[旅行記]子どもといっしょに夏の北海道へ! 3泊4日の観光スケジュールを公開します!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

2016年の夏休みに北海道へ行って来ました! わたしたち夫婦では北海道へ旅行したことはあったのですが、子どもたちにとってははじめての北海道でした。

今回はわたしたち家族が実際に行った「夏の北海道旅行の観光スケジュール」を紹介します。北海道旅行を考えているご家族の参考になればうれしいです!

子どもといっしょに北海道旅行

わたしたち夫婦は結婚する前に北海道へ旅行をしたことがありました。わたしははじめて北海道に行った時から北海道の魅力にとりつかれてしまったんですよ! 真っ直ぐの一本道は景色も美しいし、道沿いで売っているトウモロコシも、夕張メロンも、ソフトクリームも美味しい! 回っている寿司なのにネタが超新鮮!!

夕張メロンのソフトクリーム

夕張メロンのソフトクリーム

なに!? 北海道って最高やん!!

ですが、社会人になってからはまとまった時間が取れなくなって北海道へ行くチャンスもどんどん遠のいてしまったんですよ…。うぅ…。

それでも、結婚して子どもが生まれてからはいつか家族で北海道へ行きたいな〜と思っていました。

ようやく子どもたちが小学生になったので夏休みを利用して北海道へ旅行するチャンスがめぐって来たんです!

わたしたちの家族構成

同じような家族構成の方が北海道旅行の計画を立てる参考になればと思っているので、わたしの家族構成を紹介しておきますね。

  • ごりら: サラリーマン(運転免許あり)
  • 妻: パート(ペーパードライバー)
  • 息子: 小学生・高学年
  • 娘: 小学生・低学年

ほんとうは運転になれている自分のクルマで行ければ良いのですが、フェリーだと時間がかかりすぎるので、北海道での移動はレンタカーにしました。

できる限り予算を抑えたかったのでオリックスレンタカーのSAクラス(コンパクトカー)からHONDAのフィットを選択しました。

家族みんなの3泊4日分の荷物を積み込めるか心配でしたが、フィットの荷室はけっこう広くてまったく問題ナシ! もちろん夏の旅行だから服装がかさばらなかったというのがポイントです。

北海道旅行・1日目〜苫小牧・札幌

北海道旅行・1日目は新千歳空港へ到着してから、「ノーザンホースパーク」「モエレ沼公園」を観光し、「京王プラザホテル札幌」に宿泊しました。。

子どもたちは初の飛行機! 新千歳空港までの道のり

少しでも長く北海道を楽しみたい! と思い、関西国際空港07:10出発→新千歳空港09:05到着の飛行機に乗りました。

その時間の飛行機に乗るにはなんと京都駅八条口を04:30に出発するリムジンバスに乗らないといけないんですよね〜。そのバスに乗ると関西国際空港第2ターミナルに06:06に到着するんです。

はじめてのPeach

はじめてのPeach

実はわたしは飛行機が苦手でして…。わたしは大学の卒業旅行で乗って以来の飛行機、子どもたちははじめての飛行機でした。

LCCのPeach(ピーチ航空)がものすごく安くてビックリしました! もともと飛行機を利用する機会がほとんどなかったので「ピーチは安い! 」とうわさには聞いていたものの、まさかひとり12,050円で北海道まで行けるとは思っていなかったので。

新千歳空港に到着すると、空港内にあるオリックスレンタカーの受付カウンターで手続きをします。オリックスレンタカー 新千歳空港店まではバスで送迎してもらえます。送迎バスは無料です!

ノーザンホースパーク

オリックスレンタカー 新千歳空港店でレンタカーに乗り込み、まず最初に向かったのが「ノーザンホースパーク」です。競馬ファンなら知らない人はいない社台グループが運営しています。引き馬や馬車などの体験ができるテーマパークなんですね。

ノーザンホースパークでは子どもたちが生まれてはじめて馬にまたがりました! スタッフの方に引っ張ってもらいながら馬場をゆっくりと1周まわります。馬の背中の上からはいつもと違う景色が見ることができて、子どもたちはうれしそうな表情をしていました。

はじめての乗馬体験

はじめての乗馬体験

ランチはノーザンホースパークの敷地内にあるレストラン「バックヤードグリル」で食べました。焼肉ランチバイキングはリーズナブルな料金設定で、大満足!

焼肉バイキングがお得!

焼肉バイキングがお得!

  • 所在地: 〒059-1361 北海道苫小牧市美沢114-7
  • 滞在時間: 10:00〜15:00
  • 使ったお金: 約13,300円
  • モエレ沼公園

    ノーザンホースパークを15:00ごろに出発し、この日宿泊するホテルがある札幌方面へ向かったのですが、このままホテルに行くのももったいないな〜と思い、札幌市東区にある「モエレ沼公園」に来ました。

    この公園にはモエレ山という札幌市東区唯一の山があるんですね。まあ、山と言っても標高62mの造形物なんですが、子どもといっしょに登ったら楽しそうじゃないですか!?

