「マッスルメモリー」ってナニ!?必殺技?/本日(1/6)の空手道場!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

本日、 “ 稽古始め ” !
 
なんてカッコイイ響き…。漫画なら「ビシッ!」という擬音がぴったりなシーンです。
 
定時で会社をあとにし、帰宅してから急いで空手道場へ。道場自体は昨日が稽古始めでしたが、本日が私の新年一発目の稽古となりました。
 
 
 

たった11日間休んだだけでスタミナ低下!?

年末最後の稽古が12月26日(土)でしたので前回の稽古から11日間休んだことになります。昨年の7月から空手を習い始め、だいたい平日に1日と土日に稽古をしてきたので、これまでは長くても5日程度の休みでした。まさかこの日数の差がこんなに大きなものになるとは思いませんでした。
 
稽古の後の “ 疲労感 ” がとてつもない…。
 
もともと子どもと一緒に通っている土日の「親子クラス」とは違い、平日の20時〜の「一般部」の稽古では自分の体力の無さを感じることが多かったのですが、特に今日は開始から15分ぐらいでクタクタになってしまいました。
 
他の会員さんだけでなく先生でさえも久しぶりの稽古だと疲労感があるとのこと。それにしても私の疲労感はまるで初めて稽古に来た時と同じぐらい。
 
なんだか空手道場に通い始める前に戻ったかのような状態です。たった11日間で。
 
 
 

どれぐらいの期間トレーニングを中断すると身体機能が低下する?

あまりにも疲労感があるので、一体どれぐらいの期間トレーニングを中断すると身体機能が低下するのかを調べてみました!
 
まず、トレーニングを中断することを「ディトレーニング」と言うそうです。
 

 
<ディトレーニングとは>
 

  • Detraining=ある程度続けてきたトレーニングを、 一時的あるいは永続的に止めてしまうこと。 脱トレーニング、トレーニング中止などと呼ぶ。
  • 関係する体力: 技能、スピード、筋力、持久力

 

※『トレーニング中断するとどうなる? ー “ 衰え ” とその対抗策を科学するー』より引用しました。

 
 
 
この引用は名古屋大学 総合保健体育科学センターの石田浩司教授がまとめられたレポートなんですが、今までこういうレポートを拝見したことは無いので、けっこう興味深いです。
 
トレーニングを中断してからの機能低下を「技能・スピード・筋力・持久力」の4つの項目で分析されています。
 
その一部を抜粋させていただきます。
 

 
<ディトレーニングによる筋力の変化>
 

  • 筋力はディトレーニングによって、トレーニング期と同様または やや遅い速度で低下する
  • 初期レベルまでは低下しないことが多い
  • トレーニング中止2週間程度は、ほとんど落ちない

 
<ディトレーニングによる持久力の変化>
 

  • 持久力(最大酸素摂取量)は、ディトレーニング1〜2週で低下し始める
  • 初期レベルまでは低下しないことが多い

 

※『トレーニング中断するとどうなる? ー “ 衰え ” とその対抗策を科学するー』より引用しました。

 
 
 
このレポートを拝見する限り、稽古を休んだ11日間の間で低下している可能性がある機能は「持久力」ということです。
 
 
 
なんてこったい!!!
 
 
 
11日間のディトレーニングで私がこれまで積み重ねた「持久力」が低下してしまったんですね…。いや〜どおりで疲労感があるわけです。でもまあ、これは仕方ないです、仕方ない!
 
トレーニングを再開すれば持久力もすぐに元に戻るらしいので、心配することはないです。
 
 
 

マッスルメモリー?なにそれ!?キン肉族の必殺技?

そしてさらにレポートを読んでいるとまたまた興味深いワードを発見しました。
 
それが、マッスルメモリー
 

image.001

 

 
トレーニング・ディトレー ニングを繰返していると、 体力の変動は少なくなる(落ちにくくなる)

マッスルメモリー?
 

※『トレーニング中断するとどうなる? ー “ 衰え ” とその対抗策を科学するー』より引用しました。

 
 
 
『キン肉マン』で育った世代にとっては「マッスル・スパーク」とか「マッスル・ドッキング」とか「マッスル・リベンジャー」を彷彿とさせる、マッスルメモリー
 
「マッスルメモリー」って一体なんでしょうか!?
 

 
<マッスルメモリー>
 
一度筋肉を鍛えて強くした経験のある人の場合、再開してから数ヶ月程度で筋肉の量や筋力が戻ってくることがほとんどです。
 
まるで筋肉が強かった時の状態を記憶しているかのように、急激に筋力・筋肉量が戻るこの現象が、マッスルメモリーと呼ばれるものです。
 

※『肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)』より引用しました。

 

 
 
 
「マッスルメモリー」のメカニズムはまだ解明されていないそうですが、筋肉の変化は筋肉そのものだけではく、神経の発達やホルモンバランスなどさまざまな要素が関係しており、それらが「筋肉の土台」として身体に残っていると考えられているようです。
 
残念ながらキン肉族の必殺技ではありませんが、それ以上に神秘的なものを感じます!
 
トレーニングとディトレーニングを繰り返すことによって体力の変動は少なくなっていくそうです。間を開けることはデメリットだけでなく、強力な「マッスルメモリー」を手に入れるためには必要な要素なんですね!
 
と言うことで、今年も空手の稽古をがんばります!
 
 
 

2016年1月6日(水)の空手道場!

本日のメンバー

帰宅してから20:00〜の一般部の稽古へ。少し遅れたので、先生とアシダさんが準備運動中でした。その後で、キモトさんも登場。キモトさんは年末の仕事が忙しく約1ヶ月ぶり?
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 20:00〜20:50
●準備運動
●基礎トレーニング
・腕立て伏せ×20回
・スクワット×20回
・体幹トレーニング1分
●シャドー(2分)×5セット
※インターバルには腕立て伏せ×10回と体幹トレーニング30秒を行いました。
●ミットの基礎パターン
・ワンツー×20本
・ワンツーフック×10本
・左右ミドルキック×各10本
●ミット打ち(2分)×1セット、(1分)×1セット
●整理体操

この記事のシェアはこちらから!