自分自身の一年へ贈る「今年の漢字 2015」

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

今日12月15日は、京都・清水寺で「今年の漢字」が発表される日です。
 
良いことも悪いこともいろいろなことがあった一年をたった一文字の漢字で表わすのは難しいですが、(選定理由がよくわからない「流行語大賞」よりも)一年を振り返る意味で大好きなイベントです。
 
そんな楽しみなイベントに合わせて、自分自身の一年に「漢字一文字」を贈ってみます。
 
1ce20d26
 
私が自分自身に贈る漢字一文字は…
 
 
 
『惑』!
 

[音]ワク [訓]まどう
心が何かにとらわれて正しい判断ができなくなる。まどう。まどわす。

※出典:『goo辞書

 

自分自身で振り返る、私の一年

今年はスタートからいきなりつまづいた…と言うか、思いっ切りズッコケました。
 
正月早々、衝突事故に遭ってムチウチに。検査のために行った病院では寒気を感じ、整形外科から内科へ診療のハシゴをしたらなんとインフルエンザと診断。普通よりも長い正月休みになりました。
 

4086833d

 
ただ今年に入ってから不運が重なったというよりは、自分の中では2014年から続く流れの悪さを断ち切れないでいる感じ。
 
悪い流れの原因は、仕事です。何をやっても上手くいかない時期ってほんとうにありますよね〜。窮地を脱しようと必死でもがいても何かに阻まれたり、空回りしたり。
 
そんな悪い流れを断ち切れず、自分は何をすべきか、どうあるべきかを考えれば考えるほど深みにはまってしまいました。
 
まさに、『惑』がぴったり。
 

49240f85

 

新たな挑戦で充実したプライベート!

一方でプライベートでは「新たな挑戦」がキーワードになりました。
 
ひとつは子どもと一緒に始めた「空手」。
 

image.001

 
最初は息子も私もダイエットが目的で近くの道場へ見学に行ったのがキッカケでした。
 
半年が経った今では空手の奥深さにどハマり中で、「子どもの成長」、「育児のあり方」、「子どもとのコミュニケーション」、「ストレスの発散」などなど、さまざまなことを空手から学び、体感しています。
 
そして、もうひとつが「ブログ」。
 

4b91e69c

 
会社の同僚に勧められて始めたブログも、今では楽しくて仕方ないライフワークになっています。
 
ブログを始めたことで、モノゴトを見る角度が少し変わったり、いろいろなことを吸収しようという欲が出たり、表現するために頭と心をフル稼動させたり、実に刺激的な日々になりました。
 

あえて選んだ『惑』

プライベートの充実を思うと、例えば『新』や『挑』といった前向きな漢字を選んでも良かったのかも知れません。
 
ですが、やはり敢えて『惑』を自分自身へ贈りたい
 
プライベートと仕事を車輪に例えると、「プライベート」は大きく空気もたくさん入ったタイヤ。「仕事」は小さくて空気も抜けたふにゃふにゃなタイヤ。
 
こんな両輪ではとてもまっすぐ走ることはできません。迷うことなくまっすぐ走るためには両輪がフル回転しないといけないんです。もちろん、小さいタイヤに合わせてバランスを取るよりも、大きいタイヤに合わせて再び快走したい。
 

8efe0b0c

 
今年はそれができなかった一年。それを自分自身に刻み、来年の飛躍へとつなげたい。
 
そういう想いを忘れないために贈る、『惑』
 
「三方ヶ原の戦い」で武田信玄に惨敗した徳川家康が自分に対する戒めで描かせたと伝えられる「しかみ像」。
 

17439bd6

 
そんな逸話にあやかって贈る、『惑』
 

前に進もうとするからこそ惑い、大きく成長しようとするからこそ惑った一年でした。惑いの中で見つけた「空手」と「ブログ」に磨きをかけて、「仕事」の流れも取り戻す。
 
来年は仕事とプライベートの両輪をフル回転して、「不惑の年」へ向けて爆走します!
 

おまけ

ちなみに冒頭でご紹介した清水寺で発表される「今年の漢字」、私の予想は『案』です。
 
安倍内閣が閣議決定した安保法案が10月に成立、5月には大阪都構想案が否決されました。
 
東京オリンピックをめぐっては、新国立競技場やエンブレムのデザイン案が白紙に戻されるなんてこともありました。
 
さてさて、清水寺の住職によって書かれるのはどんな漢字でしょうか!?楽しみですね!
 

この記事のシェアはこちらから!