伏見稲荷の初午大祭は2月最初の午の日。「しるしの杉」や「達成のかぎ」を手に入れよう!

こんこん、こんにちは! 伏見稲荷大社・稲荷山の観光ブロガー、ごりら(@goriluckey)です。

毎年2月の最初の午の日には初午大祭が行われ多くの参拝客が伏見稲荷大社を訪れます。

この初午大祭は1300年の歴史を誇る伏見稲荷大社の行事の中でも大切な行事のひとつ。

今回は「初午大祭」と初午大祭で授与される「しるしの杉」や「達成のかぎ」を紹介します。達成のかぎってドラクエっぽい魅力があってわたしは大好きなんです!

初午大祭は2月の最初の午の日に行なわれる祭事

そもそも伏見稲荷大社にはけっこうかっこいいと思うことが多いんですけども、初午大祭もそう。

全国の稲荷信仰の原点とも言うべき稲荷山に稲荷大神様が初めて降り立った日にちなんで行われる祭事が初午大祭なんです。

5046dcb6

その稲荷大神様が稲荷山に降り立ったとされる711年(和銅4年)2月11日が初午の日だったんですね。だから毎年2月の初午の日が初午大祭とされています。ちなみに 2016年の初午の日は2月6日(土)でした。

外拝殿にはお供えがされていてお賽銭箱も用意されているので 楼門のあたりから行列ができていました。

54bcc5ba

本殿のようすはこんな感じ。本殿の横には「お札・お守の授与所/ご祈祷受付所」があって、ここでしるしの杉が授与されています。

802801ec

初午大祭の日に参拝者に授与される「しるしの杉」

初午詣をした証としてしるしの杉をいただいて帰るのが平安時代からの習わしとなっています。このしるしの杉というのもなかなか魅力的なネーミングですよね!

26faa1b4

しるしの杉(初穂料1,000円)

「杉」は当大社のご神木で木の昌(さか)んに生い繁ることから「椙」とも書き「富の木」とも称えられています。稲荷大神の霊験いちじるしい「験(しるし)の杉」を授与しております。

伏見稲荷大社は五穀豊穣商売繁盛のご利益があると言われていますので、初午大祭にもたくさんの人が参拝に来られ、このしるしの杉を手にして帰られます。

499b03a8

初午大祭の日にはしるしの杉の他、福かさね(初穂料2,500円)と達成のかぎ(初穂料2,000円)も販売されています。

58151260

「福かさね」は「しるしの杉」に守矢・絵馬・稲穂がセットになったまさしく全部乗せ状態! 商売繁盛間違いなし! って感じのアイテムですね。

この「福かさね」よりも魅力的なアイテムが「達成のかぎ」!

字面だけを見ると自己啓発本なんかに出てきそうなことばですが、わたしは「達成のかぎ」にドラクエ的な魅力を感じてしまいます。

この「達成のかぎ」は稲や多くの宝物を納める倉庫の鍵で楼門の前の白狐がくわえています。この鍵は霊徳を身につけようとする願望の象徴と言われてるんです。

aef1ec81

白狐は稲荷大神様の使い。もしもドラクエなら試練としてこの白狐と戦い「達成のかぎ」をゲットして何か新たなチカラを授かる設定ですよね! レベル20ぐらいの時に!

そのアイテムがなんと2,000ゴールドで買えてしまいます!

2月の伏見稲荷大社は「節分祭」「初午大祭」「紀元祭」「祈念祭」と祭事が続きます。

伏見稲荷大社に限ったことではありませんが、神社の起源や祭事の意味を知って訪れるとまた違いますね!

伏見稲荷大社

住所
〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町68
オフィシャルサイト
伏見稲荷大社

この記事のシェアはこちらから!