京都市中央卸売市場の「鍋まつり」レポート(2015年)

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

毎年11月の終わりに京都市中央卸売市場で開催されている「鍋まつり」。約20種類もの鍋が200円、300円で食べられるのでいつも楽しみにしています。今年は家族みんなで行って来たのですが、年々来場客が多くなっている印象です。

今回は「京都市中央卸売市場の鍋まつり」をレポートします。来年以降の鍋まつり攻略の参考になれば!

「鍋まつり」の会場は京都市中央卸売市場!

会場の京都市中央卸売市場はJR嵯峨野・山陰線「丹波口」駅の近くですが、我が家はクルマで行きました。

京都市中央卸売市場にも駐車場はあるのですが、今回は「鍋まつり」が始まる前に「梅小路公園」と「京都水族館」にも立ち寄っていたので周辺の駐車場を利用しました。いつも利用するのは「インテリアセンタートナミ」の駐車場。1日1,000円で利用できるので長時間駐車する時には便利です。今日はちょうど9時に到着したので一番乗りでしたが、京都水族館や梅小路公園に遊びに来る人も多く、すぐに満車になります。

梅小路公園、京都水族館で遊んでから、11時過ぎに京都市中央卸売市場へ向かいました。「鍋まつり」の開催時間は11時〜14時なので、ちょっと出遅れ気味ですね。

七条通りから見た京都市中央卸売市場

七条通りから見た京都市中央卸売市場

入り口に設置された大きな看板

入り口に設置された大きな看板

会場は大混雑! 人気の鍋には長蛇の列が!

いや〜まいりました! 毎年多くの人が訪れる人気のイベントなので十分理解しているつもりでしたが、それでも想像以上でした。

11:30ごろには鍋まつりの会場はすでに多くの来場客であふれており、人気の鍋には長蛇の列ができていました。

11:30ごろのようす

11:30ごろのようす

この近くでは「あんこうの吊るし切り」が実演されていて超盛り上がっていました。

かに漁師鍋」をはじめ人気の鍋には多くの人が行列をつくっています。「最後尾」がどこかを探すのも大変なぐらいです。

人気の鍋には長蛇の列で最後尾の看板も出される

人気の鍋には長蛇の列で最後尾の看板も出される

鍋を食べる場所として座ることができる台や立ち食い用の台が用意されていますが、とても来場客全員が利用できるようなスペースではありません。

何も無い場所に座り込んだり、アウトドア用の小さめのテーブルを持参している人もいました。とにかく自分たちのベースとなる場所を決めないといけません。

この時は座れる台のところにお盆一枚分のスペースがあったので、なんとかキープすることができました。

入口付近で配られているパンフレットには販売されている鍋の種類が書かれています。ぜひGETしておきましょう。

鍋まつりのパンフレット

鍋まつりのパンフレット

鍋コーナー

  1. 熊本八代トマトだご汁/200円
  2. 信州きのこつみれ鍋/200円
  3. 鳴門うず潮鍋/200円
  4. 松茸にゅうめん/300円
  5. きのこたっぷりフルーツカレー丼/200円
  6. 京風大根だき/200円
  7. 鱧・松茸鍋/300円
  8. カニ鍋/300円
  9. 舞鶴かき鍋/300円
  10. 鳥なんばうどん/300円
  11. 味噌ちゃんこ鍋/300円
  12. うどん入り海鮮チゲ/300円
  13. 四国の黄金鱧鍋/300円
  14. ふぐ鍋/300円
  15. 棒鱈と海老芋煮/300円
  16. かに漁師鍋/300円
  17. 香住産ふんわりかに雑炊/300円
  18. 京仕立て甘鯛にゅうめん/300円
  19. 鮭かす鍋/300円
  20. あんこう鍋/300円

いろいろな鍋を楽しもう!

20種類もの鍋があるので、目移りしますね〜。わたしとしては全品制覇したいぐらいの気持ちなのですが、あまりにも人が多く座る場所も十分に無いので、早くも子どもたちのご機嫌がよろしくありません。

まずは比較的行列が少なくすぐにGETできそうな鍋を狙うことにしました。

こちらは「香住産ふんわりかに雑炊」です。人気のかに系鍋の中でも行列が少なめ。かにの出汁がしっかりと出ていて美味しいんですよ〜!

香住産ふんわりかに雑炊

香住産ふんわりかに雑炊

こちらは「四国の黄金鱧鍋」。鱧のあっさりとした味に松茸の良い香りがからんで良い感じ。
 

四国の黄金鱧鍋

四国の黄金鱧鍋

弾力性のあるふぐが入った「ふぐ鍋」もGETできました。

ふぐ鍋

ふぐ鍋

味噌ちゃんこ鍋」はボリュームたっぷり! もっとたくさんの種類の鍋を食べるつもりでしたが、ところがどすこい「味噌ちゃんこ鍋」にやられてしまいました。

味噌ちゃんこ鍋

味噌ちゃんこ鍋

魚介の出汁がしっかりと出ている「海鮮チゲ」。うどんが入っているのがうれしいですね!

海鮮チゲ

海鮮チゲ

わずか5種類の鍋で満腹になってしまいました…。子どもたちも満腹になって「早く帰りたい」オーラを完全に解き放っているので、志半ばですが、20種類全品制覇を断念。

水産物・青果物などの物販コーナーもあります!

鮮魚や干物、京野菜、佃煮などの物販コーナーにも人だかりができていて大人気です。お買い得品もたくさんあるので、鍋よりもこちらが目当ての人も多そうです。

物販コーナーのようす

物販コーナーのようす

人気のイベントなのはわかっていたのですが、今回は想像以上でした。来年はしっかりと作戦を立てて、もっとたくさんの種類の鍋を食べてみたいですね〜。

来年のための備忘録

  • 周辺の駐車場もさすがに9:00には余裕で入れた!
  • 開始直後は大混雑! 12:00を過ぎれば人気の「かに漁師鍋」の行列も緩和?
  • まわりの人に迷惑をかけない程度のテーブル&ベンチセットを持参!
  • 飲み物は事前にペットボトルを用意しておく!
  • 子どものグズり対策は必須!

京都市中央卸売市場

住所
〒600-8847 京都市下京区朱雀分木町80番地
オフィシャルサイト
中央卸売市場第一市場

この記事のシェアはこちらから!