    標高62mのモエレ山

    標高62mのモエレ山

    ですが…

    モエレ沼公園に到着する前に子どもたちは寝てしまいました…。

    朝も早かったのでしかたないですね…。せっかくここまで来たので、とりあえず登りましたよ、ひとりで

    モエレ山の頂上から駐車場にいる妻に電話をかけて手を振り合ったのも良い思い出です…。

    • 所在地: 〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
    • 所用時間: 16:00〜17:00
    • 使ったお金: 0円

    札幌の宿泊「京王プラザホテル札幌」

    1日目の宿泊は札幌市内にある「京王プラザホテル札幌」です。

    実はこの旅行を計画した時にはホテルでは宿泊だけにして、札幌市内の美味しいお店に食べに行こう! と思っていたんです。

    ですが、子どもたちが思った以上に疲れていて「ホテルから出たくない! 」と言い出し、夜ごはんはまさかまさかのコンビニ! ちょうど近くにセブンイレブンもファミリーマートもあったんですよね!

    ふぅ…さみしい…。

    海鮮問屋 ヤマイチ 根室食堂 札幌JR店

    ええ、さすがに北海道旅行の初日の夕食がコンビニっていうのはツラいじゃないですか…。とは言え、妻も子どもたちも疲れたと言うので、わたしひとりでホテル近くの居酒屋へ行ったんです。ホテルに置かれていた『るるぶ FREE 札幌』で探して。

    ですが、やっぱり北海道はすごいですよ! 「海鮮グランプリドン」(680円)も「羅臼産しまほっけ開き」(999円がクーポンで495円に!)も安くて美味しい!

    海鮮グランプリドン

    海鮮グランプリドン

    「ひとりだけずるい! 」って感じですが、まあ、クルマの運転がんばるんで許してね!

    北海道旅行・2日目〜旭川・美瑛

    北海道旅行・2日目は子どもたちが楽しみにしていた旭川の「旭山動物園」へ行きました。その後はわたしが行きたかった「青い池・白ひげの滝」へ行き、宿泊はトマムの「星野リゾート トマム ザ・タワー」へ。

    旭山動物園

    旭山動物園は動物本来の自然な生態を見ることができる動物園として有名ですよね。すべての動物の展示に工夫がされていて、ほんとうに驚きの連続でしたよ! わたしが一番ビックリしたのはカバです。

    水の中ではげしく動きまわるカバ

    水の中ではげしく動きまわるカバ

    写真だけではちょっとわかりにくいですが、カバってけっこう水の中ではげしく動いているんですよ。それがいろいろな角度から見ることができるんです! めちゃくちゃおもしろかった!!

    あと旭山動物園の全体から感じる手づくり感! わたしはこの雰囲気が気に入りました。例えば、こちら。

    手づくりの看板や案内がたくさんある

    手づくりの看板や案内がたくさんある

    アザラシの種類と大きさを表現したパネルなんですが、文字がひとつひとつていねいに書かれているんですよね。こういうのが旭山動物園のあちらこちらに設置されています。

    日本の動物園の中でも最北に位置する、旭山動物園。特に子どもといっしょに行くにはおすすめですよ!

    • 所在地: 〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
    • 所用時間: 11:00〜15:00
    • 使ったお金: 約5,000円

    青い池・白ひげの滝

    旭山動物園のあとに向かったのは、わたしが行きたかった「青い池」です。美しい青色が特徴的な池で北海道の観光スポットとしても人気がありますね。写真で見たことはあったのですが、ぜひ実物を見てみたい! と思っていたんです。

    こういう自然がつくる奇跡的な美しさって子どもにも見せてあげたいですもんね!

    青い池は圧巻!

    青い池は圧巻!

    青い池よりも上流にある「白ひげの滝」も素晴らしい景色でした。青い池からはクルマで数分なので、ぜ〜ったいここも足を運んだ方が良いですよ〜。

    白ひげの滝

    白ひげの滝

    • 所在地: 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金
    • 所用時間: 16:00〜17:00
    • 使ったお金: 0円

    トマムの宿泊「星野リゾート トマム ザ・タワー」

    2日目の宿泊は「星野リゾート トマム ザ・タワー」です。白ひげの滝を出発したのが17:00ごろなんですが、ザ・タワーに到着したのは19:00ごろでした。

    星野リゾート トマム ザ・タワー

    星野リゾート トマム ザ・タワー

    そもそも距離が100kmほど離れているんですが、それ以上に時間がかかってしまったのは「カーナビが最短距離のルート案内をするから」なんですね。と言うのも、最短距離で設定すると途中で砂利道を走ってしまうんですよ。しかも山の中を!

