何を目標として空手を続けるのか。/本日(10/21)の空手道場! 2015/10/21

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

空手の初試合を終えてから、初めての稽古。

今日は平日ですが、息子と一緒に空手の稽古へ行きました。日曜日に初試合を終えてから、今日が初めての稽古です。自分よりも実績や経験が上の相手とは言え、1敗1引き分けという結果で終わりましたので、本人の空手に対する気持ちの変化が気になっていました。
 
道場に入ると、日曜日の試合の結果が、その時に撮ってもらった写真と先生の熱いメッセージと一緒に貼り出されていました。先に練習を終えていたマナベくんにも、先生が日曜日の試合のことを改めて話してくださり、息子がよくがんばったと褒めていただきました。
 
今日の稽古には、姪っ子のハルカ、3兄弟の長男で空手のセンスがありそうなリクくん、アシダさんの奥さんと中学生の娘のサチヨちゃんが参加!良い感じの盛り上がり感です。
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日のグローブ

土曜日の稽古以来の着用です。実際にはそんなに間が空いたわけではないのに、なぜか久しぶりな感じ。新しく入ったリクくんは早速グローブを購入していました。THAISAMAI(タイサマイ)の少年用で、カラーはブラック!先を越されてしまいました…。
 

【isami イサミ オフィシャルサイト】スパーリンググローブ(ソフトタイプ) 14オンス


 
※グローブは道場でお借りしています。
 

意外と冷静な息子の判断。

稽古の終わりに、先生が空手に対する考え方を話てくださいました。

空手の試合に出て勝つことがすべてではなく、それだけを目指してほしいとは思わない。稽古で空手の技を磨き、空手を通して身体や精神を鍛えてほしい。生活の一部として空手を継続することで、学校や社会で弱者に対する優しさを持てる人になってほしい。

 
先生がこういう話をされたのには伏線があり、今日の稽古の前に、息子の次の試合をどうするかという話がありました。11月の初旬に大会があり、それに出場しないかという先生からの打診。息子は試合に出たい気持ちとそうじゃない気持ちが半分半分だ、と言います。初試合が強豪を相手に大健闘したこともあり、私や先生は早く勝たせてあげたいという気持ちが強かったので、正直、息子の反応には少し驚きました。稽古の終わりに話していただいた内容は、そういった息子の反応に対する先生からのメッセージだったと思います。
 
道場からの帰り道、ゆっくりと歩きながら、息子の考えを聞きました。
 

空手の試合に出たいと思うのは、どういう戦い方をすれば試合に勝てるのかをちゃんと考えてやってみたい。試合に出たいと思わないのは、もっとしっかりと練習をしたいから。この間の試合ではミドルキックを出そうと思っても出せなかったし、逆に相手のミドルキックをしっかりと防げない。だから、試合じゃなくて、稽古で技を覚えたい。

 
どうやら、冷静に自分の実力を判断し、しっかりと考えているのは息子のようです。私と先生は早く勝たせてあげたい、勝ってほしいという気持ちが強く、変に焦っていたのかも知れません。確かに初試合では善戦をしましたが、ミドルキックやハイキックでポイントを取ること、そして逆にポイントを取られないように防ぐこと、ここのレベルを上げないと善戦はしても勝てない。息子の方が冷静でした。
 
ここで変に浮足立たず、もう一度しっかりと鍛え直して次の試合に臨みたいと思います!
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 18:30〜19:30
⚫︎準備運動
⚫︎基本技の練習
・ジャブ、ストレート、左右フック、左右アッパー×各10本
・左右前蹴り×各10本
⚫︎基礎トレーニング
・腕立て伏せ×10回
・スクワット×10回
⚫︎シャドー/ミット打ち
・2分間×6セット
※一人1回ずつ先生にミットを受けていただきました。
※インターバルには腕立て伏せ×10回と股割りストレッチを実施します。
⚫︎マススパーリング
・2分間×2セット
⚫︎整理体操

この記事のシェアはこちらから!