2016年・京都市中央卸売市場「鍋まつり」開催決定! 旬の食材を使った20種類以上の鍋が大集合!!

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

京都は紅葉がきれいなスポットがたくさんあるので、秋は京都に住んでいるのが誇らしくなる季節です。実はそんな秋の京都で毎年開催されているグルメなイベントがあるんですよ!

今回は「京都市中央卸売市場の鍋まつり」を紹介します。わたしは毎年行ってるんですが、大好きなイベントなんです!

2016年・京都中央卸売市場「鍋まつり」の開催日程

今年もやって来ましたよ、京都市中央卸売市場の「鍋まつり」の季節が!

この鍋まつりは京都市中央卸売市場の新鮮な水産物や青果物、加工食品のPR、食育の推進を目的として毎年開催されているんですね。2016年の開催日程が発表されました!

鍋まつりの看板

鍋まつりの看板

 


平成28年度(2016年)京都市中央市場「鍋まつり」

日時
2016年11月23日(水・祝)11:00〜14:00
場所
京都市中央卸売市場第一市場 水産卸売場
住所
〒600-8847
内容
・鍋ブース: 市場の食材を使った約20種類の鍋料理の販売
・販売ブース: 市場の水産物、青果物、加工食品、食器等の販売
・イベントブース: あんこうの吊るし切りの実演、まぐろの解体実演
・展示等PRブース: 京の食文化ミュージアム・あじわい館のPR等
その他
※ 市場の中のイベントなので雨天決行です。
※ 10:50〜開会式があります。
※ 市場の駐車場、周辺の駐車場もすぐに満車になる可能性が高いです。

2015年に開催された京都中央卸売市場の「鍋まつり」のレポートはこちらの記事で紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

京都市中央卸売市場「鍋まつり」のおすすめポイント

わたしは京都市中央卸売市場で開催される「鍋まつり」には毎年のように子どもといっしょに出かけているんですが、これがなかなかおすすめのイベントなんですよ!

わたしがこの鍋まつりをおすすめするポイントです。

旬の食材を使った鍋が美味しい!
毎年大行列ができる「かに漁師鍋」や広島名物の「かき汁鍋」をはじめ、旬の食材を使った鍋が最高に美味しいんです!
鍋の価格が安い!
鍋まつりで提供されている鍋の料金は200円か300円です。ついついいろいろな種類の鍋に手を出せてしまうぐらい、安くてお得! ふつうはこんな値段では食べられません!
子どもにとっても勉強になる!
京都市中央卸売市場は「卸売市場」なのでふだんは一般の人は入れないんですね。市場のようすを見ることができる良い機会です。でも「あんこうの吊るし切り」はちょっと怖いかも知れませんね〜。

京都市中央卸売市場の「鍋まつり」で提供される鍋

京都市中央卸売市場の「鍋まつり」では20種類以上の鍋が用意されているんですが、どの鍋も旬の食材が使われていて美味しいんですよ!

鍋まつりが開催される京都市中央卸売市場

鍋まつりが開催される京都市中央卸売市場

わたしが食べたことのある鍋をいくつか紹介しますね。

こちらは「かに鍋」です。かにが入っている鍋はいくつかあるんですが、どの鍋も人気があって行列ができています。

インパクトはこの「かに鍋」が最高ですね! どうですか? ものすごく強烈でしょ!?

かに鍋

かに鍋

かに雑炊」も人気がありますよ〜。かにの身がたくさん入っているんです。

かに雑炊

かに雑炊

石狩鍋」には大きな鮭の身とかいろいろな具材がゴロゴロ入っていて食べ応え十分のボリュームです。

石狩鍋

石狩鍋

鍋まつりの会場の入り口付近ではパンフレットが配られているんですね。そのパンフレットに出店している鍋の一覧と販売されている場所が書かれているので、気になる鍋は早めにGETしてしまいましょう。

鍋まつりで気をつけたいポイント

たくさんの鍋をお得に食べることができる京都市中央卸売市場の鍋まつりですが、良いことばかりではありません。

鍋まつりで気をつけてほしいポイントをまとめてみました。このあたりのポイントをおさえて鍋まつりを楽しみましょう!

