競馬の初心者でも楽しめる! それが「有馬記念」です。(2015年・枠順確定)

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

「競馬?やったことないけど?」という方も「有馬記念」という名前は聞いたことがあるはず。
 
テレビのコマーシャルもガンガン流れ、街のいろいろなところでPR活動をしていますね。
 

駅のかなりのスペースにポスターを貼ったり、
 

f6c996d6

 

99c6b25c

 
人通りが多いところでイベントを実施したり。大一番のレースだけあって主催者であるJRAも力の入れ方がものすごい!
 
その有馬記念が今週の日曜日(12月27日)に行われます。
 
実は有馬記念には競馬のことがよくわからないという人でも楽しめる方法があるんです。学生の頃には毎週末を京都競馬場でアルバイトをして過ごした私がその方法を教えましょう!
 

有馬記念は一年の締めくくりのレース!

JRA(中央競馬)は毎週末に開催されています。競馬は1月から12月までが1シーズンで、有馬記念は1年の最終開催日に実施されるG1レース。
 
別名「グランプリ」と呼ばれる有馬記念は、まさに1年の集大成となるレースなんです。
 
プロ野球で例えると「日本シリーズ」、お笑いで例えると「M1グランプリ」、そんな位置付けです。
 

有馬記念はその年の世相を反映する?

1年の集大成である有馬記念はよく「その年の世相を反映する」と言われます。その年を象徴するような出来事に関連した名前や番号の馬が勝つというもの。レースが終わった後の「こじつけ」と言えばそれまでですが、中には偶然とは思えないような数奇な結果になることがあります。
 
競走馬の血統やそれまでの実績、その時の調子、そして距離やコース適性といったさまざまなデータを駆使する予想とは違い、その時の世相など競馬に直接関係のないことを元に予想する馬券のことを「サイン馬券」や「オカルト馬券」と言います。
 
そんな「サイン馬券」の実例をご紹介しましょう!
 

第46回有馬記念が開催された2001年は、世界を震撼させた米国同時多発テロの年。

多くの方が亡くなったテロに結びつけて考えるのはいかがなものか…という感情はもちろんありますが、その結果を見ると「世相を反映した!」と言わざるを得ないのが2001年。
 

    <2001年 第46回 有馬記念 着順>

  • 1着: マンハッタンカフェ(3番人気)
  • 2着: アメリカンボス(13番人気)
  • 3着: トゥザヴィクトリー(6番人気)

 
3番人気の「マンハッタン」カフェが優勝したというだけならともかく、2着に入ったのは13番人気の「アメリカンボス」、3着も6番人気の「トゥザヴィクトリー」。9.11のテロをきっかけとしてアメリカを中心に対テロ戦争が始まった世界情勢がそのまま結果に反映されています。
 

他にもある、世相を反映した有馬記念。

いかにもこじつけと言うようなものもありますが、他にはこんな結果になった年もあります。
 

    <1991年 第36回 有馬記念 着順>

  • 1着: ダイユウサク(14番人気)
  • 2着: メジロマックイーン(1番人気)
  • 3着: ナイスネイチャ(2番人気)

 
俳優の松田優作さんが亡くなられた年。出走馬15頭中ブービー人気のダイ「ユウサク」が圧倒的1番人気のメジロマックイーンを抑えて優勝。単勝137.9倍は有馬記念史上最高配当。
 

    <2012年 第57回 有馬記念 着順>

  • 1着: ゴールドシップ(1番人気)
  • 2着: オーシャンブルー(10番人気)
  • 3着: ルーラーシップ(2番人気)

 
この年は「今年の漢字」に選ばれたのが「」。「ゴールド」シップは1番人気だったので、まあ順当な結果ですね。
 

    <2008年 第53回 有馬記念 着順>

  • 1着: ダイワスカーレット(1番人気)
  • 2着: アドマイヤモナーク(14番人気)
  • 3着: エアシェイディ(10番人気)

 
これは実にバカバカしいですが、2着に入ったアドマイヤモナークに秘密があります。当時は山本モナと巨人・二岡選手の不倫が発覚し世間を騒がせていたというもの。「世相を反映する」というには大げさですが、14番人気のアドマイヤ「モナ」ークが突っ込んできたのが衝撃的ですね!
 
