空手の帯の色と段位の関係性。えっ!? 流派によって違うの?

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

わたしは子どもといっしょに空手を習っています。習いはじめの頃に子どもが出る試合でついつい気になったのは対戦相手の「帯の色」です。

今回は「空手の帯の色と段位」について紹介します。

実は空手の帯の色って組手の強さとは必ずしも一致するものではないんですよ〜!

対戦相手の帯の色が気になるぞ!?

息子がはじめて空手の試合に出た日のことは今でもはっきりと覚えているんですが、格上相手によくがんばったんですよ、うちの息子!!

わたし自身もまったくの未経験で空手をはじめたので、「空手の強さ・上手さ」の感覚がわからなかったんですね。

わたしは子どもの頃に野球をやっていたので、野球であれば練習内容を見ればなんとなく上手いか下手かはわかります。ですが、自分自身が経験のない空手は息子の稽古のようすを見ていても息子が強いのかどうかがわからなかったんですよ。

新空手の試合のようす(本文とは関係ありません)

息子は空手をはじめてから4ヶ月ほどで試合に出ました。その日うちの息子は2試合に出場したんです。

1試合目の相手は新空手の試合でも優秀な成績を残している子でした。その子を相手に一歩も引かず、結果は引き分け!

2試合目の相手には優位に試合を進めていたものの、試合終了間際になって相手のミドルキックが決まり、ポイントを取られて負けてしまいました。

試合が終わってから何度か動画を見ているうちに、対戦相手の帯の色が気になったんですね。

空手の帯の色が気になった!

ごりら

ん? 1試合目の子は茶色、2試合目の子は黄色の帯やな。

うちの子はまだまだ新しい空手道着に真っ白の帯をしています。まあ、ほら、空手のことは詳しくなくても、初心者は白帯、熟練者は黒帯というのは知っている人も多いんじゃないでしょうか。

息子の白帯に比べて、茶色帯や黄色帯はどれぐらい格上だったのかが気になってしまったんですよね〜。

空手の帯の色と段位

うちの息子がはじめての試合で対戦した相手はいったいどれぐらいの実力の持ち主だったのかを知るために、帯の色について調べてみました。

『ウィキペディア』には空手の帯の色についてこのような記載がされています。

段級位・色帯・称号

帯はまず黒帯、白帯が導入された。黒帯は有段者、白帯は入門者の帯である。黒帯と白帯の中間(1 – 3級)には、多くの流派で茶帯を設けている。

さらに、茶帯の下に、当初子供用に緑・黄・青等の色帯が導入され、今日では一般化している。

出展: 『ウィキペディア

息子がはじめての試合で対戦した相手の帯の色は茶色だったので、なんと黒帯に次ぐ段位ってことですね!

2試合目の相手は黄色帯だったので、この記述によると子ども用に導入された帯の色ということになります。

ええ、この情報だけであればシンプルで良かったんですが、実は『ウィキペディア』にはこの続きがあるんですよ。

段級位や色帯の詳細は流派ごとに異なるが、伝統派空手の場合、段位については全日本空手道連盟が「公認段位」を設けている。

ごりら

えっ!! 流派ごとに異なる…の!?

そうなんですよ。わたしも空手を習いはじめるまではまったく知らなかったんですが、空手ってものすごくたくさんの流派があって、流派ごとにルールが違うんですよね。

伝統派空手の場合は「公認段位」があるようですが、わたしたちが習っている新空手は統一された帯の色があるわけじゃないんです。

なので、「ふむふむ、今回の相手は茶色帯か。油断大敵! 心してかからねばならんな。」とか思っても、その対戦相手が自分の流派と違うとまったく参考にならないということなんです。

ですが、せっかくなのでどんな違いがあるのかチェックしてみましょう!

全日本空手道連盟の公認段位

まずは「公認段位」が設けられている伝統派空手の場合です。

段位 帯の色
入門者
四級以下 緑・黄・青・オレンジ 等
三級 茶・緑 等
二級 茶・紫・灰 等
一級
初段

ええ、「公認段位」の割には「緑・黄・青・オレンジ 」ってなんや? という疑問がフツフツとわき上がって来ますが、まあ、ここはグッとこらえましょう…。

極真会館

続いて極真会館の場合はどうでしょうか。

公式サイトの「よくあるご質問」の中に「黒帯になるには、どのくらいかかりますか?」という項目があって、ここに帯の色と段位について記載されていました。

段位 帯の色
入門者
10級・9級 オレンジ
8級・7級
6級・5級
4級・3級
2級・1級
初段

極真会館は1級〜10級までは2つの級ごとに帯の色が設定されているんですね。「今日の対戦相手の帯の色は同じ緑色か…」と思っていても、4級と3級の差がある可能性もあるってことですよね〜。

帯の色は目安。帯の色では対戦相手の実力はわからない!

空手に限ったことではありませんが、勝負ごとではよく「相手を見かけで判断するな! 」って言われますよね。

空手の帯の色ってほんとうにその典型だな〜と思います。流派によって帯の色の決め方が違うわけですし。

それに加えて新空手の場合は帯の色が上の段位であっても、組手の強さとはまた別なんですよね。

つまり「技の出し方が美しい=強い」…ってわけではないってことなんですよ。

帯の色=強さではない!?

なので、試合の対戦相手の帯の色が自分よりも上っぽいとしても、帯の色は気にせず、ふだんの稽古でやっていることを信じて試合に望めば良いんです。

この記事のまとめ

今回は「空手の帯の色と段位」について紹介しました。

空手の帯の色は空手道場が開催する審査によって決められます。自分の帯の色が変わるというのはモチベーションにつながります。大人も、子どもも!

なので、ほかの人と比較するためではなくて、自分自身の成長を確認する目的として考えると空手の帯の色っていうのはおもしろいシステムですね。

ごりらの「ごり押し」!

空手の帯の色が変わるたびに帯を買い替えないといけないんですよね。ま、まあ、うれしいから良いんですが。

ごりら

品質重視なら「ISAMI」、値段重視なら「BODYMAKER」かな〜!

あなたの役に立つ!? 関連リンク

帯の色と段位は流派によって違いましたが、実は「伝統派空手」と「新空手」の違いってほかにもいろいろあるんですよね〜。

この記事のシェアはこちらから!