り園の梨は「豊水」

梨を採ったら用意してある氷水の入ったボールで少し冷やします。

収穫した梨を冷やす

収穫した梨を冷やす

ぶどうは少し氷水に浸けておくとすぐに冷たくなったのですが、さすがに梨はなかなか冷たくなりませんでした。温かいよりかは良いかな〜というぐらいですね。食べやすい大きさにカットしていただきましょう!

食べやすい大きさにカット!

食べやすい大きさにカット!

あまくて果汁がたっぷりな梨もあれば、まだちょっと食べごろじゃなかったのかな…という梨もありました。やっぱり食べごろの美味しい梨を見つけるのは難しいですね〜。

食べごろの梨を探すために注意深く見ていたら、こんなのを発見しましたよ!

梨の実にぶら下がっているのは?

梨の実にぶら下がっているのは?

やわた梨狩り園は2時間食べ放題なんですが、わたしたちは2時間を待たずにおなかいっぱいになりました。この時はわたしと妻と娘の3人だったのですが、食べた梨の数は12個でした。意外と食べられなかったかな〜。

12個の梨を食べた!

12個の梨を食べた!

この記事のまとめ

はじめての梨狩りは美味しい梨をおなかいっぱい食べることができて大満足でした。今まで知らなかった梨の採り方も学べましたし。

ですが、実は良いことばかりではなくて、困ったこともあったんですよ。

調子に乗って梨を食べまくったので、まあ、あの…おなかがピーピーになってしまいました。ちなみに、やわた梨狩り園には簡易トイレしかないので、現地でピーピーになるとなかなか厳しいことになると思います。

食べ放題でもほどほどが一番ですね!

あなたの役に立つ!? 関連リンク

関西エリアの味覚狩りを探しているならこちらの記事も参考になると思います。実際にわたしが子どもといっしょに行ったことのあるおすすめスポットを紹介しています。

また、こちらは関西エリアではありませんが、梨と言えば鳥取県ですよね! 鳥取って京都市内からでも3時間ほどで行けるんですよ。意外と近いと思いませんか?

梨のジェラートや梨カレーを販売している「さんこうえん 砂丘店」と梨狩りができる「さんこうえん」があります。どちらも鳥取砂丘の近くです。

さんこうえんの梨狩りは時期によって種類が違うんですが、7月下旬ごろから11月中旬ごろまで開園しているんですよ。

この記事のシェアはこちらから!