人気の鍋は売り切れるのが早い!
ちょうどお昼前に始まるこのイベント。人気の鍋には最初から長蛇の列ができてすぐに売り切れてしまいます。お好みの鍋を食べたいなら、会場へは早めに到着しましょう!
人気があり過ぎて会場は大混雑!
・ 年々、会場へ足を運ぶ人が増えている気がします。鍋まつりの会場はたくさんの人でごった返します。子どもといっしょに行く場合は小さいお子さんからは絶対に目を離さないようにしましょう!
・ 京都市中央卸売市場の駐車場はもちろん梅小路公園の駐車場もすぐに満車になります。とは言うものの、この時期の京都は観光シーズン真っ只中です。公共の交通機関も満員状態なので、よゆうを持って行動しましょう!
風邪に注意!
11月も終わりに近づくこの時期はインフルエンザや風邪にも注意が必要です。食事の前や会場を出てから手洗いうがいをしっかりしましょう!

京都市中央卸売市場「鍋まつり」当日のおすすめコース

わたしは京都市中央卸売市場の鍋まつりの当日は早めに出かけるようにしています。鍋まつりは11:00開催なんですが、京都市中央卸売市場の近くには「梅小路公園」や「京都水族館」・「京都鉄道博物館」がありますからね。

特に子どもといっしょに出かけたのなら、ぜひ合わせて遊びに行きたいスポットですよね。

鍋まつり当日のおすすめ駐車場

朝早くから出かけて鍋まつりや周辺のスポットを楽しむ場合、長時間になってしまうので駐車場の料金も気になりますよね。わたしがおすすめなのは時間での料金設定のある駐車場ではなく、「1日いくら」という料金設定をしている駐車場です。

わたしがよく利用するのは七条通りに面しているトナミ家具の50mほど西側にある駐車場です。この駐車場の料金は1日1,000円なんですね。

この駐車場から京都中央市場へ直接行くと徒歩10分ほどの距離になりますが、梅小路公園エリアでも遊ぶならちょうど良い場所です。

鍋まつり当日のおすすめタイムスケジュール

時間 場所
9:00 駐車場着
9:15〜10:15 梅小路公園
10:15〜10:30 京都市中央卸売市場へ移動
10:30〜11:00 京都市中央卸売市場「鍋まつり」オープニング
11:00〜12:30 京都市中央卸売市場「鍋まつり」
13:00〜 京都水族館 or 京都鉄道博物館

京都市中央卸売市場周辺のおすすめスポット

梅小路公園」の広い芝生の上で思いっきり遊ぶのも良いですし、「すざくゆめ広場」には小さな子どもが大喜びの遊具がたくさんあります。

京都水族館」は所要時間1時間半ほどのそれほど大きな水族館ではありません。ですが、展示の仕方が工夫されていたり、さまざまなイベントを実施しているので、一度行ったことがある方にもおすすめです。

また、2016年に誕生したオットセイの赤ちゃんも公開されていますよ〜。

2016年4月にオープンしたばかりの「京都鉄道博物館」も見ごたえのあるおすすめスポットで、京都市中央卸売市場にも近い場所にあります。

この記事のまとめ

京都市中央卸売市場の鍋まつりは2016年で12回目の開催になるんですね。我が家では息子が小さいころから毎年行っているんですが、どんどん人が多くなっているのを実感しています。

鍋まつりの認知度が高くなったのと、やっぱり毎年出かけている人が増えているんでしょうね〜。めちゃくちゃ良いイベントなんですもん!

正直、人が多すぎるのは抵抗がありますが、一度にいろいろな鍋を食べることができるイベントなので、ぜひ遊びに行ってみてください。

あなたの役に立つ!? 関連リンク

2015年の京都市中央卸売市場の「鍋まつり」のレポートです。2015年に提供された鍋の一覧や会場の混雑具合も紹介しているので参考になると思います。

この記事のシェアはこちらから!