    距離は長くなってしまっても富良野-トマム間は国道38号線のルートがあんしんです。ほんとうに!

    到着時間が少し遅くなってしまいましたが、ザ・タワーはすごく良いホテルでしたよ。ウェルカムドリンクも用意されていました。

    ウェルカムドリンクで乾杯!

    ウェルカムドリンクで乾杯!

    翌朝に雲海が見られるように「雲海でろ! でろ! 坊主」をつくりました!

    「雲海でろ! でろ! 坊主」の効果は?

    「雲海でろ! でろ! 坊主」の効果は?

    北のお食事処 伸太

    この日の夕食はザ・タワーの敷地内にある「北のお食事処 伸太」で食べました。1日目の夕食が(わたし以外は)コンビニだったので、2日目の夕食はふんぱつしました! で〜っかいたらば蟹が美味しかったな〜。

    たらば蟹

    たらば蟹

    そうそう、こんなものまで食べたんですよ! これ、なにかわかりますか?

    これはなんのお肉?

    これはなんのお肉?

    な、なんと、これはヒグマのお肉なんですよ!

    お店の人も決して「美味しいですよ。」とは言わなかったヒグマですが、北海道旅行の思い出に山の恵みとしていただきました。

    北海道旅行・3日目〜トマム・美瑛・富良野

    北海道旅行・3日目はわたしがひそかに楽しみにしていた「雲海テラス」にはじまり、なぜか美瑛・富良野方面へ逆戻りしました。3日目の宿泊が登別だったので北海道の地理にピンと来る人からすれば「え? なんで?? 」と思われるコースですね。

    ですが、結果的にこのコースで正解でした。この日は天候が悪く、美瑛・富良野方面へ行くことでうまく雨から逃げることができたんですよ!

    まあ、その分、登別までの道のりが大変でしたが…。

    雲海テラス

    雲海テラスは標高1,239mのトマム山の山頂にあるんですが、運が良ければテラスから雲海を見ることができるんです。

    雲海テラスへ続くゴンドラの営業時間は早朝04:00〜08:00なんですね。雲海は朝早くに起きないと見ることができません。

    ザ・タワーの室内にあるテレビには雲海の発生状況を伝えてくれるチャンネルがあるんですが、残念ながら「雲の中 in the cloud」と表示されていました。

    まあ、せっかくなんで雲の中の雲海テラスを体験してみましたよ。

    雲海テラス in the cloud!

    雲海テラス in the cloud!

    • 所在地: 〒079-2204 北海道勇払郡占冠村中トマム
    • 所用時間: 07:10〜07:55
    • 使ったお金: 0円

    パッチワークの路

    雲海が見られなかったのは残念でしたが、「ビュッフェダイニング hal-ハル-」で朝から美味しいご飯を食べまくってトマムを出発しました。

    トマムの朝食

    トマムの朝食

    ふたたび美瑛方面へ引き返すルートになってしまいましたが、北海道らしい風景の「パッチワークの路」とか「四季彩の丘」も子どもに見せてあげたかったんですよね〜。

    こちらは「北西の丘展望公園」の風景です。雲が多いのが残念ですが、それでも爽快な気分になります! 晴れていたらもっともっと気持ち良いんでしょうね〜。

    北西の丘展望台からのながめ

    北西の丘展望台からのながめ

    子どもたちは風景よりもこっちに夢中になっていました。白いとうきび「ピュアホワイト」です。

    ピュアホワイト

    ピュアホワイト

    これって生で食べられるんですよ。しかもまるでリンゴを食べているかのようなあまさとジューシーさ! ビックリしました!

    • 所在地: 〒071-0216 北海道上川郡美瑛町字大村大久保協生
    • 所用時間: 12:00〜12:50
    • 使ったお金: 約1,500円

    四季彩の丘・アルパカ牧場

    北海道の旅行パンフレットやガイドブックによく写真が載っている「四季彩の丘」も子どもに見せてあげたいな〜と思ってたんです。

    ですが、四季彩の丘の敷地内にある「アルパカ牧場」が子どもたちはお気に召したようです。

    子どもは大喜びしていたんですが、アルパカってエサをもらえなかったら「ペッ! ペッ! 」とツバをかけてくるんですよ。この顔で!

    一見かわいいアルパカ

    一見かわいいアルパカ

    アルパカにエサをあげてツバをかけられた後、小雨が降る中、四季彩の丘の風景もギリギリ楽しむことができました。

    四季彩の丘

    四季彩の丘

    • 所在地: 〒071-0473 北海道上川郡美瑛町新星/li>
    • 所用時間: 13:10〜14:10
    • 使ったお金: 約3,000円

    吉田農園

    アルパカ牧場を出たあたりから美瑛・富良野方面の天気もずいぶん悪くなり、はげしい雨が降り始めました。大雨の中、3日目の宿泊先である登別を目指さなければなりません!