実はこの馬券、サイバーエージェントの藤田社長が見事的中させたことをブログで公表されています。
 

1着13番 ダイワスカーレット
2着14番 アドマイヤモナーク
 
すごい配当がついて、JRAから長年の預金を引き出すことに成功しました。
 
14番はモナさん復帰ということで、名前だけで買ったんだけど・・
 
そんなものかもな。
 

※『渋谷ではたらく社長のアメブロ』より引用しました。

 
藤田社長が買われた馬券の写真も公開されていますが、294.9倍のオッズの馬券を50,000円も購入されています。配当はな、なんと14,745,000円です!「山本モナの名前だけで買った」というのがすごいですね…。
 

今年はどんな世相を反映する!?「サイン馬券」を探せ!

さあ、今年あった出来事を振り返り、世相を反映すると言われる有馬記念の「サイン馬券」を探してみましょう!
 

1f7155cb

 

第60回 有馬記念 枠順

  • 【1枠】01番 オーシャンブルー
  • 【1枠】02番 ヒットザターゲット
  • 【2枠】03番 ラストインパクト
  • 【2枠】04番 ラブリーデイ
  • 【3枠】05番 アドマイヤデウス
  • 【3枠】06番 アルバート
  • 【4枠】07番 ゴールドアクター
  • 【4枠】08番 ワンアンドオンリー
  • 【5枠】09番 サウンズオブアース
  • 【5枠】10番 トーセンレーヴ
  • 【6枠】11番 キタサンブラック
  • 【6枠】12番 リアファル
  • 【7枠】13番 ルージュバック
  • 【7枠】14番 ダービーフィズ
  • 【8枠】15番 ゴールドシップ
  • 【8枠】16番 マリアライト

 

過去にも実績のある「今年の漢字」!

先ほどご紹介した通り、2012年は「今年の漢字」で選ばれた「金」を馬名に持つ「ゴールド」シップが優勝しました。2015年「今年の漢字」は「」でしたね!「安保関連法案」(安倍内閣)や「安心してください」のとにかく明るい安村の「安」です。
 
「安」に関連しそうな馬は…いました!
 
8番 ワン「アン」ドオンリー です!
 
しかも、有馬記念のイベントに登場したとにかく明るい安村が予想したのは「8-1-10」なんです。今年ノリに乗っていた人の予想だけに無視するわけにはいきません!
 

なおこの日、安村が穿いていたパンツには「8-1-10」という数字が。これは「穿いて(8-1-10)ますよ」の語呂合わせで、安村による有馬記念の着順予想だ。
 

※『お笑いナタリー』より引用しました。

 

流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」!

流行語大賞に選ばれた2語も「サイン馬券」のにおいがプンプンします!中国人観光客などが家電量販店などで大量に商品を買っていく「爆買い」。プロ野球史上8人しか達成していなかった1シーズンで「3割30本30盗塁」という快挙を今年はなんとソフトバンクの柳田選手、ヤクルトの山田選手の2名が達成した「トリプルスリー」。
 
「爆買い」に関連しそうなのは…いました!
 
13番 ルージュ「バック」 です!
 
…ちょっと無理矢理でしょうか。「バック買い」!
 
そして、「トリプルスリー」に関連しそうなのも…いました!
 
11番 キタ「サン」ブラック です!
 
このキタサンブラックは「3」歳馬です。しかも有馬記念に出走している3歳馬は3頭いるのですが、11番 キタサンブラックを先頭に、12番 リアファル、13番 ルージュバックと3頭がきれいに並んでいます!
 

他にもこんな「サイン」がある!?

今年の10月から通知が始まった「マイナンバー」。国民一人ひとりに「12」桁の番号が発行されましたね。「12番 リアファル」には注意が必要かも!?
 
口永良部島、箱根山、阿蘇山、桜島など各地で「火山活動が活発」になり、警戒が必要な一年でもありました。「9番 サウンズオブアース」はそんな状況を反映しているかのような名前です。
 

競馬は本来、出走馬のこれまでの実績や調子、距離やコースの適性、騎手との相性、その馬の血統などさまざまなデータをもとに予想されています。それでも何が起こるかわからないのが競馬
 
「世相を反映する」と言われる有馬記念だからこそ、ぜひあなただけの「サイン」を見つけて予想してみてください。思わぬ「クリスマスプレゼント」になるかも知れません!
 
私は「トリプルスリー」が気になります!
 

この記事のシェアはこちらから!