技術を磨くだけでなく、基礎体力の強化にも取り組もう!/本日(10/07)の空手道場! 2015/10/08

こんにちは! ごりら(@goriluckey)です。

漢だらけの空手の稽古!笑

今日は“ノー残業デー”なので定時ダッシュで空手の稽古です!息子と娘は18:30〜の稽古に参加しておりましたので、入れ替わりで20:00〜の一般部の稽古へ参加して来ました。先生とマンツーマンでのスタートでしたが、キモトさん、カワカミさんが来られて、最終的には4人での稽古でした。意外と男性だけの稽古は久しぶりな感じです。キモトさんもカワカミさんも私よりも年齢は上ですが身長も高く身体もガッツリしているので2人が揃うとかなり威圧感があります…!
 
※登場人物は仮名です。それとちょこっとデフォルメしております。
 

本日の稽古メニュー

◎時間: 20:00〜21:00
⚫︎準備運動
⚫︎基礎トレーニング
・腕立て伏せ×20回
・屈み(かがみ)跳躍×20回
・腹筋×20回
⚫︎シャドー
・2分間×6セット
※インターバルは腕立て伏せ10回と股割りストレッチを各自で実施します。
⚫︎マススパーリング×2ラウンド
⚫︎ミットの基本技セット
・ワンツー×10本
・ジャブ・ストレート・フック×10本
・右ミドル×10本
・左ミドル×10本
⚫︎ダンベル腕立て伏せ×20本
⚫︎中段の正拳突き×30本
⚫︎上段の正拳突き×30本
⚫︎整理体操
 

本日のグローブ

はい、本日もTHAISAMAI(タイサマイ)です。いつもありがとうございます!笑
 
THAISAMAI(タイサマイ)/14オンス
 
※グローブは道場でお借りしています。
 

技は力の中にあり。

今日は稽古の中で「圧倒的な体力差の前には技術だけではカバーし切れない。」という話題になりました。いくら技術だけを磨いてもあまりにも体格や体力差があり過ぎるとどうしようもないということですが、稽古の“文脈”としては「だからこそ、筋トレや体力強化のトレーニングはしっかりとやりましょう!」という意味合いでした。
 
屈み跳躍や床に置かれたダンベルを握っての腕立て伏せは、見た目は普段やっているスクワットや腕立て伏せとそんなに変わらないのに身体にかかる負担が全然違いますね。ビックリしました!
 
キモトさんが『空手バカ一代』にも出てくるセリフで「技は力の中にあり。」というのがありますよ〜と紹介してくださいました。この言葉も基礎体力を強化する重要性を示していますね。『空手バカ一代』もぜひ読んでみたい漫画です。
 

安全なマススパーリング。

“マススパーリング”って本当は打撃を当てたらダメになんですね。これまでは、けっこう打撃が当たってしまっていました…。
 
「スパーリング」(『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2015年10月7日(水))

全力を出さず、軽く行うスパーリングもあり、打撃系であれば打撃を当てないスパーリングをマススパーリング、軽く当てるものをライトスパーリングなどと呼称する。打撃系の競技は日ごろはこのマススパーリングやライトスパーリングを行っている。

 
どちらかと言うと私たちが稽古でやっているのは「ライトスパーリング」になるんですね。直接打撃が当たり過ぎると大ケガにつながるので、力の加減をして稽古をしましょう、ということでした。今日の稽古ではこのあたりを気を付けて取り組みました。安全なのが一番ですからね!

この記事のシェアはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA