「教わる立場」から「教える立場」へ。それが成長スピードを速めるコツ。/本日(12/13)の空手道場!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

空手に限らず、何かを習得していく上でその成長スピードを早めるのは「教わる」だけでなく「教えること」を経験することだと思います。
 
私たちが通っている道場にまた新しいメンバーが入られたので、以前からいる子どもたちは必然的に「先輩」になり「教わる立場」から「教える立場」になります。
 
いろいろな「教える」で子どもたちがたくましく成長していくのを感じることができました。
 
Attachment-1
 

12月13日(日)の空手道場!

本日のメンバー

本日は中学生のタナカくん、小学生のリクくんと弟のクウくん、マナベくん、今月から新しく入ったゲンキくんと妹のヒーちゃん、そして私たち親子3人というメンバー。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

「教えてあげられる」ことはいろいろ。その分だけ成長がある。

私たちが通う道場の少年部はみんな空手の経験が長いわけではありません。ですが、中学生から園児まで年齢も幅広いので、一人一人ができることには随分差があります。
 
既存のメンバーが普段なにげなく行っている稽古も新しいメンバーにとっては初めてのことなのでわからないことだらけ。
 
例えば、グローブのつけ方でさえも園児だとわからずに戸惑うこともあります。それをわかりやすく教えてあげることは、やはり先輩としての役目です。
 
例えば、他の人が稽古をしている時にどういう姿勢でいるべきなのか。特に小さい子どもも多いのでついついふざけ合ってしまうこともありますが、それを注意し、正しい姿勢を教えてあげることも大切です。
 
例えば、攻撃の稽古、防御の稽古であれば、具体的にどのようにするのかを教えてあげることは教える側の理解も深まり、空手の技術面でも成長ができて一石二鳥!
 
「なにかを教えてあげよう」という気持ちを持つことが自分自身の成長にもつながっていきますね。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 10:30〜11:30
●準備運動
●基本技の練習
・中段の正拳突き×10本
・上段の正拳突き×10本
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
●基礎トレーニング
・腕立て伏せ×10回
・スクワット×10回
・体幹トレーニング1分
●ミット打ち
●蹴りの捌き
・左右ローキック×5本
・左右ミドルキック×5本
●マススパーリング
●整理体操
 

フルコンタクト空手の稽古でレベルを上げていくことができるのは、対人練習です。対人練習をするためにはメンバー全体のレベルの底上げが必要です。
 
新しいメンバーが入り、以前からいる子どもたちが「教える立場」を経験することが成長につながり、道場全体が活性化していきます。
 
私たちが通っている道場には良い流れがあると思いますので、子どもたちも、私自身もこの流れに乗って成長していきたいと思います!

この記事のシェアはこちらから!