陣内智則・菊地亜美のテレビ番組リポート術に学ぶブログの書き方!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

たまたま深夜番組を見ていたら、2016年のR-1グランプリ優勝者・ハリウッドザコシショウの特別番組をやってたんですよね。

その番組の内容がブログを書く上でも参考になるなぁと思ったんです。

今回はテレビ番組のリポート術に学ぶ「ブログの書き方」を紹介します。わたしは施設やイベントのレポート記事を書く時のヒントになりました!

ハリウッドザコシショウ TVの掟

わたしが見たハリウッドザコシショウの特番はこちら。

『R-1ぐらんぷり2016優勝者特番 売れてる奴らに学ぶ! ハリウッドザコシショウ TVの掟』

R-1チャンピオン・ハリウッドザコシショウ

かんたんに番組の説明をすると、今年のR-1グランプリで優勝したハリウッドザコシショウ(ザコシ)がテレビでも活躍できるように売れっ子芸人たちがレクチャーするという内容です。

と言うのもザコシはこれまで下積みが長すぎたせいで、小規模な劇場やTwitterが主戦場になってしまっていて、テレビ向きのスキルがないらしいんです。(わたしはザコシのTwitterの「ドラクエの敵ものまね」大好きです! )

すでにテレビで大活躍しているザコシの同期芸人がザコシのタレントとしてのステージをひとつあげようって企画なんですね。

ザコシの同期芸人として登場するのは陣内智則たむらけんじ中川家ケンドーコバヤシ。彼らがテレビのいろいろな分野で活躍するための必須スキルをザコシに伝授していくんです。

情報番組でのリポート

まず最初のテーマはお昼の情報番組のリポーター術。お笑い番組だけでなくお昼の情報番組『ヒルナンデス』でも活躍する陣内智則と菊地亜美が教官となってレクチャーします。

ザコシが取材に行ったのは銀座にある「ブリリアント・ザ・銀座」という結婚式場です。

建物の外観をおさえよう!

ザコシのリポート開始早々、陣内智則と菊地亜美からの厳しいツッコミが入ったんですね。

どういうことかと言うと、ザコシはいきなり入り口に向かって行ったんですよ。

リポーターとしての場数をこなしている2人から入った最初のポイントは「まずは建物の外観に触れる」ということ。

まあ建物の外観が重要ではない場合もあるとは思いますが、今回は結婚式場ですからね。視聴者はやっぱりどんなところにあるのかとか、どんな建物なのかはすごく気になりますよね。

外観はやっぱり気になる! (写真はイメージです)

これってブログでも同じですね。なにか施設を紹介する時には外観はおさえておきたいです。飲食店でも、宿泊施設でも、なにかのスクールでも。

わたしが読者なら外観の写真やどんな場所なのかの説明があった方がイメージしやすいですもん。

自分の話も盛り込もう!

ザコシにダメ出しが入ったので、菊地亜美が見本を見せることになりました。タレントは自分を売り込んでなんぼってこともあって、菊地亜美は(好き嫌いはともかく…笑)しっかりと自分のアピールをしてきますね。

「みなさ〜ん、こんにちは〜! 菊地亜美です! 今回はですね、銀座の式場をリポートしたいと思うんですけども、わたしもう今年で26歳なんですよ

なので、やっぱりちょっとこれからね、いつ結婚するかわからないので下見に行きたいと思いま〜す! こちらで〜す!!」

これもやっぱりブログでも同じで、ふつうに施設を紹介するだけだと公式サイトや一般的な情報サイトとなにも変わらないですもんね〜。

菊地亜美のポイントで共感できたのが「自分の話をちょっとだけ入れる」ってところですね。

今回の場合だと結婚式場の情報を求めている人に個人的な話をダラダラしても仕方ないので「ちょっとだけ」入れてるんですね。自分の年齢とか状況を話すことでターゲットとなる人も想像しやすくなるんですよ。

目を引くテレビ的な動きはブログだとなに!?

番組ではあくまでもザコシにテレビでのリポート術をレクチャーしているのでこんなポイントも紹介されていました。

  • 目を引く動きを!
  • カメラワークしやすい的確なリアクションを!

このポイントもブログを書く時にもやっぱり活かせるな〜と思って見ていました。

「目を引く動き」って言うのは、テレビだとタレントの少し大げさなアクションだと思いますが、ブログに置き換えると文字の見た目の強調かなと思います。フォントのサイズや色、太字にしたりすることですね。

情報番組でタレントが大げさなリアクションをするポイントを自分の紹介記事の文章に置き換えて文字を大きくしたりすると文章にもリズムが生まれて効果的な演出ができますね。

「カメラワークしやすい的確なリアクション」というのは、番組ではリポーターの「なにこれ〜!!」というセリフと表情をおさえてから式場のようすを映す流れをレクチャーしていました。

これをブログに置き換えると写真の撮り方(角度や寄り方)とその写真を見せる直前の文言でしょうか。

テレビのカメラワークを文字と写真で表現してみるってことを意識するとブログを書く時にも参考になると思います。

感動の体験をこまかく言葉で表現しよう!

続いて番組では「ブリリアント・ザ・銀座」がおすすめする演出プランが紹介されました。

2013年に導入された「ブリリアント・ザ・銀座」の披露宴会場でのプロジェクションマッピングのリポートです。

実際にプロジェクションマッピングを見せてもらったザコシがリポートするんですが、まあ、体験した内容をまったく覚えてなくて、陣内智則と菊地亜美の2人からダメ出しされまくります。

確かにザコシはひどかったんですが、これはなかなか難しいですよね〜。感覚的にものすごく感動していても、それを言葉で伝えるには冷静にこまかい部分までしっかりと見て覚えておかないといけません

こまかくていねいな描写ができていると読者も仮想体験しやすいですもんね。

この記事のまとめ

テレビ番組のリポート術でブログを書く時にも活かせそうなポイントを紹介しました。こちらは実際にテレビで紹介されていたポイントです。

  • まずは建物の外観に触れる
  • ほどよく自分の話を織りまぜる
  • 入り込みで目を引く動きを!
  • カメラワークしやすい的確なリアクションを!
  • 体験したことは細部まで覚えておく!

わたしは最近はテレビ番組を見る機会が減ったんですが、こういう観点で特に情報番組を見るとブログを書く時の参考になるなぁと思いました。

実は、陣内智則の次はたむらけんじが「グルメリポート」の極意を伝授していたのですが、これもブログを書く時の参考になりそうでした! こちらもまた紹介したいと思います。

ところで、この『ハリウッドザコシショウ TVの掟』のザコシは正直見るに堪えない状態で、ちょっと心配になるぐらい。

ザコシのネタや発言に「全然おもしろくない」「救いようがないわね」っていうデヴィ夫人の厳しいツッコミが笑いどころだったのが悲しい。

今回の番組の成果が出るのが楽しみです! えらそうですけど、一視聴者としての本音です。

でさーねー!! うぉーっ!!

この記事のシェアはこちらから!