    ですが、息子が北海道に来てからずっと楽しみにしていたのがメロンの食べ放題なんです!

    「メロンを食べずに登別には行けない! 」という息子の強い要望にこたえるためにたどり着いたのが「吉田農園」でした。

    雨にぬれながらも店頭へ飛び込み「メロンの食べ放題をしたいんです! 」とお店の人に話しかけたのですが、メロンの食べ放題は予約をしていないとダメだったんですね…。

    思わずガッカリしそうになったわたしたちの目にとまったのが「ふらのの夢」というメニュー。これがすごいんです!

    ご覧ください、これが「ふらのの夢」です!

    ふらのの夢

    ふらのの夢

    「ふらのの夢」は半割のふらのメロンの上にソフトクリームがトッピングされた超インパクトのあるスイーツ。これは美味かった!

    しかも、これ、JTBの「サンキューチョイス北海道」プランのクーポンで無料だったんです! JTBで申し込んだ時にもらえる冊子(『旅の過ごし方BOOK』)もちゃんと目を通しておかないとダメですね〜。

    • 所在地: 〒079-1581 北海道富良野市山部東13-12
    • 所用時間: 15:10〜15:35
    • 使ったお金: 0円

    登別の宿泊「祝いの宿登別グランドホテル

    3日目の宿泊は登別にある「祝いの宿登別グランドホテル」です。吉田農園を出発したのが15:35で、登別到着が18:30過ぎでした。いや〜さすがにこの時はクタクタでした!

    食後は温泉に入ってゆっくりとくつろがせてもらいました。

    温泉に入ってゆっくりくつろぐ

    温泉に入ってゆっくりくつろぐ

    北海道旅行・4日目〜登別

    北海道旅行もいよいよ最終日です。この日は登別で観光をしてから夕方に新千歳空港へ到着する予定でした。新千歳空港20:00出発の飛行機に乗ります。

    なんとか昨日の大雨は止んでくれたのですが、子どもたちが楽しみにしていた「登別クマ牧場」が悪天候のために休園となってしまいました。雨は止んでいたものの霧がかかっていたので、ロープウェイが動かせなかったようでした。

    地獄谷

    気を取り直して、ホテルからも近い「地獄谷」へ行くことにしました。地獄谷〜大湯沼を散策。まさに地獄を思わせる湯気に加えて、少し霧も出ていたのであたりは独特の雰囲気に包まれていました。

    霧と湯気に包まれる地獄谷

    霧と湯気に包まれる地獄谷

    ええ、「おならくさい! だれかおならしたやろ!? 」と大きい声で連呼していたのはうちの子どもたちです…。

    • 所在地: 〒059-0551 北海道登別市登別温泉町無番地
    • 所用時間: 10:30〜11:50
    • 使ったお金: 500円

    登別マリンパークニクス

    もともと「登別 クマ牧場」といっしょに候補にあった「登別マリンパークニクス」。もしもまた雨が降ってきても屋内の水族館ならあんしんですね。

    ノーザンホースパーク、旭山動物園、アルパカ牧場に続き、登別マリンパークニクス。動物に触れ合いまくりの北海道旅行になってしまいましたが、子どもたちが楽しそうにしているのが何よりですね!

    登別マリンパークニクスは北欧のお城をイメージした水族館なんですね。

    北欧のお城をイメージした登別マリンパークニクス

    北欧のお城をイメージした登別マリンパークニクス

    たくさんの人が集まってくる中、かわいいペンギンのパレードが行われていました。

    ペンギンのパレード

    ペンギンのパレード

    そうそう、わたしがこの水族館で一番コーフンしたのが実は生き物の展示ではなくて、こちらの展示なんです。

    荒谷英男さんの作品

    荒谷英男さんの作品

    これは飼育員の荒谷英男さんが製作された作品なんですよ!

    荒谷さんが監修されたフィギュア製作キットをお土産に買ってしまうぐらい気に入りました。

    • 所在地: 〒059-0464 北海道登別市登別東町1丁目22
    • 所用時間: 12:15〜15:00
    • 使ったお金: 約11,000円

    小学生の子どもがふたりいる家族が実際に行った北海道旅行の観光スケジュールを紹介しました。北海道は魅力的な観光スポットがたくさんあるのですが、点在しているのでどうしても移動時間が多くなってしまいがち。

    欲張ってあまり無理なスケジュールを組んでしまうと子どもも疲れてしまいます。(実際にうちもそうでしたが…)

    ある程度エリアをしぼってじっくりと観光をする方がほんとうは良いですね。

    北海道にはまだまだ行きたいところがたくさんあるので、子どもがもう少し大きくなったらまた家族で旅行したいです。

    この記事のシェアはこちらから!