銭湯の公式ルールを探していたら超シュールなサイトを発見した!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

温泉とか銭湯での入浴について物申したくて「公式ルール」を探していたら、ものすごくシュールな動画を発見したんです。

今回は「全国浴場組合」のWebサイトを紹介します。めちゃくちゃシュールでおもしろいんです!

「全国浴場組合」って知ってる!?

わたしはけっこう温泉やスーパー銭湯が大好きなんですよ。旅行で宿泊する時は夕食前、寝る前、早朝と最低3回は入浴します

そんなわたしが気になるのが入浴時のマナーなんです。自分がマナーだと思っているある行動をしない人がけっこう多いんですよね~。

そこで「公式ルール」というものを探してみました。何をもって「公式」とするかってことなんですけれども、実は「全国浴場組合」という組織があるんですね。初めて知りました。

 

そしたら、この全国浴場組合のWebサイトにめちゃくちゃおもしろいコンテンツがあったんです!

全国浴場組合

全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会(全浴連)は、「生活衛生関係営業の運営の適正化に関する法律」(昭和32年法律第164号)の規定に基づき、昭和33年に設立された厚生大臣認可法人であります。

現在、41都道府県に会員を持ち、地域住民に対する保健衛生の確保や、高齢社会における福祉入浴援助事業等の推進に積極的に貢献している公衆浴場(銭湯)の全国団体です。

 

厚生(労働)大臣認可法人なんですって。字面からもお役所的なかた~いイメージがしますよね?

ただよくよく見ると全国団体でありながら加入している都道府県はなぜか41都道府県。確認してみると秋田県・山形県・茨城県・島根県・高知県・佐賀県の6県が未加入なんですね。

いったいなにがあったんや!???

 

なんだかミステリアスな雰囲気が漂ってきましたよ!?

で、この全国浴場組合のWebサイトにはいくつかのコンテンツがあるんですが、わたしが探していた「銭湯入浴の楽しみとマナー」という、言わば「公式ルール」もありました。

ですが、ふと目にとまったのが「銭湯動画」というコンテンツです。銭湯のことが想像もつかない外国人向けにつくった銭湯の紹介動画なのかな~と最初は思ったんです。

全国浴場組合のサイトのコンテンツ

そして「銭湯動画」のコンテンツをのぞいてみるとそこには予想外のイラストの数々!ぱっと見ただけでも厚生大臣認可法人・全国浴場組合という組織のコンテンツらしからぬタッチですよね。

イラストのタッチが奇妙

これ、どう見ても「みのさん」やろっ!?

どう見ても、みのもんた!

この動画、公開してもOKなやつなんか? とこっちが心配になるぐらい。いや~おもしろい!これが明らかにみのもんたと思われる人物が登場する動画「ウォーキングと銭湯で健康! 」です。

ほかの動画も全部がシュールで超おもしろいんで、ぜひご覧ください。この動画を見て銭湯行きましょう!

この記事のまとめ

今回はたまたま見つけた「全国浴場組合」の動画コンテンツを紹介しました。なにも調べずに行ったレストランで今まで食べたことがないような料理に出会ったような、ちょっと時間ができて偶然入った本屋さんでものすごい良著を手に入れたような、なんだかそんな気分です。

そうそう、もともとわたしが主張したかったのは温泉や銭湯に入る前に体を流すだけじゃなくて、ちゃんと身体を洗ってから入ろうぜ! ということでした。一行で終わりましたね。

たまにはラッキーなこともあるもんですね!

この記事のシェアはこちらから!