空手の稽古は人数が多いと盛り上がる!/本日(10/31)の空手道場! 2015/10/31

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

少年部のメンバー急増中!?

私たちが初めて道場の見学に来た6月は、今思うと少年部のメンバーは数名だったので、見学の時も「体験」をさせてもらえるほどでした。それがここ最近は少年部にどんどんと新しいメンバーが増えて道場に活気があります。
 
本日は、少年部のメンバーがうちの子どもたちと姪っ子のハルカ、リクくん、カイくん、クウくんの3兄弟、マナベくんと中学生のタナカくんと大勢。自分の子どもが稽古をしている私はともかく、サポートのためにアシダさんも来てくださいます。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

子どもたちのミット打ちをサポート!

今日は少年部のメンバーが多かったので、アシダさんと二人で稽古をサポート。カラーミットは両腕に装着して使うんですが、毎回毎回、脳内では『キン肉マン』のキャラクター「ジャンクマン」になり切っています…。
 
子どもたちのミット打ちを受けるのもけっこう好きで、良い音を鳴らすのにもコツがいります。パンチや蹴りがミットに当たる瞬間に軽くプッシュしてあげると「パチーン!」と良い音が響くんです。良い音が鳴ると子どもたちの表情もグッと良くなります。
 

【isami イサミ オフィシャルサイト】カラーキックミット


 

道場に響く、「押忍!」

少年部の人数が多くなったので、基本技の練習も盛り上がる…と言うか、迫力があります。基本技の練習は先生の正面に練習生が並び、先生の掛け声に続いて「押忍!」と声を出しながら稽古をします。今日は8名のメンバーが参加していたので、列も3列でき、道場に「押忍!」という声が響き渡ります。まさしく「空手の稽古」と聞いた時に多くの人が想像するであろうシーンのようです!
 
人数が少ない方が濃密な指導が受けられるというメリットもありますが、やっぱり人数が多いと活気があって良いですね。通っている学校や学年もいろいろなので、子ども同士の交流も幅が広がります。切磋琢磨してがんばってほしいと思います。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 10:30〜11:30
●準備運動
●基本技の練習
・中段の正拳突き×10本
・上段の正拳突き×10本
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
●ミット打ち/シャドー
●マススパーリング
●整理体操

この記事のシェアはこちらから!