稽古納めと第248回新空手道大阪大会への挑戦。/本日(12/26)の空手道場!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

私たちが親子が通っている空手道場は本日が今年最後の稽古。いわゆる「稽古納め」です。私たちは7月から通い始めたのでまだ「1年間やり遂げた」という区切りではありませんが、来年に向けて気持ちを新たにすることができました。
 

第248回新空手道大阪大会「第27回全日本グランプリ・関西予選」

来年の2月14日(日)に開催される新空手の大会へ私たちの道場からは先生の他3名が参加する予定。そのうちの1名が息子です。この大会へ参加するための「大会参加申込書」をもらいました。
 
新空手の大会には「トーナメント」と「ワンマッチ」の2つの試合形式があります。どちらの試合形式で参加するかは選択することができます。
 
 

K-4トーナメント/K-4ルーキートーナメント 幼年部/小学生部

トーナメント」と「ルーキートーナメント」の2種類があります。経験が浅い子どもが参加するのが「ルーキートーナメント」です。
 
試合時間は1分30秒で延長戦あり。幼年部(年長)、小学生は各学年ごとに分かれる前提ですが、参加人数が少ない場合は2学年合同になることもあるようです。上の学年と合同になる場合は不利になってしまいますね。体重制限もあります。
 

    <体重制限>

  • 小学1・2年生部: 40kg以下
  • 小学3・4年生部: 45kg以下
  • 小学5・6年生部: 55kg以下

 

K-4ワンマッチ

幼年部(年長)、小学生部、中学生部に分かれていて、同学年か1学年差で組み合わせが行われるようです。勝っても負けても1戦のみ。試合時間はトーナメントと同じく1分30秒ですが、ワンマッチには延長戦がありません。
 
 
息子は新空手の大会は今回が初出場となりますので、先生のおすすめは「ワンマッチ」。1戦に集中することができるのがメリットです。
 
私はトーナメントに参加したとしてもスタミナの配分ができるわけでもないので、どちらでもあまり変わらないかな〜と思っていましたが、息子は「ワンマッチ」に参加したいとのこと。本人は「まずは1勝」にこだわっています。
 
申込締切は2016年1月30日(土)までなので、じっくりと考えれば良いかな、と。
 

マススパーリングで稽古納め!

新空手道大阪大会へ参加予定の2名のマススパーリングが稽古納めの “ 大トリ ”。
 
以前はミドルキックを簡単に食らっていた息子ですが、最近はうまく対応できるようになり本人も少し自信を持てるようになったようです。逆に相手にプレッシャーをかけながらミドルキックでまとめられるようになれば初勝利も近づくのではないでしょうか。
 
空手道場も休みになる年末年始は自宅で稽古をして備えたいところです。
 

ごりらの一撃!(まとめ)

来年は1年間を通して空手に取り組むことになります。そうすると「稽古納め」というのもまた今年とは違う気持ちになるかも知れません。
 
息子が参加する予定の新空手道大阪大会は2月14日(日)なので、年が明ければすぐ迫ってきます。「試合に勝つこと」だけが目的ではありませんが、息子本人が初勝利を目指してがんばっているので、良いスタートが切れるように親子で一緒に稽古に取り組みたいと思います。
 

12月19日(土)の空手道場!

本日のメンバー

本日は少年部は中学生のタナカくん、小学生のクロダくんとマナベくん、今月から新しく入ったゲンキくんと妹のヒーちゃん、そして私の息子と娘、姪っ子のハルカというメンバー。大人はアシダさんと私です。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 10:30〜11:30
●準備運動
●基本技の練習
・中段の正拳突き×10本
・上段の正拳突き×10本
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
●基礎トレーニング
・腕立て伏せ×20回
・スクワット×20回
・体幹トレーニング30秒
●ミット打ち
●キックの捌き
●マススパーリング
●整理体操

この記事のシェアはこちらから!